So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2水戸戦@フクアリ [プレビュー(2016)]

※少し早いですが明日分の更新です。


どうも、わたしです。



前節連敗を喫したジェフは、

ホームに水戸を迎えます。



後半戦の第1試合であるので、

勝利を奪い、勢いに乗りたい一戦です。





ジェフと水戸の対戦成績は、リーグ戦で、
ジェフの8勝4敗1分け(15得点8失点)です。


ジェフと水戸の最終対戦は今年4月にJ2第10節をアウェイで戦い、
0-1では敗戦しています。
ジェフは開始からどんどんエウトンや吉田にロングボールを入れて相手のラインを下げにかかったが、水戸はしっかりはじき返すとともにジェフに起点を作らせない。逆に5分、水戸にCKを合わせられ失点。リードを許す展開となった。ジェフはロングボールを入れ続けるがセカンドボールを拾えず起点ができない。逆に水戸はカウンターからの出足が良くジェフはライン間で起点を作られ徐々にラインが下がっていくことになった。やや劣勢で前半を0-1で終えた。後半に入るとジェフはややボールを落ち着けるも水戸はコンパクトさを増し寄せも早くジェフは起点を作れない展開が続いた。疲れが見える水戸に対し、ジェフは前線に船山・アドらを投入し攻撃に出るが、最後まで有効な攻撃ができず、0-1で敗戦したゲームでした。



ここ5試合の水戸は、0勝2敗3分け(7得点9失点)です。
(ジェフは1勝2敗2分け(8得点7失点))
7試合勝ち無しとやや不調であるが、得点を挙げられるようになってきており、怖さは十分である。4-4-2の布陣を取り、ラインをあげてコンパクトに布陣しボールを奪うと、前線の三島にボールを入れ、そこを起点にする形が多い。前回対戦よりもサイド攻撃が形をしてしっかりしており、左SH湯沢、左SB祥の攻撃参加が目立つ。ボランチのロメロフランクの復帰でサイドにボールも触れるようになり、バランスが取れてきている。ラインが高いことで球際で負けると不安定になることがあり、失点も増えている。



ここまでの水戸は4勝8敗8分け(19得点21失点)で、勝ち点20の18位。
ジェフは7勝6敗8分け(28得点25失点)で勝ち点29の9位。



個人的注目点を書いていきます。

①コンパクトをしっかり作って、粘り強いゲームを


ジェフは5月6月で9戦負けなしで来るなど調子を上げていましたが、

けが人なども出て、ややバランスを崩し、ここ2試合は連敗しています。


水戸もまた7戦勝ちがないのですが、ゲームを見る限りは攻守のコンパクトやハードワークがしっかりしており、

チームを作ってきているなと感じます。



このゲームでは、しっかりとコンパクトを作り、

粘り強いゲームを見せることが注目点です。


水戸はラインを高くし、中盤にコンパクトを作ってハードワークしてくると思いますが、

ジェフとしても、しっかり対抗し、コンパクトを作りたいところ。


ハードワークをさぼっても相手に囲まれてしまいますし、

球際で負けても抜け出されてしまうので、気が抜けない戦いとなります。



逆に、しっかりコンパクトをつくり数的優位を作ってパスをつなげば、

相手の良さを消し、崩していくことができますし、


球際で抜けだされるのが、ラインを高くしている水戸の弱点だと考えていますので、

球際でも粘り強く勝負したいところ。



前回対戦でも、前節も敗戦しているだけに、

一戦必勝で粘り強く戦ってほしいと思います。


②地上戦でパスで崩そう


ジェフの攻撃についてです。



前回対戦ではジェフは水戸に対しロングボールを多く用い、結果的につながらず、

敗戦しています。


水戸は空中戦に強いデータもあり、

地上戦で、パスを細かくつなぐ形がいいと思います。


ジェフとしては、しっかりとライン間にくさびのボールを入れ、

エウトン・長澤らを起点に攻撃を組み立てる、ジェフらしい形を作ってほしいところ。



できるだけ空中戦に持ち込ませず、

地上戦でのパス回しで、崩していってほしいと思います。


③祥にサイド攻撃をつぶそう


ジェフの守備についてです。



水戸の攻撃はFW三島選手の体の強さを起点にしてくることが特徴で、

まずはここをどうつぶすかということが大事です。


さらに、今回は、ジェフのOBでもある佐藤祥選手の左サイドのサイド攻撃が、

攻撃の起点になってくる可能性が高いとみています。



ボランチのロメロフランクからサイドへのボールが配給されますが、

祥選手が高い位置で受けて、そこからボールを出していくことも多く、大きな存在かを見せるとともに、


同左サイドの湯沢選手がスピードがあり、左サイドの起点になって来ることも多いです。



ジェフとしては、サイドの裏を取られることも多くなっているので、

しっかりとケアしたいところです。



前節は対面には同期の井出くんが配置されており、

同期対決にも期待ができます。



祥選手を抑える守備に、

注目です。



さて、ジェフはやや前半戦で勝ちきれず、

9位で折り返し点を迎えた。



けが人も多く、なかなか思い通りにいっていない順位と、

言えるだろう。



しかし、ここから21試合もあり、チームを変えていくには、

十分な時間があるだろう。



その第1試合ともなるこのホームのフクアリでは、

ジェフらしくしっかりと走る戦いを期待したい。


前半戦の第1試合目は、後半アディショナルタイムにぎりぎりで逆転し、

最後まであきらめず勝利を奪うジェフの姿を見せた。



今節も、そしてリーグ戦も、

最後まで粘り強く、



逆転を狙い、

戦い抜こう



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0