So-net無料ブログ作成

カウンターからの得点は増やしていきたい<2019年J2第13節山形戦@NDスタ> [レポート]

ジェフ1-3山形



どうも、わたしです



今節は、攻撃面ではなかなか形を作れなかった一方、

前半終了間際に、カウンターからクレーべの得点がありました。



相手の守備が手薄なところを攻撃できるチャンスにもなるため、

もっとこういう形を増やしていきたいところです。



流れを簡単に振り返ります。

ゲームは両軍ともコンパクトに構え、なかなかボールが収まらず行ったり来たりする展開が続いたが、徐々に山形がボールをつなぎ、ジェフが受ける時間が長くなった。両軍3-4-3でマークも外れず、ジェフは守備的にかまえると山形もボールの入れどころなくジェフのプレスに苦しんでいたが、ジェフは奪っても、逆にボールの入れ先で囲まれて失いカウンターを受けることも多かった。なかなか動きがないまま前半が進んだが、44分、カウンターからロングボールを入れると、クレーべがDFを外し、ゴールを決め先制し、1-0で前半を終えます。後半に入ると、山形は裏のスペースにボールを入れて起点を作ると、ジェフはやや陣が引いてしまい、さらに山形がボールを持つ展開となった。61分、裏へのボールを受けた坂元のクロスをバイアーノが決めて、同点とされてしまう。ジェフはなかなか押し返せず、自陣でプレーする時間が長くなると、77分、86分と失点し、逆転をゆるしてしまう。最後までジェフは起点が作れず、1-3で敗戦したゲームでした。



思うところを書いていきます。


①カウンターからの得点は増やしていきたい



今節は、前半終了間際にカウンターからのロングボールを受けたクレーべが決めて、

カウンターからの得点がありました。



ジェフはここまでカウンターからの得点はそれほどなく、

あまりカウンターがうまくいっていない印象です。



どうしても相手の守備が戻ってきてしまうと、前線で決定的な崩しができず、

また後ろからの攻め上がりも遅く、うまくいっていない印象でした。



今節は、クレーべと相手の守備が1人しかいない状況で、

DFから一気に裏にボールが出て、1対1の競り合いに勝った状況でした。



シンプルな局面なので、うまく決まりましたが、

もっとカウンターでの得点も増やしていきたい。



本来は、もっと高い位置で奪ってのカウンターも狙いたいところですし、

ロングカウンターももっと早い速度でゴールに向かいたい。



カウンターをかけて、全体がもっと早く攻め上がっていきたいですし、

どこに攻め上がるかなど、チーム全体の申し合わせももっと増えていくといいですね。



カウンターでの得点ももっと増えるよう、

チームを作っていってほしいですね。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0)