So-net無料ブログ作成

株奪-琉球戦即レポ [即レポ]

ジェフ2-0琉球



どうも、わたしです



コンパクトに細かいパスを回して崩してくる琉球とのゲームでしたが、

ジェフはよりコンパクトなゲームを作ったように思いました。


相手のお株を奪うようにコンパクトにパスをつなぎ、

相手を間伸びさせ、ペースをつかんでいったゲームが作れたように思います。



さてゲームは、両軍ともライン高くコンパクトに構え、

パスをつなぎつつ始まった。



序盤は琉球が積極的にパスをつなぎ、ジェフを崩しにかかるが、

ジェフはコンパクトな布陣を崩さず、相手に起点を作らせない。


ジェフは徐々に左サイドに人数をかけて攻めると、琉球のコンパクトも崩れ、

崩すシーンが増える。


43分に左サイド抜け出した下平のクロスに、

クレーべが合わせて先制に成功した。



徐々にペースを握っていったジェフが1-0でリードし、

前半を終えます。



後半に入っても、細かくつなごうとする琉球に対し、

ジェフはコンパクトに対応。



ジェフは早い寄せで相手のパスコースもふさぎ、徐々に琉球を間延びさせ、

ペースを握った。



62分にカウンターから、船山のパスをクレーべが受けると、

クレーべが決めて2-0とした。



そのままペースを譲らず

2-0で勝利したゲームでした。




さて、ジェフはコンパクトで寄せの早い形をゲームを通じて作り、

いいゲームを作ったと思います。



そのコンパクトさは、攻撃面でも維持し、

特に左サイドを中心に細かいパスを回し、前を向くシーンも作れました。



そういった形というのは、どちらかというと琉球が得意にしている形ですが、

ジェフが相手のお株を奪うように、いい形を作れたと思います。



攻撃面で2点取れたことよりも、

守備面での形が良かったように思います。



早い寄せと、コンパクトな布陣、

まさに琉球のお株を奪うような形と思います。




ジェフとしてもラインの高いコンパクトな形と、パスでペースを握るという形は、

芯になる部分です。



今節は、熊谷や増嶋が不在で中心選手を欠いた面もありましたが、

その中でジェフの良さを出し、相手の良さを上回ったのは素晴らしいと思います。




こういったゲームを継続し、

ジェフが勝利を積み重ねていきましょう



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

米倉選手がレンタルでの復帰。サイドでの活躍を期待します [ジェフ選手]

どうも、わたしです。



米倉選手の、ガンバ大阪からのレンタルでの復帰が、

発表になりました。



5年半ぶりということで、

もうそんなになるのかと、感慨深い感じもしてしまいます。




2013年のプレーオフでの敗退が、ジェフでの最後のゲームでありましたが、

ヨネは泣いていて、その後移籍となったのが印象的でした。



もともとジェフでは11番をつけるなど、攻撃的なポジションで、フィジカルの強くスタミナのあるアタッカーという印象でしたが、

鈴木体制でサイドバックにコンバートすると、さらに開花。



サイドでの運動量もあり、攻め上がっての攻撃力も高いサイドバックとして、

2015年には日本代表にも選出されています。



J1でのプレーはわたしも見ていない部分も多いのですが、

江尻監督を知る選手としても、ジェフのサッカーを知る選手としても、楽しみな部分が多いですね。



ジェフの生え抜き選手として、江尻監督や勇人らを盛り立てて、

チームを盛り上げていってほしいですし、



やはりジェフの代名詞でもあるサイド攻撃の中心として、

サイドを駆け上がって、攻撃に絡んでいってほいいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2琉球戦@タピスタ [プレビュー]

※7月30日分の更新です。





どうも、わたしです。



前節はホームで敗戦し、連勝を逃したジェフは、

アウェイ2連戦の初日に琉球に乗り込みます。



初めての敵地で、

勝利を掴みたい一戦です。





ジェフと琉球の対戦成績は、
ジェフの1勝0敗0分(1得点0失点)です。


ジェフと琉球の最終対戦は、今年4月にJ2第7節をフクアリで戦い、
1-0で勝利しています。



ここ5試合の琉球は1勝4敗0分け(8得点12失点)です。
(ジェフは1勝2敗2分け(8得点8失点))
4-2-3-1を基本に戦う。コンパクトな陣形でややラインを高く陣を敷く。早い1人目の寄せとコンパクトな陣形でボールを奪うと、多彩な攻撃でゴールに向かう。早めにFW鈴木孝司やSH河合・富所に入れていき起点を作り前を向いての攻撃につなげる形や、全体が細かくつなぎ後ろから追い抜いてくる選手につないでくる形など多彩。前線でも外へのボールと内へのボールをダイレクトにつなげてくるなど、怖さがある。後方の選手からのボールも精度が高い。ややラインが高く裏へのボールを出されるとバタつくところがある。またボールサイドの選手がしっかり寄せるので、その裏にスペースが空き、ドリブルで抜かれたりスペースを使われることも。



ここまでの琉球は、7勝10敗7分け(33得点39失点)で、勝ち点28の14位
ジェフは6勝9敗9分け(28得点36失点)で、勝ち点27の16位



個人的注目点を書いていきます。



①主導権を握って、サイドから攻めよう


ジェフはこのところ、サイドから攻める形ができつつあり、

深いところからクロスを入れる形がいいと思います。



対琉球でも、サイドから崩し、

クロスを入れていきたいところ。



琉球は、ラインを高くコンパクトにしている一方、

それほどサイドバックは高い位置を取らない印象なので、ジェフとしては、しっかり主導権を握って、じっくり攻めたい。



琉球も前回対戦時よりは、ビルドアップにこだわり主導権を握ろうとしている印象なので、

主導権争いを大事に、自分たちの戦いに持ち込んでほしいと思います。



②堀米、船山が起点になって、ボールを動かそう


ジェフの攻撃についてです。



琉球は、コンパクトな守備でしっかり寄せて守備する印象ですが、

ジェフとしては、高い位置でどう起点を作るかが大事と思います。



サイドからボールを入れつつも、中央で、サイドから入ってくる堀米や船山にボールを入れ、

そこを起点に、サイドに入れていく形を作りたい。



ジェフは、堀米・船山が浮いたポジションを取り、

起点になる形が強みになっていると思います。



相手のコンパクトに対し、うまく起点を作り、

攻撃を組み立ててほしいと思います。



③守備への戻りとサイドへのスライドを速くしよう


ジェフの守備についてです。



琉球の攻撃は、前回対戦時は早いタイミングで前線に入れてきていたと思いますが

最近はやや主導権を握り、ボールを回す印象があります。



ジェフとしては、早く守備陣形を整え、コンパクトを作るとともに、

相手がサイドに振っていくのに対し、スライドを速くする必要があるでしょう。



琉球は、組織的なサッカーで強みを見せているチーム、

ジェフもまた、しっかりと組織的なところで対抗しないといけないでしょう。



早い守備の戻りや、サイドへのスライドで、

相手に主導権を渡さない戦いをしてほしいです。




さて、ジェフと琉球は2度目の対戦であるが、

相手のホームタピスタでの対戦は初となる。



ここまで琉球はホームでは強く、6勝3分け2敗と大きく勝ち越し、

タピスタでは強い印象がある。



ジェフはフクアリでは勝利を奪っているだけに、

初めてのスタジアムでも、勝利を奪いたい。



勝ち点差も1で勝てば順位の上がるゲーム、

初めてのスタジアムで勝利を飾っていこう




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