So-net無料ブログ作成

サポーターも我慢と成長の時、献身的な応援に徹しよう [ジェフサポ]

どうも、わたしです。


スポーツナビに、

ジェフに関するコラムが載りました。


名門再建へ、J2千葉が抱えるジレンマ「今季こそ」昇格への思いは結実するのか(スポーツナビ)


もしかしたら、現時点では1つの形を作る、枠にはめることの方が結果につながるかもしれない。しかし、鈴木淳監督は「選手たちには幅を持ってほしい」と話す。「将来につながったり、勝利するということはそういうこと。たとえば、他のチームに行った時にでも活躍できるようになってほしい。ここではできるけど、他ではできない、ではダメ。それまでのチームでは良かったけど、他のチームに行って戦術が変わると全くダメになる選手がよくいるけど、そういう選手にはなってほしくない」。(上記リンクの本文より)



一部分だけ抜粋したので、

文意が全部伝わらないかもしれないですが、




鈴木監督の考え方、

指導の仕方というのには、わたしは共感を持って見ています。




チームとしての成長、選手としての成長が無ければ、

付け焼刃で、どうにもならないと思うのです。



言われた通りに、

イエスマンで、型どおりにやるというのでなく、



自分の頭で理解し、自分たちで最大の力を発揮するためにどうするのか、

試行錯誤してやることにより、成長と安定した実力が生まれるのではないかと。



つまりは、幅をもって、

考えてプレーするということです。




そこに、選手を信頼して、

ある程度の自由度を与える鈴木監督の指導というのは、



素晴らしいものだと思います。




おそらくは、今期ジェフの監督をやるにあたり、

勝利を命題とされたことへのフロントからのプレッシャーは相当なものだと思いますが、




チームのため、選手のため、我慢に我慢を重ねて、

いい指導方針をとっているなあと思います。



そんな鈴木監督の指導をくみ取って、プレーが見えているのが、

やはり中心選手たちから発揮できてきたように思います。



ここ2戦のこのブログ記事で書いていますが、

勇人選手のダイナモとしての動きというのが、非常に光っており、




攻撃でも守備でも、素早くいろいろなエリアに動きまわり、

各エリアで数的優位を作り、フォローに入ることで、



チームに足りない部分を補い、活性化させるとともに、

自分自身の勇人らしさを存分に発揮していると思います。



また、智・竹内のCBコンビが、

前に出てくるケースというのが増えており、



コラム中に出てくるラインをあげる目的であげてくることにより、

シンプルに素早く、相手の前に出てパスカットができるとともに、



まだ不安定さもありますが、あげていったままに攻撃参加し、

ゴール近くに顔を出し、相手の予想を裏切るプレーに相手に脅威を与えているように感じています。




こういった、幅のある、

また、チーム全体でこういう考え方でどうだろうという、統一的な動きを持ち、



不安定さが無くなるまで、試行錯誤を重ねれば、

成長したチームを作り上げられるように思います。




ただ、そこにたどり着くために、障害となるのは、

今期ジェフが掲げた、”絶対J1”という命題ではないかと思います。



すぐに勝ち点をあげなければいけないという焦り、

首位を走らなければならないという、周りのあおり、



これが、監督の我慢を無駄にし、

選手が、成長するのに対する、焦りを生んでしまうのでは?と、危惧します。



昨年優勝の甲府は、

現時点と同じ、第13節時点での順位は、9位。




2011年に3位で自動昇格した札幌は、

13試合経過時点での順位は、11位でした。




そんな過去のデータを見ても、目先の勝ち点のため後半戦失速するより、

前半戦しっかりチーム作りをすることは、間違いでないと思うのです。




なので、強いチームを作っていくためにも、

選手たちには、焦らず、自信をもって試行錯誤してほしいと思います。




J1昇格という命題のほか、レギュラー争いや、選手としての生き残りなど、

選手たちは多くのプレッシャーを持って臨んでいると思いますが、




一人が焦り、自分の目標のみを追い求めたりすることで、チームの目指すものは崩れてしまい、

鈴木監督の想いというのは、伝わらなくなってしまう恐れもあると思うのです。



選手が与えられた幅を、チームの中でどう活かすのか、

これを模索するには、焦らず、自信を持って取り組める環境が必要かなと思います。



そんな焦らせない存在にならなければいけないと思うのが、

サポーター。




ここ数年、ジェフサポーターは、

焦っているように思います。




前半が悪ければブーイング、点がとれなければブーイング、

それは、選手を鼓舞する・お尻を叩くというより、焦らせていないかと。




わたしが思うに、

いまは、サポーターにとっても我慢の時、



そしてサポーターも、

成長すべき時。




目先の得点や、目先の勝ち点にとらわれず、

我慢を重ねてはどうだろう。



選手たちは、自分の与えられた幅を活かすため、

真剣に考えてトライしていると思う。



それが、チームにフィットするには、

時間がかかると思う。




そんな時は、サポーターも、

我慢のとき。





結果が出ない時も、ぐっと我慢し、

献身的な応援を続けよう。




それが、われわれにも鈴木監督から託された、

成長という命題なのかもしれない。




焦らず、成長を目指し、黙々とやっていけば、

必ず結果につながってくる時が来るだろう。



それまで、我慢の時、

サポーターも、献身的に応援を続けていきましょう。






にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

タグ:教育
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0