So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2東京V戦@フクアリ [プレビュー(2016)]

どうも、わたしです。



水曜にいい戦いで勝利したジェフは、

ホーム連戦に東京Vを迎えます。


レジェンドたちを迎え、

絶対に負けられない一戦です。




ジェフと東京Vの対戦成績はリーグ戦で、
ジェフの18勝22敗6分け(57得点70失点)です
J2ではジェフの4勝3敗5分け(12得点11失点)です



ジェフと東京Vの最終対戦は、昨年11月にJ2第40節をフクアリで戦い、
1-0で勝利しています。
両軍とも4-4-2の布陣となった。玉際つよくはいり激戦となったが、ジェフは守備はコンパクトにしつつも攻撃ではロングボールを使い東京Vの陣形を引き延ばしにかかった。森本らをターゲットにその狙いがはまってくると、10分にキムのロングボールを森本に当て、松田からの返しを森本が決めて先制に成功した。その後はジェフはコンパクトな布陣を敷きつつ、攻撃ではやや長いボールをつないでチャンスを作った。前半を1-0で折り返した。後半に入ると両軍とも間延びしやや東京Vがやりやすい展開となってくるが、ジェフはコンパクトな布陣を維持し、カウンターでも高い位置でFWが収め、押し込まれる展開を阻止。最後までコンパクトな布陣を維持し守りきり、1-0で勝利したゲームでした。



ここ5試合の東京Vは1勝1敗3分け(5得点6失点)です。
(ジェフは3勝0敗2分け(11得点5失点))
早い速攻とコンパクトで球際に強い守備が特徴。ボールサイドにコンパクトを作り激しく守ると、奪ったら選手がどんどん飛び出して速攻を仕掛ける。FW平本が広く動いてボールを収めると、サイドで起点を作り、SH高木善・杉本が自分で仕掛けるか、早めにアーリークロスをFW度グラスヴィエイラに入れてくる形が多い。MF中後らのキック力も正確で、ミドルシュート力も高い。守備ではコンパクトな密集を作るが、その裏や逆サイドに大きなスペースがあり、プレスをいなされると、下がりながら混乱する守備となる。やや極端な守備となっていて、失点も多い。



ここまで3の東京Vは、3勝7敗7分け(12得点22失点)で、勝ち点16の19位。
ジェフは7勝4敗6分け(23得点18失点)で、勝ち点27の8位。


個人的注目点を書いていきます。



①早い攻守の切り替えで負けない



今節は、早い攻守の切り替えが、

大事とみています。



やや考え方は違いますが、



ジェフは奪われたらすぐにFWがファーストディフェンスにはいり、

その間にしっかりと戻ることが大事だと思います。



一方で、最近は戻りながらしっかりとボールにもアタックし、

高い位置で囲むこともできてきて、カウンターにつながるようになっています。



一方の東京Vは、攻守にボールサイドにコンパクトに人数をかけて布陣していて、

攻撃でもボール近くにあがってきているし、奪われるとすぐにボールを囲み、その攻守の切り替えが早くなっています。


この攻守の切り替えについていけないと、速攻を許してしまい、

相手ペースになってしまいます。



ジェフがしっかり守備に戻る時間が作れれば、ボールを落ち着けることもでき、

東京Vのコンパクトな守備を間延びさせることもでき、ジェフのペースになるでしょう。



早い攻守の切り替えでペースを握るジェフのサッカーに、

注目です。


②コンパクトと大きな展開を使い分けよう


ジェフの攻撃についてです。



ジェフはこのところ、起点となるエウトンや也真人の周囲にコンパクトを作り、

うまく攻撃することができています。


一方で、長澤らが収めたボールを、戻したところから、

しっかりサイドに振り、大きなサイド攻撃もできるようになりました。



この使い分けが注目点です。


東京Vは、ボールサイドにコンパクトで、人数が多く、

ジェフも孤立していれば奪われてしまうので、うまくコンパクトを使わなければいけません。



しかし、相手がコンパクトであるので、その外を大きく使うのは有効で、

しっかりとサイドに大きく振ったり、裏を狙ったりして、大きな展開も必要でしょう。


それらをうまく使い分け、大きく揺さぶって、

相手の良さであるコンパクトを奪って、間延びさせてほしいと思います。



③FW平本をしっかり押さえよう


ジェフの守備についてです。


東京Vの攻撃のキーマンは、

FW平本であるとみています。



前線で動き回りボールをしっかり収めると、

サイドなどで数的優位を作るのに加わり、起点となってきます。



大きく動き回るので、マークを捕まえるのも厄介ですし、

アグレッシブにプレーしてきて、怖さのある存在です。


ジェフとしては、しっかり寄せて動きを奪い、

できるだけ低い位置でプレーさせて良さを出させないことが重要だと思います。


平本を抑えるジェフの守備に注目です。



さて、東京Vとのレジェンドマッチが今年も開催され、

ジェフでは、リトバルスキーが参戦することとなった。



監督としてもJリーグに大きな貢献をし、

偉大な選手がジェフに戻ってきてくれることは、うれしいことであります。



わたし的には、山口智、山口慶、下村東美といった元キャプテンたちにも、

恥ずかしい戦いは見せられないと思う。


ジェフの歴史を背負い、これからの新しい25年につなげていくためにも

この一戦では、意地の勝利をつかみ取りたい。



さあ、戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0