So-net無料ブログ作成

縦パスのよく入ったゲームでした<2019年J2第14節岐阜戦@フクアリ> [即レポ]

ジェフ5-1岐阜


どうも、わたしです。



ジェフは攻守にコンパクトにゲームを進め、

5得点で圧倒したゲームでした。



ゲームを通じてよく縦パスが入り、

相手が下がらざるを得ないシーンを多く作ったと思います。


流れを簡単に振り返ります。

ゲームは序盤は岐阜がパスをつないでくるものの、ジェフはコンパクトに布陣し、パスを奪っては、カウンターにつなげペースを握った。10分にCKの流れから船山が決め、先制すると、12分にも堀米のCKを新井が決めて2点をリードした。22分には熊谷の縦パスをクレーべが収めると、ヒールパスでのスルーパスに船山が抜け出し、ゴールを決め3得点目。36分には高い位置で矢田がカットしたボールを、クレーべがカウンターで抜け出し4点目とした。前半は終始ジェフが押し込んで敵陣でパスをつなげ、奪われてもすぐに寄せて奪い返す形を作り、4-0でリードした。後半に入ると岐阜がコンパクトを作ってきて、ジェフはパスがつながらず、岐阜にペースを譲った。しかし何とか守り切ると、60分くらいから再びスペースへの走り出しを増やし、ペースを奪い返した。63分に船山からのスルーパスにクレーべが抜け出し、ゴールを決め5点目とした。ジェフは終盤に4バックにし、攻撃的にゲームを進めたが、90分、裏へ抜けだしたデフリースに決められ失点。しかし、最後まで前で奪う守備も衰えず、5-1で勝利したゲームでした


思うところを書いていきます。



①縦パスのよく入ったゲームでした


ジェフは今日のゲームでは、

よく縦パスが入ったように感じます。



最終ラインでパスをつないで、前があいたところで、

ズバッとスペースに縦パスが入り、そこを起点に攻撃が始まったように思います。



ジェフは最終ラインでボールを回すと、岐阜はかなり高い位置から寄せてきていましたが、

ジェフはうまく外して、縦パスを入れていたように思います。



岐阜がコンパクトになってしまわないよう、わざと低い位置からビルドアップをしていたように思い、

岐阜が前から寄せて、その分中盤にできたスペースに縦パスが入ったように思います。



縦パスが入ったことで、起点ができ、

そこを起点にどんどん選手が上がっていったことで、攻撃的なゲームになってように思います。



最終ラインや熊谷から縦パスが出たことも素晴らしいですし、

クレーべが良く収めたり、船山・矢田・堀米らが良くスペースに動いてパスを受けたこともよかった点だと思います。



今後も、最終ラインの早いパス回しから、

縦明日を入れて起点を作れるようなゲームを、作っていってほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント