So-net無料ブログ作成
検索選択
レポート ブログトップ
前の3件 | -

クロスからの得点が印象的なゲームです<2017年J2第20節岐阜戦@長良川> [レポート]

ジェフ6-4岐阜


どうも、わたしです。


両軍で10点が入る打ち合いとなったゲームでしたが、

全体では、ジェフがペースを持つ時間をやや長く作り、うまく得点も取ったゲームだと思います。



中でもクロスから決めた2点が、

ジェフのやりたい形になったと思います。




内容を簡単に振り返ります。



両軍合わせ10ゴールの打ち合いとなりましたが、

とても見ごたえのある好ゲームであったと思います。



ジェフは、ジェフらしい攻撃で徐々にペースを握り、

いろいろなパターンで得点につなげたゲームであったと思います。



ゲームは岐阜がボールを持つ形で始まり、強いプレスとコンパクトな布陣で、ジェフはペースを譲った。14分パスミスを奪われ、失点。しかし、徐々に岐阜の足が止まるとジェフが大きな展開でペースを握り、猛攻で押し込むと、24分にCKを乾が合わせて同点に。そこからジェフがペースを握り攻めるが、45+1分にカウンターを受けるとサイドから崩され失点。しかし、すぐの45+2分、北爪が裏に走って収めると、クロスを指宿が飛び込んで決めて、同点とし、前半を2-2で終えます。後半に入るとジェフはさらにラインを高め、前への圧力を強めると、47分、優也からのカウンターのパスを受けた清武が持ち込んで決めて逆転に成功。54分にシュートの跳ね返りをキムボムヨンが決めて4点目、60分には、乾のクロスにアランダが飛び込み、5-2とした。そのごはややジェフの足も止まり寄せが遅れ、67分に自陣でつながれ失点も、69分に乾が前線で収め、アランダにつなぎ、スルーパスにラリベイが抜け出し6点目。その後1失点を喫するも、6-4で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。

①クロスからの得点が印象的なゲームです。



ジェフの攻撃の形は、サイドを中心に前線に押し込むところまでははっきりしていますが、

そこからは、ややあいまいなところがあります。


ゴール前に人数を多く入れ、ゴール前にボールを集めることで、

得点のチャンスは多いはずですが、ここまでは効果的にゴールできていなかった印象です。



一方で、今節は6得点が入りましたが、

セットプレー1、クロス2、カウンター1、スルーパス1、ミドル1と、いろいろなパターンで決まったゲームでした。



その中でも、クロスから2得点ができたというのは、

印象的なゲームです。



両方ともGKの前で、GKが出られない位置へのクロスで、

そこへ1点目(クロスからの得点)は指宿が、2点目はアランダが飛び込む形で決まりました。



ボールの入り先は、GKとDFの間、もしくはDFとDFの間で、

相手がお見合いしやすい場所というのがいいですし、



そこでジェフ選手が待っているのではなく、

スペースに飛び込んでくることで、なおさら相手はお見合いしやすい形であると思います。



そんな形が1点目は右の北爪から、2点目は左の乾から、それぞれクロスが出て、

両方から狙うべき形が出たと思います。


クロスの上がる位置が分かれば、飛び込む選手も飛び込む場所がわかりやすくなり、

今後、こういう形も増えてくるように思います。


クロスが正確であれば、アーリークロスでもいいわけで、

得点の形としては、やりやすいと思われます。



やはりサイド攻撃から、クロスでの得点があるというのが、

ジェフの良さであると思います。



クロスからの得点が印象に残るゲームが増えるように、

なっていってほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

つなげずハイプレスを受けるという完敗<2017年J2第19節水戸戦@Ksスタ> [レポート]

ジェフ1-3水戸


どうも、わたしです。


プレビュー記事の方でも書きましたが、

ジェフは何もさせてもらえなかったゲームと思います



相手をどこかで押し込むということが、

必須条件であると感じます。



内容を簡単に振り返ります。


ゲームは、水戸が早くからプレッシャーをかけ、ジェフが押し込まれる展開で始まります。水戸が前からプレスをかけラインを上げてコンパクトを作ってきたことで、ジェフはボールを前に運べず、逆に奪われてカウンターを受けた。徐々にジェフが相手のプレスをいなせるようになり、ボールを落ち着けようとしていた40分、ジェフはカウンターを受けると、クロスに下がりながらの対応もポストされ、飛び込んできた橋本にミドルを決められ失点。前半を、0-1で終えます。後半に入ると、すぐの46分、ドリブルで中央にに持ち込まれ崩されると、サイドに振られたボールに寄せきれないところを、ミドルシュートを決められ0-2とされた。ジェフは攻撃的な交代でペースを奪い返しに行くも、水戸のコンパクトと速い寄せで形が作れず、逆に62分にカウンターを受けると、裏へのロングボールにFW前田がつぶれ、後ろから走りこんだ林に決められ3失点目となった。その後攻めるも、水戸はやや引いてチャンスが作れず、最後90+2分に清武のFKが直接決まるも、1-3で敗戦となったゲームでした。


