So-net無料ブログ作成
検索選択
即レポ ブログトップ
前の3件 | -

形外-横浜FC戦即レポ [即レポ]

ジェフ0-4横浜FC


どうも、わたしです。



雨の三ツ沢に参戦していただいたサポの皆様、

お疲れ様でした。




アウェイ連戦を支える存在になってくれたと思います。



わたしはDAZNの見逃し配信観戦です、

あしからず。



さて、ゲームは前半はジェフが型通りに押し込んだものの、

後半は横浜FCに型を破られて押し返せずにやられてしまったゲームであったと思います。



形を外されたときに、

対応できる絶対的な判断力と力が必要だと感じました。



さてゲームは、両軍コンパクトに圧力をかけて始まったが、

5分ほどからジェフがボールを抑え、ポゼッションする形が続いた。



コンパクトに布陣する横浜FCの外側でサイドチェンジを繰り返しながらボール支配し、

サイドに入れば、深いところからクロスを上げる形で、ゴールに迫ったが得点にいたらず。



相手にボールが渡っても、高い位置でボールにチェックでき、

前線のイバだけが孤立する形で、ボールをジェフが支配し、前半を終えた。



後半に入ると、横浜FCが3バック(5バック)に変更、前線にもやや人を増やす形をとり、

イバの付近でボールが収まると、戦況が一変。



ジェフはイバに収まることでDFが下がり、ボール支配できなくなると、

53分、55分と連続失点した。



押し返すべく攻めるが、ややサイドに開いた5バックの外を使えず、

起点が作れず、押し返されカウンターを受ける場面が続き、61分、69分と失点した。



サリーナスや菅嶋を起用し、やや中央での攻めも使うが起点が作れず、

0-4で敗戦したゲームでした。



さて、前半はまさにジェフのやりたい形のゲームになりました。



横浜FCのコンパクトの外でボールをサイドに振って崩し、サイドから攻め続け、

ボールを奪われても、高いラインで早く圧力をかけて、相手にペースを譲らない、



攻守ともに、

前半はジェフの形通りのゲームであったと思います。



一方で、横浜FCはコンパクトな形で型通りの形では、ジェフに圧倒されて、

さらにイバにボールを入れていく形も作れないでいたわけですが、



後半に入ると、

ジェフの形を外すために、形を変えてきたと思います。



5バック気味にして、サイドでジェフが囲みきれず、起点が作れないようにし、

孤立していたイバの付近に選手を増やし、イバが落としたボールを収まりやすくしたと思います。



前線で相手を囲みきることができず、ボールロストすると、

イバにボールが収まってしまうようになり、どんどんDFが引き下げられ、良さを失ってしまいました。



相手はボールをイバに収めさせて上がってくる形が、横浜FCらしい形で、

良さが出てしまうとともに、



ジェフはボールを前線で収められて、ディフェンスがずるずる下がり間延びし、

良さを失うということが同時に出てしまい、



連続の複数失点に、

つながってしまったと思います。



型通りであれば、前半のように圧倒的に押し込んだサッカーができますが、

相手にちょっと対策を張られ、形を外されてしまうと、雪崩を打ったように崩れてしまいます。



相手があがいても嵌めたままにできるような、

ねちっこい型にはめていくことが必要ですが、



そこがまだ柔軟にやることが、

できていないように思います。



後半の途中からは、相手がサイドにディフェンスを増やしたので、中央でも起点を作れるように、

サリーナスや菅嶋を入れて、中央からの攻撃を増やしましたが、




こういった対策が、ゲームの中で柔軟にできるようにしていかないと、

相手を型にはめて押し込んだままにしていくことができないかもしれません。



今節は、形を外されてしまい、崩れてしまいましたが、

前半の押し込んだ形というのは、理想的な45分であったと思います。



形を外されず、型に嵌め続けるような、

そんなサッカーができるよう、チームを作っていきましょう。





がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

