So-net無料ブログ作成
検索選択
即レポ ブログトップ
前の3件 | -

後手-松本戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-3松本


どうも、わたしです。



ジェフはアウェイで、

初黒星ということになってしまいました。



いいところを消されてしまい、

後手に回ってしまったかなと思います。



さて、ゲームの流れでは、ジェフが積極的に前に出ていき、

ボールを握って始まった。


サイドチェンジを使いサイドで起点を作りスペースへ繋いでいくが、

得点までは至らない。


やや展開が落ち着いてきた24分、松本にサイドの裏で起点を作られると早いクロスを合わせられ、

失点してしまう。


やや松本は守備をセットし、ジェフがボールを回す展開となったが、

前線で起点が作れず、崩せない展開が続き、前半を0-1で終えた。



後半に入ると、すぐにサイド裏で起点を作られCKを与えると、

46分にそのCKから失点。



55分にもセットプレーから失点し、

0-3となった。


ジェフは新加入の指宿、キムボムヨンらを投入し、4バックにするなど変更。

72分に指宿が収めたボールから清武が決めて、1点を返す。


その後ジェフがボールを持ち、崩そうとしたが崩しきれず、カウンターを受ける場面もあり、

なかなかいいところが出せず、1-3で敗戦となったゲームでした。




さて、ゲーム全体で、

ジェフはいいところが出せず、あいてにいいところを消されてしまったように思います。



今期のジェフは、

ラインの高さや前からのプレスなどが特徴になってきますが、



相手に対しては、常にボールに対し先手を取り、

相手が後手に回ることで良さを出していくチームではないかと思います。



そもそも相手はこんなコンセプトのチームと戦ったことがなく、

慌てていると思いますが、


玉際でもジェフが強く来るので、裏に出されてしまい、

相手は後手に回ってしまうことで、ジェフのイケイケのペースを作り出していくイメージだと思います。


しかし、今節は、松本は落ち着いて対応しており、

ジェフより一歩上で戦っていたように思います。



松本は戦術的にも相手に少しボールを持たせてリアクション的に戦う面もあり、

玉際も強く、寄せられてもボールを失わないところがあります。



ジェフはどんどん寄せて、相手を慌てさせ、ペースに持ち込みたかったですが、

松本には変なところにこぼしたりせず、落ち着いて対応されてしまったように思います。



逆に、サイドが高く上がった裏のところで起点を作り

ゴールまでは遠くても、早くクロスを入れて、得点するという流れは、



松本が最初から準備していたところにジェフがはまってしまい、

流れ的にも先に失点する形の、後手に回ってしまったと思います。



松本は、先制できればやや引いてセットして守ることもしやすくなるので、

ジェフはより相手を慌てさせるような攻撃というのは難しくなってしまったように思いました。



ただ、後半に指宿選手を投入し、4バックにしたことで、

サイドの起点が増えたり、前線のターゲットがはっきりしたことで、攻撃のバリエーションは増えた感じがしました。



まだ、相手を慌てさせるほどの熟練度はないですが、

変化をつけることにつながっていくと思います。



後手を踏んでの変化というのはジェフらしくなく、

今期は常に先手先手を取って、相手を慌てさせるパシオンなサッカーが見たいところ。



4戦目での初黒星となってしまいましたが、

よりチームの理解を深めて、先手を取る積極性でリーグの台風の目となっていきましょう。




がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

群猟-名古屋戦即レポ [即レポ]

