So-net無料ブログ作成

結実-水戸戦即レポ [即レポ(2012)]

ジェフ1-0水戸


どうも、わたしです。



”僕の我慢がいつか実を結び、果てない波がちゃんと止まりますように・・・・”
(一青窈:ハナミズキより)


わたしは、録画観戦です、

あしからず。




先ずは、アウェイ参戦していただいたサポーターの皆様、

お疲れ様でした。


試合開始前に水戸のチャントより早く始まった、

”オイオイオー、チバ”がスタジアムに響き渡り、

アウェイでの意気込みと、この大事な一戦への決意が感じられました。



さて、

試合は、

水戸という成熟したチームに対し、

我慢に我慢を重ねる内容となりました。



序盤から中盤での玉際の攻防が繰り広げられると、

両軍一歩も引かず、激しく競り合いました。



両軍の選手誰もが、気迫をもってボールに行き、

スペースを埋めるべく走り回ったので、

ボールは落ち着かず、シュート少ないゲームとなったが、

とても見ごたえのある、

一進一退の素晴しい攻防となったと思います。



その中で、

徐々にジェフが相手の玉際への突進をいなし、

パスワークがつながり、

自分達のサッカーを徹底するようになって行きます。



中盤で、相手のプレッシャーをギリギリかわし、

細かくパスをつなぐと、

サイドをうまく使い、クロスへという流れが、つかめてきます。



この相手の中盤のプレッシャーに削られながら、

相手のラフプレーに痛みつつもギリギリかわし、

パスをまわせるようになったのが、

我慢の一つ目。



クロスは入るようになり、

カウンターでゴールに迫るようになるが、

決定機にも、

相手DFやGKの気迫の守備で、

ぎりぎりでゴールを奪えない。



ここでゴールを奪えず、

相手の一撃に沈んでしまったのが、前節だが、

ジェフは、ここで集中が途切れなかった。



ここが、

我慢の2つ目。




そして途中交代で入った佑昌は、

相手のコーナー付近での判定に泣かされ続けるが、

前へ向かい、

ゴール方向へ詰め続けた。



水戸は、同サイドからの攻撃を増やしており、

大岩も攻めあがることから、

佑昌がゴール前に詰め続けるというのは、

リスクも負った攻撃だっただろう。


これが我慢の3つめである。




そして、この我慢が、

結実する。



右サイドから駆け上がった深井がクロスをあげると、

ゴール前の藤田、そして詰めていた佑昌の頭を越え、相手DFにクリアされる。


しかし、逆サイドに上がってきていた大岩が走りこみ、

キーパーと競り合いからパスを出すと、

ゴール前に詰め続けた佑昌が、

ゴールに押し込んだ。



玉際で競り続け、

ゴールに向かい続け、

そして、

リスクを負ってもゴール前に詰め続けた、

ジェフのチームとしての我慢が結実した勝利と、

言えるでしょう。



”僕の我慢がいつか実を結び、果てない波がちゃんと止まりますように・・・・”




強い結束した相手に対し、

我慢に我慢を重ね、

自分達のサッカーを貫き、

貪欲にゴールを目指した結果の勝利です。



そして、”果てない波”であった、

アウェイでの嫌な流れも、

止まりました。



我慢からの結実。




この勝利は、

ジェフの流れを変える、

大きな転機になるように思っています。




素晴しい、

勝利でした。





さて、

ジェフは、

前半戦の天王山のひとつと目される、

強豪との試合を、




我慢を重ねた末、

劇的に勝ちきった。




われわれは、

昨年、

ドワイト体勢を崩壊させられ、水戸の結束を思い知らされたこの地での、この対戦カードで、

自分達のサッカーを貫き、

強い相手を突き破った。




この勝利は、

ジェフのサッカーが間違っていないこと、

そして、

今期のチームの結束と、

ぐっと我慢し自分達のサッカーを徹底できるほどの采配への信頼を証明した。



この勝利は、

われわれジェフにかかわるもの全員の、

誇りだ。



この勝利を橋頭堡に、

進軍せよ。



戦いは続くが、

我が軍は自信をもって戦い、

勝利し続けるだろう。



必ず、

この今日の我慢が、

さらに、大きな実を結ばせる日が来る。




がんばれ、ジェフユナイテッド。




にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0