So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2讃岐戦@フクアリ [プレビュー(2015)]

どうも、わたしです。



プレーオフ圏外で最終戦を迎えるジェフは、

ホームに讃岐を迎えます。


プレーオフ進出へ望みをつなげるためにも、

絶対に勝利が必要な一戦です。



ジェフと讃岐の対戦成績はリーグ戦で、
ジェフの2勝0敗1分け(3得点1失点)です。




ジェフと讃岐の最終対戦は、今年5月にJ2第13節をアウェイで戦い、
1-0で勝利しています。
ジェフ・讃岐共にややメンバーを入れ替えたゲームとなった。ジェフはヤザ・也真人から、水野・アドが先発、讃岐も前線の数人が入れ替わった。ジェフはゲーム開始から積極的にサイドから攻めるが決めきれない。讃岐は5バック気味に引き、前線ではよせず、ジェフはボールを持つ展開となり、膠着した。それでもジェフは前半7本のシュートを打つなど優勢にゲームを進めたが、0-0で前半を終えた。後半に入っても讃岐は引いており、なかなかゲームは動かない。讃岐はFW木島と投入するなどカウンターでの攻めを強化したが、ジェフはよく守り、ピンチは少なかった。逆にジェフは69分にネイツを投入し、76分にケンタローの縦パスを森本がはたいたボールを太亮がクロスを入れ、飛び込んだケンタローがすらしたボールをネイツが押し込んで先制に成功した。その後もジェフペースでゲームが進み、1-0で勝利したゲームでした。


ここ5試合の讃岐は、2勝1敗2分け(6得点4失点)です。
(ジェフは1勝3敗1分け(5得点7失点))
4-4-2の布陣で、やや引き気味にブロックを組み奪うと、サイド攻撃を中心にカウンターが鋭い。サイドハーフ仲間・高木を走らせ、サイドで起点を作り、クロスに飛び込むサイド攻撃が多い。また後半になると木島徹を投入しドリブルを織り交ぜてのカウンターも鋭くなる。攻撃では遅攻になったときに前線に起点ができず、苦戦している。守備ではやや競り合いに弱く、最終ラインがばたつく際に失点している印象がある。



ここまでの讃岐は、
ジェフは、15勝14敗12分け(50得点43失点)で、勝ち点57の8位



個人的注目点を書いていきます



①ジェフらしく高い位置で奪って、押し込む戦いを


最終戦ということで、

やはり最後までジェフらしく戦うことに期待です。


今期のジェフは中盤で奪取して、

どんどん前に入れていくサッカーが主体であると思います。


讃岐はやや引き気味に構えるので、やりにくい相手でもあり、

前半戦ではやはりやりにくさがありましたが、



それでも中盤を制圧して、

押し込む戦いを期待したいです。



相手を押し下げることで、

相手の前線のFWを孤立させ、カウンターも単発にできます。



強いプレッシャーを前に賭けることで、

ゴール前の競り合いも激しくなり、ゴールにつながることも予想されます。



ジェフらしくボールを奪取して、

押し込む戦いに注目です。



②井出くんが起点になる動きに期待


ジェフの攻撃についてです。



讃岐の守備はやや引き気味でスペースを消してくるものと思いますが、

それでもライン間で起点を作り、FWが引きすぎない攻撃をしたいところです。



そんな起点に、

井出くんになってもらいたいと思います。



前節は怪我の影響からか欠場も、

今節は出場が期待されています。


ここまで6得点ということで、得点の期待もありますが、

やはりライン間で仕掛けたり、ラストパスの起点になったりと、



独特なリズムで、

持ち味を見せてほしいところ。



井出くんがライン間で起点となる働きに、

注目です。





③後半最後の粘りで守り切ろう


ジェフの守備についてです。



今年のジェフは、後半最後に失点することが多く、

これが弱点ともなっています。



讃岐は後半にスピードとドリブルテクニックがある木島徹を投入し、

どんどんしかけてくることも予想されることから、


ジェフとしては、その後半の仕掛けにもしっかり押し込まれず対応し、

無失点で守り切りたいところです。



また元ジェフの選手でもある、讃岐の高橋泰選手が今季限りでの退団を発表し、最終戦となることから、

この、高橋の飛込みにも注意したいところ。



最終戦に、なんとしても後半守りきる戦いで、

勝利してほしいと思います。



さて、ジェフは8位に甘んじているものの、

最終戦まで昇格の可能性を残して、戦ってきた。



この状況はもはや、開き直るしか、

ない位置である。



まずは勝利をつかまないことには、

どうにもならないのである。



自分たちの可能性を途切れさせないためにも、

まずはこのゲームを何としても勝利したい。


得失点差も影響するため、1点でも多く、1失点でも少なく、

闘わなければならない。



複数得点と、後半最後の失点は、

今期、ずっと課題だったところである。



これを何としても克服し、

6位をなんとか手繰り寄せよう。




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0