So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
レポート ブログトップ
前の3件 | -

攻守のメリハリを身につけたい<2018年J2第28節町田戦@野津田> [レポート]

どうも、わたしです。



ジェフはPK3発で同点としたものの、

内容としては先に3失点し、厳しい内容であったと思います。



人数をかけられると失点し、人数をかければ得点しているだけに、

メリハリをつけていきたい一戦と思います。


内容を簡単に振り返ります。

序盤から町田らしくコンパクトに布陣する町田に、ジェフはボールをつなごうとするが、なかなかつなげず、窮屈な展開が続く。ともにペースをつかめないでいたが、25分、FKを与えると、オウンゴールで失点してしまう。ジェフは相手の寄せに苦しみボールは回らずも、裏への飛び出しでチャンスを作っていたが、44分に町田にサイドから崩され、平戸に決められさらに失点、0-2で前半を終えます。後半に入ると、ジェフはSBを上げ、さらに攻撃的になりサイドからチャンスを作る形も増えるが、
町田はペースを変えず、コンパクトを維持。64分に右サイドを崩され、クロスから平戸にさらに決められ、0-3となった。ジェフは組み立てはあいまいになりながらも、前への圧力を高めると、76分にハンドからPK奪取、指宿が決めて1点。79分に裏に抜けた指宿が倒されさらにPK奪取、船山が決め2点目、83分にもハンドでPK奪取し、船山が決めて3点目、PK3点で同点とした。最後まで前に出続け、3-3で引き分けたゲームでした。


思うところを書いていきます。


①攻守のメリハリを身につけたい



今節もジェフは、狙いはわからなくはなく、

複雑なゲームです。



前半はジェフは町田が狙ってくるSBの裏を警戒してか、

SBがあまり上がらなかったと思います。



その分、ウイングが裏に抜ける形や、インテリオールがサイドに流れて作る形ができていましたが、

決定的なシーンが作れず、



逆にサイドを崩され、2失点となって、

しまいました。



後半はSBをあげて捨て身に出ましたが、さらにサイドを崩され失点し、

戦術としては、裏目に出ていたように感じます。



一方で、前に圧力をかけて前に出た終盤はPk奪取となり、

相手のコンパクトを破る内容になりました。



ジェフはタイミングで人数をかければいい流れが作れるものの

全体の流れではうまくいかない面もあり、



その、人数をかける時間を、

相手に合わせて、的確に作っていけないものかと思います。



ジェフは攻撃面では大きく開いて、局面では孤立してしまう形になっていますが、

人数をかけるサイド、大きく開く逆サイドなど、人数の掛け方も作れるようにも思います。



流れの中で、攻守にメリハリをつけた展開を身に着け、

相手を局面で上回っていければ、いいサッカーができるのではないかと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

サイドを使わせてもらえなかった<2018年J2第27節松本戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ2-3松本


どうも、わたしです。



松本はジェフが嫌がるプレーを多くしてきたと思いますが、

ジェフのサイドバックにしっかりとプレーしてきたように思います。



ジェフとしては、サイドをうまく使うことができず、

ペースを握り切れなかったように感じます。


流れを簡単に振り返ります。

序盤からテンポの速い好ゲームになり、ジェフがつなぎ、松本はやや引いて早い寄せでカウンターを狙う展開に。松本の早い寄せにジェフは苦しむも、早いテンポでボールを回し奪われてもプレスで相手にプレッシャーをかけると、徐々にジェフぺースとなった。押し込んだ展開が続くと、41分ミゾのクロスを松本がハンドしPK獲得、船山が決めて先制に成功。ジェフは先制し落ち着いてボールを回すが、45分裏へのボールを前田大然に抜けられて、ゴールを許し、同点にされ、前半を1-1で終えます。後半に入ると松本はプレッシャーを強め、ジェフはペースをつかめず、後手に。52分にサイドからサイドに振られ、岩上に決められ失点、61分にも、裏を取られ、マイナスのクロスを入れられると、岩間がゴールを決め1-3とされた。松本がやや引き、ジェフは攻勢を強めるが、なかなか崩せず、90分に為田のクロスを指宿が決めて2-3とするが、そのまま終了し2-3で敗戦したゲームでした