抉開-山口戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-0山口


どうも、わたしです。



遠方の山口まで参戦していただいたサポの皆様、

お疲れ様でした。



背中を最後まで押し、アディショナルタイムの決勝点を、

最後まで引き寄せてくれたと思います。



わたしは、DAZN観戦です、

あしからず。



さて、きれいではなかったですが、

ジェフのやりたいゲームが、再びできたと思います。



前線でどんどん圧力をかけ、圧力をかけ、くさびを打ち、外から滅多打ちにし、

なんとか抉じ開けた、そんなゲームになったと思います。




ゲームは、両軍守備をしっかり寄せる積極的な姿勢で入ったが、

ジェフがラインをあげて圧力をかけ、徐々に敵陣に押し込んでペースを握った。



ジェフは敵陣でボールを大きく動かして相手を揺さぶり、徐々に相手の守備は間延びし、

山口に奪われても、そこにすぐ寄せてつながせず、さらに圧力を強めた。



しかし、サイドや最終ライン前では起点ができるものの、ゴール前で決定的な形が作れず、

前半を0-0で終えた。



後半に入っても、ジェフの選手がよく動き、相手の選手間で起点を作るなど押し込み、

ボールを握り続けたが、



山口はややゾーンで引いて寄せなくなり、ジェフは崩すためにどんどんとくさびを打ち込むが、

崩しきれなかった。



最終盤に山口も攻勢の時間ができるがジェフはしのぎ、アディショナルタイムの90+1分、

仕掛けた壱晟がPKを獲得、ラリベイが決めてリードした。



最後は逃げ切り、

1-0で勝利したゲームでした。



さて、

ジェフらしいサッカーができたゲームではないかと思います。



ラインをあげたことで、敵陣内に人数の多いコンパクトな陣形を作り上げ、

その守備陣形が、相手にボールが渡ってもすぐに寄せるので、相手にパス出しの余裕を与えず、



相手はパスを出す余裕がなく、蹴らされたボールを最終ラインが跳ね返し、

さらに敵陣深くに侵入するような、そんな押し込んだサッカーができたと思います。



ラインをあげることが、敵との距離を近くし、

すぐに寄せて囲み、圧力をかけて、相手に余裕を与えなかったです。



山口は、細かいパスをつなぐスタイルを取っていて、ボールを持つチームだと思いますが、

今日は山口に自由につながせる時間はほとんどなく、ジェフが相手の戦術を押し込んだといえるでしょう。



ただ、なかなか敵陣で起点が作れない中、

ジェフは徹底して、いろいろな形で攻めました。



サイドに北爪やサリーナスが起点になったり、前半途中からは4バックにしボムヨンが仕掛けたり、

也真人・船山もかなり広いスペースで動き起点となり、またラリベイもポストで起点になりました。



壱晟、清武は、自分で仕掛ける攻撃も多く、

崩したシーンもありましたが、最後の最後で決めきれなかった感じでした。




押し込んで圧力をかけ続けるので、山口の守備はかなり間延びし、

どんどん気力も奪っていっていたと思います。



そんななか、最後の最後で、仕掛けた壱晟が倒され、

PK獲得となりました。



その前にもPKを取ってもらえずレフェリーにアピールするシーンも多かったですが、

ゴール前に仕掛け続けた結果の、獲得となったと思います。



切れ味鋭い形でなく、鈍器で殴り続けてぶっ壊したような泥臭い得点になってしまいましたが、

それもジェフらしいのかもしれません。



相手にとっては、ずっと陣地に押し込められ続け、跳ね返すにも跳ね返せず、

陣内でボールを回され、ペナルティエリア内で仕掛けられ続け、非常に嫌なサッカーとなったと思います。



圧力をかけ続ければ最後は穴が開く、

それをしっかりと見せてくれたと思います。



なかなか勝利がつかめず苦しい時期もありましたが、

久々の勝利もつかみました。



この1戦を見ることで、

今後の相手も嫌な気持ちになるに違いありません。



しっかりジェフらしいサッカーで相手に圧力をかけ続け、

分厚い守備も抉じ開けていけるように、サッカーを作っていこう。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

