So-net無料ブログ作成
レポート ブログトップ
前の3件 | -

ツインタワー+船山の形も面白いと思いました<2018年J2第15節横浜FC戦@ニッパツ> [レポート]

ジェフ3-3横浜FC


どうも、わたしです。


今節は、ラリベイと指宿のツインタワーと1列下に船山が入るという形でしたが、

よかったように思います。



前線で良く収まるとともに、距離感も近く、

新しい形になってくれればと思います。



流れを簡単に振り返ります。

ゲームはジェフがボールを持ちサイドを中心につなげていき、コンパクトを作る形で始まった。しかし7分、横浜FCが前線のライン間でつなぐと、北爪からのラストパスをライン裏で受けた野村が決めて失点してしまう。前半はジェフがボールを持ち、横浜FCのサイド裏に入れていく形も作るが、収まり切れず、前半は0-1で終えます。 後半に入ると、ジェフは早めにFWに入れて起点を作るも、横浜FCの布陣が崩れず、逆にカウンターを受ける回数も増える50分に右サイドのスローインを指宿が受けるとドリブルで侵入、クロスを船山受けてシュート、ゴールし同点となった。61分にカウンターを受けると、北爪のドリブルからクロスを佐藤謙が決めて2点目、63分には、中盤でうばわれると、パスをつながれ、レアンドロドミンゲスにミドルを決められ3失点した。すぐの65分にサリーナスのクロスが流れて逆サイドで受けた茶島がさらにクロス、 中央で受けた船山が決めて2-3となった。その後近藤を前線に投入するなどパワープレーを続けると、90+6分に前線の浮き球を清武が決めてゴール、3-3の引き分けとなったゲームでした。



思うところを書いていきます。



①ツインタワー+船山の形も面白いと思いました。



今節はラリベイ・指宿のツインタワーと、

1列下に船山が入る並びとなりました。



ここまでジェフはFW3人を入れる場合は、トップに長身の選手と、大きくサイドに開いた位置に2人が入りましたが、

トップのラリベイらとの距離感が遠く、ボールがなかなか収まらないように感じていました。



今節のツインタワーの形では、どちらかの選手に収まったところと船山の距離感が近く、

船山が追い抜く形で前を向くことも多かったように思います。



特にカウンターで力を発揮し、押し込まれたところからクリアボールをラリベイが収め、

船山が受けてカウンターをかけるような形が多かったように思います。



前線の距離感が近く、収まるようになるので、

スピーディな攻めができるように思います。



また3人とも運動量もあるので、サイドに顔を出すことも多く、

サイドで収まる形もできるように思いました。



ジェフの新しい形として、

機能していくと面白いなと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

圧がかかると苦しくなるのは変えたい<2018年J2第14節新潟戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ1-2新潟


どうも、わたしです。



ジェフは先制するまでは前からの圧力がかかっていましたが、

先制後は新潟もコンパクトになり、逆にジェフが圧力を受けるようになったと思います。



圧を受けた時に、いなせる力が、

必要にも感じます。




内容を簡単に振り返ります。

ゲームは、両軍前に入れていき圧力をかけて始まるが、 徐々にジェフがボールをもって回す時間がとれ、ペースを握った。やや新潟は寄せが弱く、ルーズだったもののジェフが決めきれないでいたが、21分に、左サイドで為田がドリブルで振ってマークを外してクロスを上げると、クロスにラリベイが合わせて先制に成功した。先制後もジェフがボールを持つ時間が取れるが、新潟はコンパクトに圧力をかけるようになり、ジェフも崩せないものの、前からのプレスがはまり、ジェフペースで前半を終えます。後半に入ると、新潟は高木善・矢野らを起用し、新潟はよりスペースで受ける動きを増やすと、ジェフのプレスがかかりにくくなり、スペースを使われるようになった。徐々に陣がばらけてくると、67分に新潟に前線でつながれると、渡邊新太に決められ失点、75分にもサイドからの大きなクロスに渡邊新太に決められ、逆転をゆるした。ジェフはバランスを整え攻撃にうつろうとするも、新潟の圧力を受け切れず、圧されたまま、1-2で敗戦したゲームでした。



