So-net無料ブログ作成

受動-徳島戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-1徳島



どうも、わたしです。



ジェフは序盤の得点でリードをうばったものの、

その後は徳島がボールを持ち、攻められる時間の長いゲームになってしまいました。



ジェフがやりたいことは自由にやらせてもらえず、

ひたすら相手の攻撃を受け身に耐える、受動的なゲームになってしまったと思います。



さて、ゲームは両軍コンパクトにかまえ、

ジェフは前節と違い4バックになり、両軍4バックでのゲームとなった。



序盤はジェフはコンパクトに徳島のパスをカットしては、サイドから攻めると、

6分にクレーべのスルーパスを受けた見木が倒されて、PKを獲得、船山が決めて先制した。



先制後は、徳島がボールを持つようになると、

ジェフはやや引いて4-4-2に構え、引いた時間が増えた。



しかしサイドからサイドに動かされると、ややマークが外れ、

サイドの大外から攻められ、ピンチを招く場面も多かった。



得点後は、徳島ペースとなり、

前半は1-0でリードも、徳島ペースで終えます。



後半に入ると、徳島は中盤に攻撃的な選手を交代で入れると、

起点となり、ジェフは押し込まれた展開を回復できない。



ジェフは中央に寄せて守りコンパクトを維持するものの、

大外のスペースやライン間で崩されてしまう。


60分に、中央で起点を作られると、裏のスペースを抜け出され、

マイナスのクロスに、交代で入った渡井に決められ失点した。



その後は3バックに戻し、改善をはかったが、

劇的なペースの戻しはなく、1-1で引き分けたゲームでした。



さて、今節のゲームは、

ジェフはひたすら受け身に回るしかない、受動的なゲームになってしまったように思います。



もともと徳島は、自分たちでボールを持ち、

パスを回して崩してくるチームですが、



ジェフも元々はパスでポゼッションをとりたいチームなのに関わらず、

今節はほぼ徳島のボールとなってしまいました。



ジェフはサイドからサイドに動かされると、どうしてもマークが外れてしまい、

徳島がサイドからきわどい攻撃を続けるとともに、



ジェフが何とか奪っても、早い攻守の切り替えで寄せられてしまい、

ジェフボールを続けることができませんでした。



ジェフは主体的に寄せることができず、受けてしまったので常に先にパスを入れられてしまい、

受け身受け身に進むゲームで、いいところを作ることができませんでした。



得点シーンまでは、先にボールに触り、クレーべが裏にボールを入れて見木が抜け出す形を作りましたが、

先制した6分以降は受け身以外の方法を作れないゲームになってしまいました。



わたしが思うには、ジェフはしっかりと前から寄せて、相手にどの局面でも自由を持たせないことが必要と思いますが、

ジェフは高い位置では相手に自由にさせ、結果、全体的に受け身になってしまったように思います。



受け身を続けるには、しっかりと守備を整備し、

また、しっかりとカウンターでの得点の形を作らないといけないですが、



今のジェフには、

それが出来上がっていません。



やはり、受け身を善しとしてしまうのではなく、

何とか主導権を折ったゲームを作るしかないのです。



ここから後半戦、次節はやはり前半戦うまくいかなかった岐阜とのゲーム、

岐阜は監督交代でチームも変わってきています。



チームを生き生きした形にするためにも、しっかりと方向性を決め、

主導権を持ったゲームを作っていこう




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