So-net無料ブログ作成
レポート(2018) ブログトップ
前の3件 | -

栃木のカウンターの形を学びたい<2018年J2第42節栃木戦@フクアリ> [レポート(2018)]

ジェフ0-0栃木


どうも、わたしです。


ジェフは、なかなか相手のブロックを崩すことができず、

得点を挙げることができませんでした。


今節は、ジェフは遅い攻めに徹していましたが、

栃木のようなカウンターの形を作りたいと感じました。



流れを簡単に振り返ります。

ゲームはジェフはボールを回し、栃木はロングボール主体の、それぞれの形で始まった。ジェフがボールをもってパスを回し、栃木はコンパクトな守備でボールを入れさせない形が続き、ジェフは栃木の早い寄せと、コンパクトな陣形に苦しみ、起点が作れない。徐々に攻め手を失うと、奪われてカウンターを受けピンチを迎えるシーンもあり、やや栃木ペースで前半が進み、0-0で終えます。後半に入り、ダブルボランチにシステム変更を行うが、なかなか起点ができず、52分にはカウンターからPKを献上も、優也がPKストップを見せ、なんとか失点を免れた。その後もカウンターからピンチもあったが、優也がセーブし、失点は免れ、0-0で終えたゲームでした。


思うところを書いていきます。


①栃木のカウンターの形を学びたい



ジェフはこのところ、やや守備位置を低くし、

奪ってカウンターをいう攻撃が多かったと思います。



一方で今節は、相手がカウンター型ということもあり、

ジェフがカウンターをかけるシーンというのは少なかったですね。



守備をしっかり固めた相手を、パスで崩そうとしましたが、

なかなか崩せず、苦戦をしたように思います。



ジェフの攻撃の形としては、やはり固めた相手を崩すだけでなく、

「速攻」というものが必要に思います。


そうすれば、相手が守備を固める前に攻められ、

下がりながら対応する相手は余裕がないように思います。


ただ、少ない人数で、効率よく攻める形を、

作らないいといけないでしょう。



そういった形が、今節の栃木はよくできていたように思い、

その形をジェフでもできたらいいななんて思いました



栃木は、ワントップの大黒にあてて、カウンターの起点にしていましたが、

そのわきにシャドーの選手が走りこみ、抜けていくことで、ジェフの最終ラインを抜けていく形を作っていました。


ジェフも、前節までのカウンターを狙う形では、起点となる船山の周囲にインテリオールが攻め上がるシーンがあり、

そこが絡んでゴールに向かっていましたが、やや距離感もあり、すぐ相手の最終ライン裏に抜けられるほどは上がれていなかったように思います。



今節も、やや起点の船山が孤立してしまったように思い、

なかなか起点が作れませんでした。



ワントップにボールを入れて、どこにボールを落とすのか明確になるように、

フォローの選手が走りこむことで、攻撃の精度はかなり上がるように思います。


攻撃のスイッチが入ったら、一気に攻め上がり、速攻で崩していけるような、

そんなオプションも、来期は精度を高めていってほしいなと思います。


そうすると、パスで崩せず苦戦するゲームも、

とれるようになるのではと思います。





がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

堅守速攻という新たなプラン<2018年J2第40節徳嶋戦@フクアリ> [レポート(2018)]

ジェフ2-0徳島


どうも、わたしです。


ジェフは先制後、やや守備を固め、相手に持たせてボールを入れさせず、

奪ってはカウンターをかけるスタイルをとったと思います。


前線の高い位置でポゼッションするだけでなく、

ペースをうまくコントロールできる、いいプランであったと思います。


内容を簡単に振り返ります。

ゲームはジェフが積極的に入り、前からのプレスで押し込むと、10分に押し込んで得たCKから、増嶋が決めて先制に成功した。先制後は、徳島にボールを持たせる展開となり、ジェフはしっかり陣を固め、相手にボールを入れさせない姿勢となった。ジェフはボールホルダーにしっかり寄せて、徳島がボールを入れていけなくなると、ひっかけて奪いカウンターをかける形もでき、ジェフがいい形で1-0で前半を終えた。後半に入ると、徳島はややオープンになり、コンパクトに守るジェフに対しパスがつながらなくなり、ジェフはカウンターからペースを握った。ボールホルダーに寄せてはひっかけて、船山や矢田・也真人らを起点にカウンターを仕掛け、上がってくる選手も絡んで決定機を作った。ジェフはいい流れを続けると、86分にはセットプレーの流れから、サイドで抜け出した也真人がクロス、増嶋がすらしたボールに、小島があわせて2点目とした。最後まで相手に起点を作らせず、ジェフが2-0で勝利したゲームでした