陣取-群馬戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-1群馬


どうも、わたしです。



雨の中、フクアリへ参戦していただいたサポの皆様、

お疲れ様でした。



悪天候の中でも、

しっかりホームゲームを盛り上げてくれたと思います。



わたしは、DAZNの、

見逃し配信観戦です、あしからず。



さて、ジェフは押し込んだ時間も長いゲームとなりましたが、

思ったようなサッカーができなかったのではないでしょうか。



ラインを上げての陣取り合戦に意識がいき、

相手を出し抜いて前を向き、点を取る部分への意識がおろそかになってしまったゲームと感じました。



さて、ゲームは、両軍ともラインを高くコンパクトを作り、

中盤での球際を争い形で始まりました。



激しい主導権争いが続いたが、5分に最終ラインがセンターライン付近で球際に競り負けると、

相手FWのループシュートがGK優也を越えて決まり、失点してしまう。



ジェフは後方からつないで攻めようとするも、群馬の早い寄せに押し下げられ、

なかなか前線にボールが入れられず、



逆に奪われてカウンターを受け、ライン裏にボールを入れられ下がる展開で、

苦しい展開で前半を終えた。



後半に入るとジェフは4-1-4-1に布陣を変え、サイドに動かしての展開を増やし、

押し込む展開は増え、攻める。



しかし、群馬はややコンパクトな守備でライン間で起点を作らせず、

ジェフはなかなか崩すことができず、押し込んでいくもなかなか得点につながらない。



67分に前を向いた也真人が、北爪くんにスルーパス、

北爪くんからのマイナスクロスに、壱晟が合わせて同点に追いついた。



その後も、ジェフは押し込んだ展開が続くが、相手を崩すシーンは少なく、

カウンターを受けてのピンチもあったが、1-1で引き分けたゲームでした。



さて、今節は両軍ともラインを高くしコンパクトに中盤を作ったうえで、

いかに優位なゲームを作るかということが前提にあったと思いますが、



コンパクトな陣形でジェフに起点を作らせなかった群馬と、

コンパクトな裏に起点を与えてしまい苦しんだジェフの、明暗が分かれたゲームと思います。



ジェフは、いままでのコンセプトである高いラインを維持し、

コンパクトを作ってのゲームを推し進めましたが、押し込んだもののいいところは少なかったと思います。



群馬は、前節までのゲームでは後方からパスをつなぐことにこだわり、ポゼッションを狙っては、

パスをうまくつなげず、プレッシャーを受けてライン間が開くゲームで相手に苦しめられていましたが、



今節は、コンセプトを捨てて裏を取ることを前提に戦い、

ジェフの裏に起点を作り続けました。



ただ、守備面ではラインも高い位置を維持し、

コンパクトな布陣で、かつジェフに裏を取らせずボールホルダーにも寄せ、しっかりした守備を維持した印象でした。



コンパクトを作ってしっかり弱点を消した群馬に対し、

ジェフは、攻撃への厚みに活かせず、懐をあけてしまったことになります。



ジェフとしては、ラインを上げたことでコンパクトをく作ることは、

強味にしていかないといけないはず。



しかし、陣を上げて陣を取ることが、

メリットにはつながっていません。



どこで前を向くのか、どこで相手を出し抜いて崩すのか、

しっかり作っていかないと得点にまではつながりません。



陣を取り、徐々に布陣を上げていくことが今期のジェフの狙いではなく、

コンパクトを作って、早く寄せてボールに触り、相手を出し抜くことに狙いがあるはずです。



しかし、今節は、その狙いは活きず、

どちらかというと陣取りに終始し、相手に出し抜かれることが多かったように思います。



也真人がライン間でフリーになり、前を向いたシーンが、

唯一の得点になりましたが、



前線の人数の厚みを活かし、

もっとこういったシーンを作りたいところです。



うまくまとまりませんが、ラインを上げての陣取りは目的ではなく、通り道への第一歩であるのみで、

狙っていることができるかどうかが、大事なこと。




どうやると敵陣で前を向けるのか、相手を出し抜いて先にボールに触れるのか、

もう一度見直したい。



陣を取ることで、相手を出し抜くサッカーを、

もう一度考えて、勝利へ結び付けてほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - 即レポ ブログトップ