So-net無料ブログ作成
検索選択

《プレビュー》明日はJ2湘南戦@フクアリ [プレビュー]

※8月15日分の更新です。


どうも、わたしです。


前節劇的なアディショナルタイムのゴールでホームで連勝を飾ったジェフは、

ホーム連戦に首位湘南を迎えます。



首位チーム相手に、ホームの利も生かし、

勝利を掴んでいきたい一戦です。



前節の湘南は、2-0(対長崎)で勝利しています。
3-4-3を基本に、メンバーは入れ替えながらも、ぶれない戦い方で昇格圏を維持している。コンパクトな布陣でボールの入り先を作らせず強い球際で奪うと、スペースでパスをつなぎスペースに動いてゴールへ向かう。前線のFWジネイによくボールが収まり、ジネイ自身もまえをむいてくるが、まえ落としたボールに2シャドーの表原・斎藤・山田らが絡んでの攻撃は鋭い。さらにWBやボランチも攻撃参加してきて厚みがある。一方で攻撃参加した際は別の選手もバランスを取っており、守備は堅い。攻守に安定しており、なかなか穴が見つからない。


個人的注目点を書いていきます。



①相手のバランスを崩す速さのある攻撃を



湘南のサッカーは選手がかなり流動的に動いてスペースを使ってきますが、

その分選手間でバランスを取って、穴が開かないサッカーをしているように見えます。


そのため、得点力ではそれほどJ2で上位ではないのですが、

失点が少なく、昇格圏を維持しています。



ジェフとしては、点を取るために、

そのバランスを崩さなければいけません。


そのためにも、早さのある攻撃で、

崩してほしいと思います。


横へ、縦へ、一つ一つのパスを早く、

さらに前への動き出しを早く、相手に後手を踏ませて攻め切る、そんなサッカーを見せてほしいと思います。


②連動した速攻で攻め切ろう


ジェフの攻撃についてです。



上にも書いたように、湘南の守備は堅く、

特にコンパクトな選手間を突破しなくてはいけません。



ジェフとしても、攻撃の選手間を狭くし、

一気に突破していくような動きが必要でしょう。



そんな中、選手の連動性が、

大事だと思います。


縦パスに呼応して、ほかの選手がボール近くに入っていくような、

そんな動きがほしいと思いますし、


ロングボールがターゲットに入った形に対し、

スペースに動くような動きが必要だと思います。



連動した速攻で、

攻め切ってほしいと思います。



③FWジネイをしっかり抑えよう


ジェフの守備についてです。


湘南の攻撃はスペースに動き出してくるので、ジェフとしてはコンパクトを維持し、

すべてのエリアに気を配らなくてはならないので、容易ではありません。


ただ、その中でも大きな要素として、

FWジネイをしっかり抑えることだと思います。


FWジネイが前線でしっかり収め、後ろを向いてのポスト役も、前を向いての起点も、

多くの役目をこなす、万能型となっていると思います。


ここを起点に、後ろからシャドーやWBらがスペースにあがってくると、

シュートまでつながってしまいますので、


ジェフとしては、

ジネイにはいるボールを抑えたい。


ハイラインでしっかりラインをあげつつ、

ジネイのマークを外さない、そんな守備が必要でしょう。



CBやボランチがジネイの位置を把握して、

しっかり押さえてほしいと思います。



さて、ジェフはここまでホーム無敗で来ており、

ここで首位湘南を迎えるこのゲームは、非常に緊張感のあるゲームであろう。



ここまで作ってきたチームが、

どれだけ首位チームに通用するか、試されるゲームでもある。



ジェフが昇格を果たしていくためには、

乗り越えなければいけない壁であろう。



首位相手にホームで勝利を掴み、

まずはプレーオフ圏に上がっていこう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スペースをうまく作り出し後半はペースを握る<2017年J2第27節山口戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ2-1山口


どうも、わたしです。


前半はぴったりマンマークにつかれてしまい、前を向けず、まったく起点が作れませんでしたが、

後半は劇的に改善し、前を向いてプレーできました。



うまくスペースを作り出した、

そんな作戦があったと思います。


内容を簡単に振り返ります。



ゲームはやや山口が積極的に入るも徐々にジェフがボールを持ち、山口が守備的に戦う展開となった。ジェフがボールを回し、サイドから崩しにかかるものの、山口のマンマークにぴったりとつかれ、起点ができない展開が続いた。中央でもサイドでもボールの入り先で抑えられてしまい、起点ができず、前半はシュートも少なく0-0で終えた。後半に入ると、 流れが改善。裏へのボールを増やすとマークがはがれ、スペースを使っては、敵陣へ攻め込んだ。57分に左サイドから追い抜いた乾のクロスを、キーパーがはじいたところへ、也真人がボレーで合わせ先制に成功。後半はジェフがペースを握り攻め続けるもなかなか点が奪えないでいると、89分、カウンターからのスルーパスを倒してしまい、PKを与え、決められて失点。パワープレーで近藤をFWにあげると、これが的中。90+3分、為田の右からのクロスを指宿がすらし、近藤が折り返したボールに、清武が詰めて2点目を奪った。これが決勝点となり、2-1で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。