ジェフ2-0名古屋


どうも、わたしです。



ジェフはエスナイデル体制でのホーム初勝利と、

なりました。


個で戦ってきた名古屋を相手に、

猟犬が群れで狩りとった、そんなゲームになったと思います。



わたしは、

DAZN観戦です、あしからず。



さて、ジェフは序盤から高いラインで前線でコンパクトを作り、

ペースを握った。


名古屋はやや距離感が開いて布陣したところのボールホルダーにどんどん寄せ、つながせない守備を見せると、

奪ってからも、ライン間で起点を作り、コンパクトな布陣のまま攻め、ゴールに迫った。



ペースを握り続けるも、なかなかゴールが奪えなかった44分、

FKを得たサリーナスがキッカーとなると、西野が合わせて先制に成功。



豊富な運動量と早い寄せもあり、

ペースを握った前半を、1-0で終えます。



後半に入るとやや名古屋の圧力が強まりボールを持たせる場面も増えるが、

ジェフはコンパクトを維持し、ボールを入れさせず、相手に高い位置で起点を作らせず、狙ったサッカーをさせない。


コンパクトな早い寄せを続け、プレスは落ちたものの、

相手にペースを譲らずに進めた。


相手が前に出てきた90+3分、カウンターからゴール前でフリーとなった清武が流し込み、

最後は2-0で勝利したゲームでした。




さて、ゲームは今期のジェフの真骨頂を見せたような、

素晴らしい内容であったと思います。



名古屋は個が強く、やや選手間が開いた布陣であったと思いますが、

そんな相手の布陣を積極的にラインをあげて押しつぶすと、



相手のボールホルダーへは、早い寄せでつぶしては、

早い攻守の切り替えで攻撃へ転じるサッカーを見せました。



また、セカンドボールや相手のボールの入り先にも、相手より先に寄せて、

はじき出したボールを、近い選手が一斉に狩りとる、そんな形が多かったように思います。



そんな圧力が強かったので、名古屋はボールをジェフのライン間には入れてこれず、

終始、起点が遠かったように思いました。



このゲームを通じ、ジェフの選手たちは、

群れた猟犬が一斉にとびかかり、ボールを狩りとり、とどめを刺す、



そんな猟犬の群れに、

見えました。



一人で追いかけるのではなく、次々に追いかけて追い込んでいく様は、

まさに猟のようですし、



厳しい球際にもくらいついていく様は、

まさに牙を研いだ猟犬のようであったと思います。



このサッカーが、組織的に機能し、強豪を追い込んだというのは、

自信につながるものであると思いますし、



われわれサポーターには、

熱狂・情熱・パシオンを与えてくれる、そんなサッカーではないでしょうか。



まだまだ3節で、

シーズンもここから。



研究もされていくことと思いますが、

相手を追い込んでいくような強烈なサッカーで、シーズンを狩りとっていきましょう。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

力戦-山形戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-1山形


どうも、わたしです。



ホーム開幕戦、

参戦していただいたサポの皆様、ありがとうございました。



力強い戦いを繰り広げてくれ

最後まで背中を押してくれたと思います。



わたしはDAZN観戦です、

あしからず。



さて、ゲームはジェフの球際へのハードワークが目立ち、

ピッチで良く戦ったゲームと感じました。



スローガンの力戦奮闘を体現する、

そんなゲームであったと思います。



さて、ゲームは序盤からジェフの寄せが早く相手に自由を与えず、

徐々に押し込む展開で進んだ。



ジェフはやや引いた山形の陣形のライン前で起点を作り、シュートまでもっていくが、

決定力を欠く形で、ゴールが奪えない。



逆に山形のボールになったところでは、ジェフの選手が相手の起点に早く寄せ自由を与えず、

裏へのボールをけらせず、ペースを相手に与えなかった。



ジェフペースで進むも、

前半を0-0で終えます。



後半に入ってもジェフの寄せが衰えず優位に進めるも、

53分、左サイドを崩されると、マイナスクロスにやや足が止まり、阪野に決められ失点したしまう。



しかし、60分にゴール前でラリベイがPKとなるファウルを受けると、

船山がPKを決めて同点とします。



その後は、熊谷らを投入し、起点を中央に作り形を作るも、

決定機は作れず。



終盤はやや足が止まり、相手の裏へのボールに苦戦するも何とか失点を許さず、

最後は1-1で引き分けたゲームとなりました。



さて、今節は第1節とはまた違った形でゲームを作り、

見ごたえのあるゲームになりました。



山形はコンパクトな布陣で相手に起点を作らせず、またやや低い位置からも裏へボールを入れてくるので、

非常に嫌な相手とみていましたが、



ジェフの”ボールへの寄せ”が非常に早く、

攻守にわたって、存在を見せました。



相手は狭いエリアに人数を入れて、

数的優位を作っているわけですが、



ジェフの選手は、その相手の人数の多いエリアで、

とどまっている相手に対し、動いて、先にボールに触ることでつないでいくことができます。




狭いエリアで待つ相手に飛び込んでいって、

ジェフが触る、



相手が先に触っても、こぼれたボールに飛び込んでいって、

ジェフが触る。



相手が触っても、その選手を追いかけていって、

ジェフが触る。



非常に速い球際で、

ペースを相手に与えなかったと思います。



コンパクトな相手をどう崩すかが心配だった今節ですが、

球際で、セカンドボールにも寄せて、チャンスにするという、そんな形でも大丈夫だという感覚が得られました。



また、その寄せが相手の早いカウンターの芽も積んでいて、

うまく機能しているようでした。



第1節を見て、木山監督のサッカーはうまく計算されていると感じたのですが、

今節はうまく封じ込めるとともに、


おそらく、木山監督が対策してきた印象の、

上を行けた内容ではないかと思います。



そのサッカーは決して、きれいなものではありませんが、

今期のスローガン、力戦奮闘を体現したものでもあったと思います。



そんな力戦を、

選手たちは示してくれました。



まだ、チームの中ではゴールに向けての形は、

これから作っていく、進化の過程でしょう。



ここから力戦奮闘を続けていく中で、

ゴールを、そして勝利を重ねていきましょう。



そして、開幕戦で見せたこの力戦奮闘を、

最後まで続けていこう




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - 即レポ ブログトップ