So-net無料ブログ作成

明日はJ2水戸戦@Ksスタ [プレビュー(2012)]

どうも、わたしです。


前節、栃木アウェーでいい流れの試合を落としたジェフは、

アウェー2連戦目となる水戸へ乗り込みます。



昨年の順位17位から、

今期は一気に昇格のダークホースとなろう水戸とのこの一戦は、

早くも前半戦の天王山の一つと見ています。



なんとしても勝ち点3を奪い取り、

昇格への試金石としたい一戦です。




対戦成績は、リーグ戦でジェフの2勝2敗0分け(アウェイ0勝2敗0分け)
通算で、ジェフの3勝2敗0分け(アウェイ0勝2敗0分け)です



最終対戦は、昨年12月に第38節をフクアリで戦い、2-1で勝利しています。
昨年の最終節となった試合でしたが、ジェフは前半ポゼッションから崩していく形ができており、水戸のミスにも乗じ2点を奪う。後半水戸のスタミナと圧力におされぎみになり1点を失うが逃げ切った試合であったと、記憶しています。



最近5試合の水戸は、2勝1敗2分け(5得点2失点)で、J2トップの少失点(2失点)も、ここ3試合は無得点と、攻守のバランスは課題ですが、得点力に問題があるわけではなく、吉原のケガからの復帰など明るい材料がでてきています。闘将柱谷監督が昨年鍛え上げたバックボーンを基礎に、今年も尽きない気迫とスタミナを持ってしっかりしたチームを作ってきています。


水戸は3勝1敗2分けで勝ち点11で、6位。
ジェフは、3勝2敗1分けで勝ち点10で、7位。




個人的な注目点を書いていきたいと思います。



①堅実な水戸を堅実に崩せるか


水戸の強さの要因は2つあり、

1つは、サボらないこと、

2つめは、最後まで尽きない闘争心とそれを支えるスタミナ、

であると思います。



サボらずにしっかり体を入れてボールへ来るので、

攻撃でも守備でもしっかりした玉際の強さを持っていて、

サボる選手がいないので陣形も崩れず、

いるべきところに選手がいます。



そして、そのサボらない姿勢を90分間継続する、

飽くなき闘争心とスタミナがあります。



この2つが、

現在のJ2トップの堅守を支えていると思います。




この堅守をどう崩すかが、注目点です。





後述しますが、

ジェフ側は、自分達のパスサッカーをサボらずに堅実にやることが、

求められるのではないでしょうか。



誰かがサボり、

ボールを受けに行かなかったりすれば、

他がいい攻撃をしていても、それで台無しです。



誰かがサボり、

ディフェンスでゆっくり走り、マークを空ければ、

他がしっかり守っていても、それで台無しです。



水戸の堅実なサッカーは、

その穴を見逃さないでしょう。




全員が、しっかりと役割を果たし、

ジェフのパスサッカーをすること、

これが求められると思っています。




②堅い守備をショートパスと強引なプレーの組み合わせで崩したい



ジェフの攻撃についてです。



前述のように、

水戸の堅守は、玉際でしっかりサボらないことにより支えられていると思います。



これを崩していくのは、

しっかりした自分達のパスサッカーであると、

書きましたが、

それだけだと、物足りないと思います。



前節のレポートで書きましたが、

ジェフの攻撃は、単調になりがちで、

個人プレーでアクセントが必要だと思っています。



ドリブル突破、ミドルシュート、オーバーラップなど、

相手の予想を裏切り、

相手に守備の警戒する選択肢を増やし、

混乱に陥れるような、

個人プレーを織り交ぜることが、必要でしょう。



また、

水戸は、安定した攻撃には堅い守備力をもっていますが、

北九州のように勢いある攻撃で、予想できないプレーには崩されていて、

現に北九州相手には、失点し、敗戦しています。



レジナルドや兵働、深井の、

相手の意表をつく攻撃がアクセントになってくれると思います。



ただ、大事なのは、

やはり自分達のパスサッカーをしっかりやることです。




自分達のパスサッカーと、

アクセントとなる個人プレーで崩していく攻撃に、

注目です。



③高い位置からの徹底的なプレッシャーを
④最後まで精神力で負けるな


ジェフの守備についてです。


水戸の布陣は、

FW:鈴木隆之、トップ:下橋本、ボランチ:ロメロフランクと村田のしっかりしたセンターラインと、

SH:小澤、島田、SB市川、輪胡らのスピードあるサイドの、

いい組み合わせになっています。



しっかりしたセンターラインで、しっかりボールを抑え、

サイドから素早く展開し、

最終的にはゴール前でまたセンターラインの選手がしっかり抑えて、

ゴールに押し込む、

一連の流れになろうかと思います。




ジェフとしては、この流れを切るために、

しっかりと高い位置からプレッシャーをかけ、

徹底的にボールをまわさせないことを期待したいと思います。



水戸のボランチ、ロメロフランク、村田のコンビが、

安定感があり要注意だと思っています。



ここで、しっかり守られ、ボールを抑えられてしまうと、

サイドへの展開、ゴール前へと、攻撃に転換し、

水戸は、玉際強く、ボールを失わずに進めてくるでしょう。



この相手ボランチのところで、

しっかりボールを留めて、奪えるよう、

高い位置からのプレッシャーに期待したい。



そして、最後まで、

精神力、闘争心で負けないこと。



水戸は、90分間、最後まで戦ってきます。



ジェフも闘争心で負けられません。



90分間最後まで、

闘争心をもって、

プレッシャーをかけ、

強い競り合いを魅せて欲しいと思います。






さて、アウェイで、

ジェフは強敵と対戦する。



昨年の水戸アウェイでは、

ジェフはドワイト体制にとどめを刺される敗戦を喫した。



ジェフのチームの絆がもろく、

柱谷監督率いる水戸のチーム力を見せ付けられた結果となった。



今期、

水戸は柱谷体制2年目で、昨年からの積み上げにより、

さらに強固な絆のチームとなった。



しかし、われわれは、

負けない。




ジェフユナイテッドは、

今年、

生まれ変わった。



全員が動き、

ボールを動かし、

走り、

勝利へ向かうチームへ、

変わったのだ。



この一戦は、

われわれのチームの変化が正しいことを証明するゲームである。



そして、昇格に向け、

ここで連敗することも許されない。



勝利をもって、

昨年、体勢を奪われたチームから、

生まれ変わったわれわれの力を証明しよう。



さあ、戦いの時間だ。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

WAON_WAON

こんにちは。
栃木での悔しい気持ちを水戸に置いてきたいと思います。
藤田選手、荒田選手にも頑張って欲しいですね。
by WAON_WAON (2012-04-07 17:41) 

nuruinu

>WAON_WAON さん
こんばんは!!
今節は絶対に勝ちたいですね。
選手達も前節の悔しい思いをぶつけてくれるでしょうし、監督も古巣戦で思うところがあると思います。
水戸現地での応援、よろしくお願いします!!

ではでは
by nuruinu (2012-04-07 22:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0