思うところを書いていきます。


①堅守速攻という新たなプラン



今節は、10分に先制した後、

やや引いて陣をコンパクトに布陣し、守勢に回る時間がありました。



相手にボールをもたせても、相手の高い位置の起点となる選手にボールを入れさせず、

バランスよく守れたと思います。



それだけでなく、相手のボールの入り先で奪うと、カウンターに入り、

速攻を仕掛ける場面も目立ちました。


奪ったところから、船山や矢田・也真人らにすぐ縦パスを入れ起点を作ると、

後ろからも選手が上がって、速攻をかける場面が多かったように思います。



徳島が、縦パスが入らず攻めあぐねてきた後半では、

高い位置でひっかけてのハイカウンターも増え、さらにいい形もできたように思います。


ジェフはここまで、高い位置でボールを持ち、ボールを回して主導権を握る形に固執がありましたが、

守勢に回り、カウンターを仕掛ける形というのは、なかったものです。



この、堅守速攻の形では、しっかり守って相手の隙をついてカウンターをかけるので、

リスクも最小限で、あるとともに、


ハイプレスをかけ続けるのに対し、

スタミナ面でも有利であると思います。



堅守速攻というプランを組み込むことによって、また違った展開が作れると思いますが、

今節のように、先制してからこうした時間を作るというのが理想と思います。



ジェフとしては、どんなゲームも理想的な流れができるように、

いろいろなプランを可能に、チームづくりを進めてほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゴール前への飛び出しでチャンスを作る場面も<2018年J2第39節岐阜戦@長良川> [レポート(2018)]

ジェフ0-2岐阜


どうも、わたしです。


ゲーム全体では、岐阜ペースで進んだゲームに感じ、

いいところは作れなかったように思います。


ただ、今節はゴール前に後方から飛び込んでくる選手がおり、

工夫も感じたゲームでした。



内容を簡単に振り返ります。

序盤はジェフのプレスとコンパクトな守備がさえ、岐阜のパスワークを寸断すると、カウンターからチャンスを作った。サイドに人数をかけると、中央には逆サイドが走り込む形もでき、 攻めこんだが得点には至らず。30分くらいからややジェフの寄せが遅れ、コンパクトが失われると、 岐阜の細かいパスワークにマークを外され、ペースを譲ると、35分、ジェフの右サイドで起点を作られると、サイドからパスをスライドされ、中央でライアンでフリースが決めて先制を許し、前半を0-1で終えます。後半に入っても、流れが変えられず、ジェフは高い位置で起点が作れない。逆にパスミスから岐阜にカウンターをゆるす場面も増え、 苦しい時間が続くと、73分に、風間のスルーパスに抜け出したライアンデフリースが再び決め、0-2となった。ラリベイらを投入したが、流れが変わらず、0-2で敗戦したゲームでした。


思うところを書いていきます


①ゴール前への飛び出しでチャンスを作る場面も


今節は、サイドに数的優位を作ってそこからクロスにつなげようという、

狙いを感じました。


インテリオールに入っていた矢田がサイドに流れるケースが多く、

為田、矢田、乾が3人で絡んでサイドを攻略しようとしていました。


ただ、両サイドに3人ずつ入ってしまうと中央やゴール前が薄くなってしまいますが、

それを補うためか、ゴール前に飛び込む選手がいたように思います。


先ほども書いたように、左サイドで起点を作る場合、

右サイドにはいっているゲリアや小島がゴール前に飛び込み、シュートを狙う形です。



小島の飛び込みでは決定機を作った場面もあり、

左からのクロスに飛び込みましたが、わずかに届かない場面もありました。



中央の船山や逆サイドの茶島はマークされていますが、

後方から飛び込むことで、マークもつきにくく、有効であると感じました。



飛び出すことでポジションをあけるので、カバーなどの心配もありますが、

厚みのある攻撃につながるアイデアであると思います。



ゴール前への飛び出しで、相手のマークを外してゴールを狙う

そんな形も有効に使って、サイド攻撃をさらにいい形にしてほしいですね。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - レポート(2018) ブログトップ