So-net無料ブログ作成

リスク-讃岐戦即レポ [即レポ(2018)]

ジェフ1-2讃岐


どうも、わたしです。



ジェフは2連敗の後のアウエィ讃岐戦ということで、大事なゲームでしたが、

先に2失点し、3連敗となってしまいました。



”リスクを負って攻める”ことの、リスクについて、

考えさせられる一戦であったと思います。




さて、ゲームの内容は、両軍ともコンパクトな布陣でゲームに入り、

両軍ともサイドで起点を作る形で形を作り、好ゲームとなった。



徐々にジェフがボールを持ち、サイドにボールを回しいい形を狙う形を狙うが、

19分に讃岐のカウンターを受けると、サイドの裏で起点を作られ、重松のクロスを原に決められ失点。


ジェフはボールを持つものの、なかなか前線にボールを入れることができず、

ミスをつかれてカウンターを受けるシーンも目立った。


前半はジェフがボールを回しサイドから攻めるも決めきれず、

0-1で終えます。



後半に入ると、ジェフはやや縦に早い攻撃も見せたが、逆に間延びしてしまい、

前半と同じく、サイドから攻める形に。



48分、ジェフの左サイドで球際を抜けさせてしまうと、

原のクロスに重松が合わせて失点となった。



ジェフは56分、サイドチェンジのボールを左サイドで受けた乾のクロスに、

ラリベイが合わせて1-2とした


得点をしたことで、ややジェフのボールも早く前に入るようになるが、

讃岐の守備も中央をあけず、ジェフはなかなか決めきれない。


最後まで決めきれず、

1-2で敗戦したゲームでした。



さて、ジェフは相手の守備を崩すために攻撃時は全体が上がり、

かなりリスクを負った攻めというのが多かったように思います。



しかし、相手に奪われたときに、相手のボールホルダーに寄せきれず、

ボールを縦に入れられてしまうことが多かったように思います。



讃岐は、讃岐流のリスクの負い方で、ボールを奪ったところで縦に走る選手がおり、

起点ができていました。



ジェフとしてはリスクを冒して攻めていても、

管理できるリスクでなければただの冒険です。



ジェフとしては、どうしても、奪われたところですぐ寄せて前を向かせないだけの厚みがないと、

すぐ裏にボールを出されて、下がりながらの対応となってしまい、リスクを覆されてしまいます。



讃岐も、ボールを奪ってすぐに選手が前線に走り、リスクを負いましたが、

限定的なリスクで、攻守のバランスがよく取れていたと思います。



ジェフがバランスをとるためには、奪われたときのすぐの寄せを速くできる形にできないと、

攻守の切り替えで、やられてしまうようにも感じます



これだけの失点の多さを見ると、

戦術的な穴というのも否めないでしょう。



リスクを管理するということを、あらためて見直し、

失点を減らす形を、根本から作りなおしてほしいと思います。






がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント