So-net無料ブログ作成

攻守のメリハリを身につけたい<2018年J2第28節町田戦@野津田> [レポート(2018)]

どうも、わたしです。



ジェフはPK3発で同点としたものの、

内容としては先に3失点し、厳しい内容であったと思います。



人数をかけられると失点し、人数をかければ得点しているだけに、

メリハリをつけていきたい一戦と思います。


内容を簡単に振り返ります。

序盤から町田らしくコンパクトに布陣する町田に、ジェフはボールをつなごうとするが、なかなかつなげず、窮屈な展開が続く。ともにペースをつかめないでいたが、25分、FKを与えると、オウンゴールで失点してしまう。ジェフは相手の寄せに苦しみボールは回らずも、裏への飛び出しでチャンスを作っていたが、44分に町田にサイドから崩され、平戸に決められさらに失点、0-2で前半を終えます。後半に入ると、ジェフはSBを上げ、さらに攻撃的になりサイドからチャンスを作る形も増えるが、
町田はペースを変えず、コンパクトを維持。64分に右サイドを崩され、クロスから平戸にさらに決められ、0-3となった。ジェフは組み立てはあいまいになりながらも、前への圧力を高めると、76分にハンドからPK奪取、指宿が決めて1点。79分に裏に抜けた指宿が倒されさらにPK奪取、船山が決め2点目、83分にもハンドでPK奪取し、船山が決めて3点目、PK3点で同点とした。最後まで前に出続け、3-3で引き分けたゲームでした。


思うところを書いていきます。


①攻守のメリハリを身につけたい



今節もジェフは、狙いはわからなくはなく、

複雑なゲームです。



前半はジェフは町田が狙ってくるSBの裏を警戒してか、

SBがあまり上がらなかったと思います。



その分、ウイングが裏に抜ける形や、インテリオールがサイドに流れて作る形ができていましたが、

決定的なシーンが作れず、



逆にサイドを崩され、2失点となって、

しまいました。



後半はSBをあげて捨て身に出ましたが、さらにサイドを崩され失点し、

戦術としては、裏目に出ていたように感じます。



一方で、前に圧力をかけて前に出た終盤はPk奪取となり、

相手のコンパクトを破る内容になりました。



ジェフはタイミングで人数をかければいい流れが作れるものの

全体の流れではうまくいかない面もあり、



その、人数をかける時間を、

相手に合わせて、的確に作っていけないものかと思います。



ジェフは攻撃面では大きく開いて、局面では孤立してしまう形になっていますが、

人数をかけるサイド、大きく開く逆サイドなど、人数の掛け方も作れるようにも思います。



流れの中で、攻守にメリハリをつけた展開を身に着け、

相手を局面で上回っていければ、いいサッカーができるのではないかと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント