So-net無料ブログ作成

攻撃の形はサイドからしかないのか<2018年J2第35節愛媛戦@ニンスタ> [レポート(2018)]

ジェフ0-1愛媛

どうも、わたしです。



ジェフは引いた相手を崩せず、

無得点での敗戦となりました。



前節の横浜FC戦と近い流れのようにも感じますが、

攻撃の手段がサイドからのみになっている印象を受けました。


流れを簡単に振り返ります。

序盤から両軍コンパクトに高い位置で当たり主導権争いとなりますが、ジェフのプレスが愛媛を押し込み、ジェフがボールを持つ展開が続き、愛媛は引いた形となった。ジェフは早いタイミングでライン間にパスを入れ、前を向いたプレーでシュートまで行っていたが、運動量がさがると、徐々に前にボールが入らなくなると、相手のブロックを崩せなくなった。前半の30分くらいからはジェフのプレスも弱まり、ルーズになると、 奪われてカウンターを受けるケースも出て、互角の展開で前半を終えます。後半に入ると、両軍攻撃的に攻める姿勢を見せるが、やはりジェフがプレスで陣地を押し込み、愛媛が引く展開で、前半と同じ流れとなった。しかし57分、カウンターを受けると、サイドを破られクロスを藤本に決められ、失点となった。そこからの時間は、さらに愛媛は5バック気味に引き、ジェフが攻める展開となったが、ジェフは縦パスがなかなか入らず、前を向けるシーンが作れない。終盤、清武や為田を投入し、個での打開を図りチャンスも作ったが決めきれず、0-1で敗戦したゲームでした。


思うところを書いていきます。



①攻撃の形はサイドからしかないのか



ジェフは、押し込んでいい展開を続けながらも、

引いてブロックを組む相手を崩せず、敗戦となりました


横浜FC戦と近い流れともなり、

悔しい敗戦です。



この2試合、相手は5バック気味にサイドのスペースを埋め、

ボランチも最終ラインとコンパクトにスペースを作らせず、起点ができない形になりました。


ジェフはなかなか起点ができず、崩せなかったわけですが、

攻撃がサイドからという形がほとんどで、なかなかうまくいかなかった印象です。



相手の布陣的にもサイドが薄いので、サイドからは高い位置に侵入できるものの、

中央を固められるとなかなか崩せません。


ジェフはサイドで起点を作ると、

矢田や也真人と、SBの茶島・下平と絡んでクロスまでいくのですが、なかなか崩すことができませんでした。


サイドからスライドしてシュートまでいくシーンもありますが、

中央を固められていると、なかなかシュートコースもなかったように思います。



ジェフとしては、少しリスクは上がるものの、裏へのボールや中央でのスルーパスを狙う形を、

作っていかないと相手を揺さぶることが難しいようにおもいます。



いい時間では、船山や也真人を中心に、

高い位置の中央でも起点ができるシーンができてきています。


ジェフはサイドからだけでなく、

中央から崩すシーンも作っていってほいいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 

手内ー愛媛戦即レポ [即レポ(2018)]

ジェフ0-1愛媛


どうも、わたしです。



台風の危険もある中、アウェイ愛媛まで参戦していただいたサポの皆様、

お疲れ様でした。



ゴール裏(応援席はややサイド寄りですが)で最後まで飛び跳ねている姿も見え、

最後まで背を圧してくれたと思います。



わたしはDAZN観戦です、

あしからず。


さて、ジェフは多くの時間でゲームのペースを握りながらも、

カウンター一本の失点で敗戦し、崩しきることができませんでした。



一見ジェフの手の内のゲームのようで、

愛媛の手の内の中でゲームをしてしまったような不思議な感覚のゲームになってしまいました。



さて、ゲームは、序盤から両軍コンパクトに高い位置で当たり主導権争いとなりますが、

ジェフのプレスが愛媛を押し込み、ジェフがボールを持つ展開が続き、愛媛は引いた形となった。



ジェフは早いタイミングでライン間にパスを入れ、前を向いたプレーでシュートまで行っていたが、

運動量がさがると、徐々に前にボールが入らなくなると、相手のブロックを崩せなくなった。


前半の30分くらいからはジェフのプレスも弱まり、ルーズになると、

奪われてカウンターを受けるケースも出て、互角の展開で前半を終えます。



後半に入ると、両軍攻撃的に攻める姿勢を見せるが、やはりジェフがプレスで陣地を押し込み、

愛媛が引く展開で、前半と同じ流れとなった。


しかし57分、カウンターを受けると、サイドを破られクロスを藤本に決められ、

失点となった。


そこからの時間は、さらに愛媛は5バック気味に引き、ジェフが攻める展開となったが、

ジェフは縦パスがなかなか入らず、前を向けるシーンが作れない。



終盤、清武や為田を投入し、個での打開を図りチャンスも作ったが決めきれず、

0-1で敗戦したゲームでした。



さて、ゲーム全体としてはジェフペースで進み、

わたし的には、悪い流れではなかったと思います。



しっかりとパスをつなぎ、敵陣でプレーし、

押し込んだ展開を続けました。



きわどい縦パスを奪われても、すぐに寄せて相手には前にパスを出させず、

相手が苦し紛れに出したパスを回収し、また攻撃に転じる流れもできていましたし、



仮に相手のFWにボールが入りそうになっても、FWのマークは外しておらず、

相手のFWにもボールが入らなかったと思います。



また序盤はジェフも奪ってすぐ、ライン間に縦パスが入り、

前を向くシーンも多く作れたように思います。



このように全体的にジェフエースでプレーできたようで、

結果は0-1の敗戦。



愛媛側からすると、押し込まれてもしっかりしたブロックで最後まで入れさせず、

カウンターから1点取っての、狙い通りのゲームだったのかもしれません。



ジェフの手の内で進めたようなゲームですが、

愛媛の手の内の中のゲームだったようにも感じてしまいます。



手の内を脱するためには、意外性のあるプレーや、相手を超えるプレーが必要なのかもしれませんが、

ジェフはきれいにプレーすることはできましたが、相手を上回るプレーはできていなかったかもしれません。



多少無茶でも、ドリブルで仕掛けたり、裏へのボールを競り合ったりで、

相手を下がらせるプレーも必要だったかもしれません。



ただ、ゲームを通じて、相手を押し込む流れや、

カウンターを受けても多くの場面では準備をできる形はできてきました。



これをさらに、相手の手の内を超える意外性あるプレーを混ぜられるよう、

さらに形を作っていってほしいですね。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 

ジェフは正確性の高い攻撃ができてきたように思います。 [閑話休題]

どうも、わたしです。


ジェフはこのところ大きな失点が少なくなりましたが、

攻撃面で正確性の高い攻撃ができてきたことがいい影響を与えているように思います。



守備の話なのに、攻撃面?となりますが、

攻撃でミスで奪われたりしてカウンターを浴びる場面が減っているように感じるからです。



以前はパスミスや正確性の低い攻撃で、

失ったところから一気にカウンターをあびることがあり、これが失点を増やしていたように思います。


一方で、このところ、そういった失い方が少なく、

しっかりとチャレンジしたボールのみを失っているので、守備への転換がしっかりできるように感じます。



こういった正確性の高い攻撃というのが、決定率の高さにも出ていて、

ここまでジェフがシュート成功率はリーグトップという内容にも現れていますね。



ただ、それほど攻撃回数が取れていないようで、

さらにシュート数も伸ばしたいところ。


正確な攻撃で、

さらにたくさん攻撃できるチームになっていってほしいですね




にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0)