思うところを書いていきます。


①圧がかかると苦しくなるのは変えたい



ジェフは前半は前から圧がかかり、

有利にゲームを進められたと思います。



新潟がややルーズな時間帯にしっかり先制し、

優位なペースでありましたが、



先制後は新潟もコンパクトにしてきてジェフに圧がかかるようになり、

後半は形成が逆転したように思います。



ジェフは単発な寄せに対してはパスで逃げることができますが、

組織的にプレスがかかってしまうと、対抗することができないように思います。



今節は、後半は特に新潟の方がコンパクトになり、

囲まれてしまうことが多かったように思いました。



ボールを逃がすものの後方で追い込まれてしまったり、

前線に出すものの、前線では収まらないなど、問題点があると思います。


理想としては、プレスをかけられたところでうまくいなし、

逆にチャンスに変えることもできるはずですが、



まずは、相手のプレスがかかる時間帯は、

ちょっと割り切って引くのもいいのかもしれません。



どちらにしても、中途半端になるのではなく、

相手の圧をかわすことが必要なのだと思います。



相手の圧をかわし、得点につなげる力を、

つけていってほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ライン間があいてしまうとセカンドが取れず苦しいですね<2018年J2第13節大宮戦@NACK> [レポート]

ジェフ1-0大宮


どうも、わたしです。



ジェフは大宮ペースのゲームを何とかものにし、

勝利しました。



ライン間があいてしまうことでセカンドボールが取れず、

苦しんだゲームにも見えました。



流れを簡単に振り返ります。

ゲームは序盤から大宮がスペースにつないでペースを握り、ジェフは大宮の早い寄せになかなか収まらない展開が続いた。ジェフは5バックで両WBも押し込まれる時間が長く、サイドから攻めるのに時間がかかり、前線に収まらず、ペースが作れない展開が続いた。大宮はジェフの陣内に上がってくる前への圧力も強く、ジェフ陣内に攻め込んで前にこぼすシーンが多かったが、ジェフは何とか守りきり、0-0で前半を終えます。後半に入っても、ジェフはやや前線が遠く、ペースが握れないが、丁寧にサイドから攻める時間を増やすと、60分に、サイドへの縦パスを受けた矢田が、追い抜いていくサリーナスにつなぎ、サリーナスのクロスを、飛び込んだ小島が前にこぼし、小島が落ち着い決めて先制に成功した。その後はジェフはラインを下げ、大宮の攻撃陣に対し前向きに当たれる時間が増え、やや安定。しかし守備の時間が長く足の攣る選手が続出するなどで、押し込まれた。ラスト20分くらいを大宮の攻撃を受け続け、シュートを体を張って止め続け、何とか守り切って1-0で勝利したゲームでした


思うところを書いていきます。



①ライン間があいてしまうとセカンドが取れず苦しいですね



ジェフは今節は、ボールを持つ時間がかなり短く感じましたが、

セカンドボールが取れず、相手にボールがいってしまうことが多かったように思います。



全体的にラインとラインの間が空いており、

大宮にそこに入り込まれ、相手が拾っていたように感じました。



序盤から、ジェフはラインを極端にはあげず、

ライン位置の調整があったと思います。



前線がプレスに行くにもかかわらずそれほど後ろが上げて来なければ、

ライン間が開いてしまい、




ひっかけても、相手が拾うというシーンも、

多かったように思います。



先制をすることで、全体がさらに下がったので、

逆に低い位置でライン間があけることが少なくなり、



押し込まれてシュートは浴びたものの

安定したような印象でした。



やはり、全体的にライン間をあけないよう、前と後ろが連動した上げ下げが、

必要と感じます。



後ろが上げるだけでなく、

後ろがさがれば、前もプレスバックすることも必要でしょう。



ライン間があかなくなれば、選手間の距離が近くなり、

こぼれたセカンドボールが回収できるようになり、ポゼッションも大きく改善するとともに、



カウンターがかかる回数も増え、

得点につながっていくように思います。



ラインどりをうまく調整し、

距離感の近いプレーができていったらいいなと思います。





がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - レポート ブログトップ