So-net無料ブログ作成
レポート ブログトップ
前の3件 | -

ジェフは寄せが弱く、ワンツーで崩されるシーンが目立ちました<2019年J2第19節柏戦@三協F柏> [レポート]

ジェフ0-2柏


どうも、わたしです。



ゲーム内容は完敗で、いろいろな面で劣勢に立たされましたが、

柏の寄せが早く、ジェフの寄せが弱かったことが大きいと思いました。



ジェフの寄せが弱く、ボールをいいところに出されては、

ワンツーで抜け出されるシーンが多かったように感じました。


ゲームを簡単に振り返ります。

ゲームは両軍とも球際激しく当たり、ジェフは前からプレスも強い形で始まった。しかし、ジェフの寄せが弱く、どんどん裏へのボールを入れられてしまうと、ジェフは下がりながらの対応を強いられ、劣勢に立たされた。25分にスローインを奪われると、江坂、瀬川とつながれ、ファーサイドでフリーにしたクリスティアーノに決められ失点してしまう。ジェフはボールをもって攻めるものの起点を作ることができず、奪われてはカウンターを受け劣勢にたたされると、39分にはサイドをワンツーで破られると、クロスに瀬川が飛び込み決めて0-2とし、前半を0-2で終えます。後半に入りジェフは2失点後から採用した4バックにし、変更をはかるが、なかなか起点を作れず、やはりカウンターからピンチを迎える展開となった。70分くらいからはジェフがややサイドから攻めシュートまで持ち込むシーンも作ったが、柏の寄せやマークを外すことができず、決定的なシーンは作れなかった。逆に終盤は球際で柏の出足に負けてしまい、やや劣勢な形でゲームが進み、完敗で0-2で敗戦したゲームでした。



思うところを書いていきます。




①ジェフは寄せが弱く、ワンツーで崩されるシーンが目立ちました



ゲームを通じて、柏の寄せが強くジェフは起点を作れなかったのに対し、

ジェフは寄せが弱く、ボールを自由に出させてしまったように感じました。



しっかりと寄せられていないので、相手は良いところにボールを入れることができ、

ジェフはどんどん守備が下げられ、劣勢になってしまったように思います。



特にサイドでは、寄せられず自由に縦に入れられたところ、

さらに出し手が、パスアンドランで走っており、ワンツーで抜け出されるシーンが目立ったように思いました。



ワンツーの真ん中の受け手のところでつぶせないということもありますが、

基本的には1人目の最初のところで寄せられていないことが問題かなと思います。



柏はジェフが寄せてこないのをいいことに、

ワンツーなどでどんどんスペースへ走り込み、ペースを作ったように思いました。



相手の起点を作らせないために、しっかり寄せるというのは、

必要なことと思います。


柏はドリブルでの突破もあるので、距離をとったようにも思いますが、

後手に回ってしまったのは残念な結果です。



しっかりと寄せて、まずは相手の自由を奪う戦いを、

してほしいと思います。





がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

どうしてもギリギリのスタミナ勝負になってしまいます<2019年J2第18節鹿児島戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ2-1鹿児島



どうも、わたしです。


ジェフは鹿児島に先制逃げ切りし、

2-1での勝利となりました。


しかし、ボールを持った時間は長かったものの、ゲーム終盤はスタミナを使い果たし、

ギリギリの勝負になってしまったのは、反省の残る面かなと思います




ゲームを簡単に振り返ります。

ゲームは、序盤から両軍とも前に出てきて、両軍とも高い陣形の裏を取る形を取り合う、入れ替えの激しい内容となった。30分くらいまではややジェフがボールを持ちつつも、鹿児島のコンパクトな守備に苦しみ、奪われてはカウンターを裏につながれる展開に苦しんだが、徐々にジェフが前を向ける展開になった。前半終盤は、ジェフがペースを握り、相手のパスを前向きにカットし、為田・船山の左サイドでチャンスを作る形を作りつつ、0-0で前半を終えます。後半に入っても、ジェフペースを続け、パスをつないでサイドで起点を作る形を作ると、52分にカウンターから、茶島がサイドを抜け出すと、クロスをクレーべがヘッドで決めて先制に成功した。さらに57分、サイドを堀米が突破し、クロスを船山が決めて、2-0とした。2得点後はややペースを落とすと、鹿児島ペースになると、64分にサイドの裏を取られ、砂森のクロスを牛之濱に決められ2-1-とした。その後はジェフはやや守備的な交代でメンバーをそろえると、相手の速攻や裏への抜けだしをさせない形で守りきり、2-1で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。


①どうしてもギリギリのスタミナ勝負になってしまいます


ジェフはゲーム序盤は互角の攻撃の掛け合いだったものの、

30分くらいからペースを握り、後半には先制に至りました。



ただ、その過程は、ハイプレスやカバーでの走りなどで、

非常にスタミナを使う形であったと思います。



攻撃面では、右サイド左サイド・中央とバランスよく攻め、

相手にとっては脅威もあったと思いますが、効率の悪いものであったともいえます


やはり決定的な形を事前に作って、

効率よく点を取る方法を作らないといけないでしょう。


効率よく点をとれれば、スタミナを残すこともでき、

守備に集中したり、ケガも減らすこともできます。



先行逃げ切りして面では、いい経験をしたゲームですが、

こういった展開は、反省点ともいえるかもしれません。



点の取り方、ゲームの逃げ切り方、

効率のいい形にし、安定ができるチーム作りをしていってほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

相手の寄せをはがせる形が欲しい<2019年J2第17節栃木戦@栃木グ> [レポート]

ジェフ0-0栃木




どうも、わたしです。



今節は、栃木の5バックに起点を作ることができず、逆にカウンターを浴びる展開も多かったですが、

0-0のドローとなりました。



早く寄せられることで、ボールホルダーもボールの入れどころにも自由がなく、

苦しい展開であったように思います。



流れを簡単に振り返ります。

ゲームは栃木が積極的に前から入り、ジェフは下がらせられる展開で始まったが、徐々にジェフがボールを落ち着け、ジェフがボールを持つ展開となった。ジェフがボールを持つと、栃木は引いて5バックを作る形を作り、ジェフはボールを動かすが、縦に入らず起点を作れない。逆にジェフはボールを失うとカウンターを受けサイドの裏に入れられてピンチを迎えるシーンも多かった。ジェフは崩せず、カウンターでピンチを迎える展開となり、やや栃木ペースで0-0で前半を終えます。後半に入ると序盤はやや押し込まれるも、徐々にジェフがボールをもち、5バックを崩しにかかる展開が続いた。徐々にオープンな展開になり、ジェフは中盤のマークが外れつつあったが、栃木はボールホルダーへの寄せをサボらず、なかなか起点が作れない。最後まで両軍とも守備の部分で穴をあけず、0-0で終了したゲームでした


思うところを書いていきます。



①相手の寄せをはがせる形が欲しい


今節はジェフがボールを回す時間が長く、

栃木が5バックに引いて守る展開が長かったです。



ただ、ジェフはボールホルダーにもボールの入れどころにも強く寄せられてしまい、

栃木に前向きに奪われてはカウンターを浴び、不安定な形であったと思います。



ボールホルダーに寄せられてしまえば、パスのコースはかなり限定されてしまいますし、

後ろを向かされてしまう時間も多くなってしまいます。



またボールの入りどころで寄せられてしまうと、そこで前を向けないとともに、

相手に前向きに奪われれば一気にカウンターの起点にされてしまいます。



ジェフとしては、それぞれで相手の寄せをきっちり外せる形が欲しいと、

思います。



基本てきには、しっかりとパス交換することで、相手のマークを外していく事と思いますが、

ジェフは、パスのスピードもそれほど速くなく、相手がついてこれてしまっていますね。



またボールの入りどころの局面では、数的優位を作り、

こちらでもパスを交換することで、相手のマークをはがしたいところです。



いまはどちらも、個の力に頼る部分が大きく、

自由の無さが目立ってしまうように思います。



守備のリスクを減らしつつではありますが、

攻撃面でも、相手のマークをはがす方法を身につけていってほしいですね。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - レポート ブログトップ