①スペースをうまく作り出し後半はペースを握る


ジェフは前半は山口のマンマークの守備にぴったりとくっつかれてしまい、

起点ができませんでした。


縦パスが入っても後ろにぴったりくっつかれてしまい、前を向けず、

戻すしかなかった印象でした。


動いてもマンマークでついてくるので引きはがせず、

どうしたものかと思っていました。



それが、

後半に入ると、劇的に改善しました。


ジェフは、裏へのボールをどんどん入れるようになると、

相手の最終ラインは裏へのボールも警戒すると、ややラインが下がり、ぴったりついていたマンマークがはがれたように思います。


また、ラリベイらがやや下がって受けて、センターバックを揺さぶる動きもあり、

相手のディフェンスラインがばらつき、前線との距離も離れ、スペースが空いたように思いました。



全体的にスペースができたので、ジェフは前を向いてボールを扱い、

おさめている間に、後ろから追い抜いていく動きもでき、ペースを握りました。


わたしの考えでは、前線が流動的に動いてマークを引きはがすしかないかと思っていたので、

効果的に、マークを引きはがし、スペースを作る流れができたと思います。



ジェフは前半がうまくいかなくても、後半に向けてうまく対策をたて、

それを、選手が組織的に実行できるようになってきたように思います。


おそらく、山口は前半は手ごたえがあったと思いますが、

後半は、しんどい時間だったと思います。



局面を個で打開するだけでなく、うまく対策をたてて組織で打開していけるというのは、

大事な要素と思います。



試合前までに対策を立て、最初からうまくいけばそれに越したことはないですが、

うまくいっていなくても適宜修正する、そういう柔軟さも大事でしょう。



相手のサッカーに対し、組織的に対策し、

修正をはかる、そんなサッカーを今後も続けていってほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジェフレディースがカップ戦優勝!見事なリベンジでした! [ジェフレディース]

どうも、わたしです。



おめでとう~~~



なでしこリーグカップ決勝を戦ったジェフレディースは、

1-0で浦和Lに勝利し、見事優勝を果たしました。



昨年はおなじ決勝の舞台で王者日テレに0-4敗戦という悔しい結果でしたが、

見事にリベンジの優勝を果たしてくれました。



今年はさらに、エースの菅澤選手も移籍し、まさかの決勝で対戦ということになり、

前線の核と得点源を失うという始まりでしたが、



全員で走って、チームを作る、

見事なサッカーを見せたと思います。



今日のゲームは、わたしは後半だけ見ることができましたが、

浦和がボールを回し、ジェフはコンパクトにプレスをかけカウンターを狙う展開が多かったように思います。



後半の終盤は、ジェフは疲れが見え、コンパクトもなくなってきて苦しい時間もありましたが、

全員で走ってカバーし、ぎりぎりの守備を戦い切りました。



そして後半のアディショナルタイム+2分のラストプレー、

中盤でドリブルした瀬戸口さんが、そのまま持ち込んで、スーパーミドルでゴラッソ!



中盤の底で縁の下の力持ちに徹した瀬戸口さんがゲームを決め、

劇的な勝利となりました。



本当に苦しいゲームでしたし、シーズンとしても苦しいシーズンでしたが、

よく優勝を果たしてくれたと思います。



このカップ戦、4強はジェフの他、INAC神戸、日テレ、浦和でしたが、

代表選手を多数擁し、個の力では劣る部分もありました。



ジェフは、山根選手の海外挑戦もあり(今回チームに帯同しバックアップはしてくれていますが)、

ジェフには代表選手がいない状況でもありました。


もっとも、ジェフの選手のレベルも高く、高倉代表監督の好みと合わないという面も強いと、

わたしは思っていますが。



ただ、三上監督の指導の下、よく鍛え上げ、

走って勝てるチームに、作り上げてきましたね。



昨年までもよく走れるチームでしたが、

今年は見るからに絞れており、よく鍛えているなあと感じます。



トップチームのようにハイラインハイプレスにもみえる高い位置からのプレスとコンパクトな守備で、

相手を苦しめていったと思います。



全員で走り、全員でゴールを目指す、

まさにWINBYALLのサッカー。



この優勝は、

ジェフの誇りですね。



また、優勝した現選手、現監督コーチの功績は素晴らしいですが、

前監督であるジャンボさんこと上村監督の功績も思い出したいと思います。



更迭ということになり、被害者もいることで残念ですが、

彼のやってきたチーム作り、なでしこリーグへの貢献というのは、素晴らしいものと思います。



あらためて、

ジェフレディース優勝おめでとう!


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