思うところを書いていきます。

①サイドを使わせてもらえなかった



ジェフはサイドからサイドにボールを振っていくスタイルですが、

ジェフはなかなかサイドから攻められなかったように思います。



松本は5バックでサイドをつぶしていた面もありますが、

それだけでなく、



松本は2シャドーがそれぞれ、サイドへのプレスが強く、

松本のシャドーとWBの2人でジェフのSBを囲むシーンが多かったように感じました。



ジェフはサイドから形を作れず、

攻撃にもたつきを作ったように感じます。



また松本は、攻撃ではジェフのSBの裏のスペースに徹底いてボールを入れ、

そこに起点を作ってきました。



失点パターンにも絡み、

相手にうまくやられてしまったように感じます。



松本はジェフの嫌がるプレーをやってきたと思いますが、

ジェフは良さを消されてしまったように思います。



ジェフとしては、テンポをあげたり、工夫も必要だと思いますし、

相手が寄せても外せるくらいの強さも必要でしょう。



相手が消しに来てもびくともしないくらいの強みを、

サイドに作れるようにしたいですね。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

自分たちの流れに持ち込みたい<2018年J2第26節新潟戦@デンカS> [レポート]

ジェフ2-1新潟


どうも、わたしです。



ジェフはサイドの裏から攻め、序盤に得点も取りますが、

徐々にペースを失い、辛くも勝利したものの、盛り返すことができないゲームでした。



自分たちの流れを取りもどせるような、

そんなゲームの作り方も必要ではないかと思います。




ゲームを簡単に振り返ります。

ゲーム開始から両軍ともラインを高くコンパクトに構え、サイドの裏を狙い、序盤から決定機を作りあった。ジェフは7分にサイドで為田が抜け出すと、クロスに船山が合わせて、先制に成功。しかしすぐの9分、新潟にサイドで田中達也に抜け出されると、クロスを矢野が決めて同点とされた。ジェフは相手のコンパクトな守備に苦しみ、パスを入れられずカットされてはスペースに出されると、徐々に間延びし、新潟ペースに。前半の終盤は新潟に決定機を複数作られるが、ロドリゲスのセーブなどで何とか防ぎ、1-1で前半を終えます。後半に入り、ジェフは再びサイドの裏に起点を作ろうとするが新潟の守備を間延びさせることができず、逆に相手のコンパクトに間延びしたり、守備が退かされてしまい、徐々にペースを失った。 攻め手をなくし、守備で後手にまわり、後ろ向きに走りスタミナを失っていくと、徐々に足が止まり、劣勢が続いた。しかし、相手の決定機を何とか止めていると、84分に中盤でパスカットした為田がドリブルで独走、そのままシュートを決めて、リードを奪った。その後新潟の猛攻を受け、ディフェンスの選手も多数足を攣ったが、防ぎ切り、2-1で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。


①自分たちの流れに持ち込みたい



ジェフは、新潟の高く上がったサイドバックの裏に起点を作る形と狙い、

序盤は決定機を作り、得点を奪いました



しかし、新潟にとってもジェフのサイドバックの裏のスペースは狙いどころで、

逆に新潟のペースに持ち込まれてしまったように思います



新潟のスペースへのボールで徐々に間延びしてしまうと、

守備面で後手に回り、どんどん下がって、さらにペースを失っていったように思います。



ジェフは攻撃面では、相手のコンパクトな布陣に対し、

パスの入れどころがなく、パスをカットされては、スペースに入れられ、上に書いたように守備面で間延びしていったように思います。



そんな悪い流れに対し、ジェフとしては①攻撃で起点を作る、②新潟の陣を間延びさせる、

そんな改善策はあったと思われ、矢田の投入やラリベイの投入で改善を図ったと思われます。



前線でラリベイを起点にするべく、長いボールを入れたり、

相手ライン間で矢田に起点になってもらうべく布陣させましたが、なかなかうまくいかなかったですね。



後半は、船山を相手のライン裏に走らせる攻撃もあり、

相手を間延びさせようともしたように見えましたが、これもあまり効果がなかったと思います。



ジェフとしては、ピンポイントの交代や、誰かを裏に走らせるだけというだけでなく、

チームとしての改善が必要かもしれません。



ラリベイや矢田を投入し、起点を作ろうとすれば、

その周辺にコンパクトに入れるようにし、全体で押し上げて起点にすることもできますし、



船山がライン裏に走れば、相手に奪われても敵陣深くに押し上げた形なので、

チームとして押し上げて、相手が押し返せないよう押し込むこともできるはずです



しかし、見た感じですと、対策は単発で、

なかなか効果が出なかったように思いました。



どんなゲームでも、最初から最後まで自分たちのペースで進められるものでなく、

時には、今節のように苦しいゲームもあります。



交代策を単発で入れるだけでなく、

チームとして、流れを取り返し、流れに持ち込めるような、そんな連携も、鍛えていってほいいと思います。





がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - レポート ブログトップ