思うところを書いていきます。

①つなげずハイプレスを受けるという完敗



ジェフとしては何もできず、

水戸がやりたい流れで勝ったゲームに感じました。



ここまでジェフの対戦相手は少なからずプランを変えて対戦し、裏を狙うことに重心を置いてきましたが、

水戸はそのままやられてしまったように感じます。




水戸はラインを高くし、中盤でコンパクトを作るとともに、

やや低い起点から、裏にロングボールを入れる、そのままのスタイルがぴったりはまってしまった面もあります。



一方でジェフがボールを保持し押し込んでしまえば水戸の高いラインは発揮されず、

水戸らしさは失われたわけですが、そういきませんでした。



ジェフは、後方からハイプレスを受けてしまいボールを前に運べず、

コンパクトな中盤で奪われては、ハイカウンターを受けるという流れになりました。



そのため、ジェフは下がりながらの対応でボールをはじき出しても、

コンパクトになっている水戸の後続に詰められて失点してしまいました。



ここまでどのチームも挑戦できなかったプレーであると思うのですが、

水戸は、スタイルそのままに、



高いラインを保ち、コンパクトを作り、

ハイプレスで苦しめるということをやってきたというのは、脅威であります。



ジェフとしても、相手の高いラインの裏にボールを入れようというプレーはあったものの、

あまり効果がありませんでした。



ゲームとしては、そんな流れであったと思いますが、

特徴あるプレーをするジェフとしては、警戒する内容のゲームだと思います。


押し込んでジェフらしいゲームができないゲームというのも、

想定しないといけないかもしれませんね



今一度、ジェフらしいゲームができるよう、

チームを作っていってほしいと思います



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

左右中央に散らし徐々に押し込む<2017年J2第18節福岡戦@フクアリ> [レポート]

どうも、わたしです。


ジェフは攻撃の形はイメージができてきて、

だんだん押し込んでいけるようになってきていると思います。


今節は、也真人や熊谷を中心に、

大きな展開で攻めるシーンが目立ったと思います。



内容を簡単に振り返ります。

ゲームはジェフがボールを回し押し込む形で始まるが、福岡は自陣でゾーンを組み、持たせる形となった。それでもジェフは也真人を起点に中央の指宿や、大外の乾、船山らへパスを通し、チャンスを作った。しかし福岡が4バックに変更し中盤を増やしたことで起点ができなくなり、徐々に裏に入れられて、ルーズになることも。互角の展開も、やや福岡のシュートが多い展開で、前半を0-0で終えます。 後半に入ると、ジェフは大外から攻めるとともに、前からのプレスがはまるようになり、ペースを握った。相手のコンパクトの外にパスを通すと、サイドで数的優位を作り、クロスを合わせるシーンが増えた。85分、90+4分には、ボール一個分まで来る決定機を2度作るなど、決定機も作るが決めきれず、0-0で終えたゲームでした。


思うところを書いていきます。



①左右中央に散らし徐々に押し込む



このところジェフは、早い段階で縦にボールが入るようになり、

前線のボールが入れられるので、そのあとの明確な形がなくても、ゴールへ向かうシーンが増えています。



今節は、也真人がやや引いて受けたところから縦パスが出て、

中央の指宿や、両サイドの大外の乾や船山らにボールが収まるシーンが多かったよに思います。



前半は福岡が5バックでスタートし、サイドは厚いものの中盤が薄い形であったので、

序盤は指宿に入れ、落としてところで形ができました。



しかし、そんな形に対応し、福岡が4バックにして中盤を増やすことで、

ジェフは中央で起点が作れなくなり、急にやりにくくなりましたが、



後半は修正し、大外にロングボールを振っていくことで、

大外から攻撃が機能しました。



後半はじめは也真人から、途中からは熊谷からボールが出て、

しっかりサイドにわたるシーンが多かったと思います。



福岡はしっかりコンパクトを作って、起点を作らせないようにしたものの、

ジェフはしっかり穴をついて、攻めることができたものと思います。


また、サイドには相手の2枚に対し、

ジェフは3枚入ることが多く、



数的優位な状況が多くでき、

サイドからはわりと楽に崩せたように思います。



真希、船山、也真人で作ってクロスに行く右サイドと、

乾、清武、指宿で作って、クロスに行く左サイド、両方機能したように思います。



サイドの深いところできっちり起点ができれば、

仮に奪われても、相手のカウンターの起点も狭いところになり、ジェフもやりやすいでしょう。



左右中央に散らして、相手の弱いところから攻めていくようなそんなサッカーで、

徐々に押し込んでいく戦いができつつあると思います。



もうひと押し、ゴールに迫るようなプレーをできていけるよう、

一歩でも前でプレーできるよう、組み立てていってほしいと思います。


がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - レポート ブログトップ