So-net無料ブログ作成

必走-岐阜戦即レポ [即レポ(2016)]

ジェフ2-0岐阜


どうも、わたしです。



アウェイ長良川まで参戦していただいたサポの皆様、

お疲れ様でした。


テレビからも大きなチャントが響き渡って、

大きく盛り上がっているのが聞こえました。



わたしはスカパーオンデマンド観戦です。

あしからず。


さて、ゲームは序盤からジェフがボールをつなぎ、

ペースを握って始まりました。



エウトン、船山が裏に走りながらポストし起点となると、

也真人、菅嶋がしっかり走りこんで受け、波状攻撃を仕掛けました。



しかし、徐々に両軍とも守備で陣をしっかり敷き、前線の起点が作れなくなると、

岐阜が高い位置で奪ってカウンターを狙う場面も増えたが、ジェフはしっかり対処した。



ややジェフペースで、

前半を終えます。



後半に入るとジェフがしっかりボールを動かすと、選手が追いこす動きでどんどん前に出て、

さらにペースを握った。


しかしルーズになってくると、徐々に前線に走りこむ人数も減り、やや岐阜のカウンターも冴えたが、



76分、前線で受けた長澤がドリブルで起点を作ると、

脇を追い越した也真人が受けて、ゴールを奪い先制に成功。



さらに、86分には、ロングボールに抜け出したアドがポストし、

受けた長澤のシュートがバーに跳ね返ったボールを、エウトンが押し込んで、ダメ押した。


このまましっかりとゲームを締めたジェフが、

2-0で勝利したゲームでした。



さて、ゲームは両軍とも監督交代のあったチーム同士で、守備的にしっかり形を作ってきた印象を受けましたが、

攻撃での厚みに差が出たように思います。



ジェフとしてはチャンスもあったが、なかなか決めきれず苦しい時間帯もありましたが、

自信をもってプレーし、決めきることができました。



ボールを持つと前を向いてドリブルで持っていくシーンも増え、

選手は自信をもって、攻めていましたね。



そんな自信を持った攻めを担保してくれているのが、

味方が、必ず追い抜いて走ってくれていること。



攻撃時も守備時も、ボールを扱う選手の両脇を選手が追い抜いてきていて、

相手にプレッシャーを掛けられても、フォローしてくれましたし、


なにより、追い抜いてくる選手がおとりになって、

ボールを持つ選手も楽であったと思います。


守備でも、ボールを持っていて相手にプレッシャーをかけられても、

裏にフォローしてくれるので、万一奪われても何とかなるシーンが多かったように思います。




76分の得点は、長澤がボールを持ったところ、也真人・船山が走ってきており、

86分の得点は、アドが持ったところを、長澤・エウトンが走ってきて、決めきってくれました。



苦しい時間帯も、必ず走り、

チームの形を作ったジェフ、



この前向きな走りが、

チームを押し上げていってくれています。



リーグ戦では2連勝、天皇杯も含めると4連勝となり、

勢いを増してきました。



次は山口とということで、

より走ってくる印象のあるチーム。



そんなチームを相手にも、見てしまわず、

必ず走り追い抜いていく形で、勝利を奪っていこう。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0