So-net無料ブログ作成

琢磨-群馬戦即レポ [即レポ(2016)]

ジェフ0-0群馬


どうも、わたしです。



連勝で迎えた、

フクアリでのゲームになりました。



引き分けということになりましたが、

選手それぞれの良さが垣間見えた、好ゲームになったのではないでしょうか。



わたしは、スカパーオンデマンド観戦です、

あしからず。



さて、ゲームは群馬が前からプレッシャーをかけ、

ジェフはやや押し込まれる展開から始まりました。



ジェフは押し込まれラインが安定せず、苦しい立ち上がりでしたが、

徐々にボールを落ち着かせ、サイドから動かしにかかった。



しかし、群馬のコンパクトはなかなか緩まず、

互角の展開で前半を終えます。



後半に入って、ジェフはさらにボールを動かし、サイドから攻勢をかけますがゴールを割れず、

逆に群馬にもサイドからカウンターを浴びる互角の展開が続きます。



59分にエウトン、73分に井出くんを投入すると、

ジェフはサイドからでなく中央での縦の突破にシフト。



決定機を作る場面もあるが、群馬の守備のコンパクトをなかなか崩せず、

引き分けに終わったゲームでした。




さて、結果自体は得点が入らず残念な面もありますが、

非常に見ごたえのあるゲームになったと思います。



ジェフはボールを動かし群馬を揺さぶる狙いが見えましたし、

群馬はコンパクトな守備からカウンターを仕掛ける狙いが見え、



両軍とも最後まで狙いのところを完遂し続け、ぶれない、

信念のあるゲームに見えました。



そんな、ジェフと群馬は、今期多くの選手が入れ替わったチーム同士でありましたが、

シーズンに間に合わないということもなく、チーム対チームの切磋琢磨の見えたゲームではないでしょうか。



また、ジェフの交代選手とのレギュラー争いでも、

選手の良さが出ました。


前半は小池、吉田らが入り、吉田がターゲットとなりサイドにはたいて、

サイドから小池らのスピードを生かしたサイド攻撃を組み立てました。



これは、

ここまでの試合でもよく見られた攻撃だと思います。



後半に入るとベンチが動き、井出くんやエウトンを投入すると、

長沢・井出くんが中央に寄り、アランダがボールに絡んで、船山・エウトンと中央で縦の関係による攻撃にシフト。



船山やエウトンらがワンツーで起点になり、井出くんやアランダが飛び込んでゴールを狙うような、

縦に突破する攻撃にシフトしました。



ここでは、交代で入った井出くんやエウトンが、

良さを発揮したと思います。



ポジションを奪われても、交代で出た時には自分にしか出せない良さを発揮して、

ポジションを奪い返すべく努力する、



そんなチーム内のポジション争いでの、

切磋琢磨もあったように思いました。



また、ベンチワークの面でも、変化を出していけていて、

徐々にみがかれていってきていますね。



チーム同士の切磋琢磨だけでなく、選手間のレギュラー争いでの切磋琢磨、ベンチの切磋琢磨、

いろいろな努力と競争が見られたゲームだと思います。



ここでは、甲乙の結果はつかなかったですが、

努力を続け、後半戦では差を出していきたいですね。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0