So-net無料ブログ作成
検索選択
レポート ブログトップ
前の3件 | -

自分たちでボールを動かして崩す新たなステージ<2017年J2第8節山口戦@維新公園> [レポート]

ジェフ1-0山口


どうも、わたしです。



今節は得点こそPKの1点でしたが、

ハイラインで押し込み、ジェフのやりたいサッカーができたと思います。



攻撃面では、アバウトに押し込むのではなく、

自分たちでボールを動かして崩す、新たなステージに入ってきたように思います。


内容を簡単に振り返ります。


ゲームは、両軍守備をしっかり寄せる積極的な姿勢で入ったが、ジェフがラインをあげて圧力をかけ、徐々に敵陣に押し込んでペースを握った。ジェフは敵陣でボールを大きく動かして相手を揺さぶり、徐々に相手の守備は間延びし山口に奪われても、そこにすぐ寄せてつながせず、さらに圧力を強めた。しかし、サイドや最終ライン前では起点ができるものの、ゴール前で決定的な形が作れず、前半を0-0で終えた。後半に入っても、ジェフの選手がよく動き、相手の選手間で起点を作るなど押し込み、ボールを握り続けたが、山口はややゾーンで引いて寄せなくなり、ジェフは崩すためにどんどんとくさびを打ち込むが崩しきれなかった。最終盤に山口も攻勢の時間ができるがジェフはしのぎ、アディショナルタイムの90+1分、仕掛けた壱晟がPKを獲得、ラリベイが決めてリードした。最後は逃げ切り、1-0で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。


①自分たちでボールを動かして崩す新たなステージ



今節はハイラインにより前線で人数をかけてコンパクトに圧力をかける形がうまくいき、

相手を敵陣に押し込んでいくことに成功したと思います。



山口側は、奪ってもジェフのハイプレスがすぐ地悪にいて寄せてくるので、

ボールをつなぐことができず、


何とかクリアしても、高い位置にポジショニングするジェフのDFが跳ね返してマイボールにし、

押し込まれた状態をなかなか打破できない、苦しい戦いだったのではないでしょうか。



ジェフとすれば、押し込んだ状態でボールを動かしていたので、

ペースを握ってゲームを続けることができました。



その中で今節は、攻撃面で自分たちでしっかりパスをつないで崩す場面も多く、

しっかりポゼッションしようという、新たなステージに入ってきたようにも思います。



ここまでのジェフは、相手に引かれて固められると起点を作る方法がなく、

徐々に相手に起点を作られて、裏にボールを出されることが多かったです。


それに対し今節は、複数の崩しを併用し、

スペースを自分たちで作って、そのスペースを使って崩すような形を作っていたように思います。



序盤はサイドの裏に走りことが多く、

ややラインを高めにコンパクトを作っていた山口のうらのすぺーすをつかいました。



山口は、ジェフが裏に入れてくるので、前線はボールホルダーに寄せ、最終ラインは裏のスペースを消すためやや低くなるので、

全体的に間延びし、今度はライン間にスペースが空くようになりました。



そうすると、ジェフはFWや也真人が下がってきてライン間に三角形の頂点を作るようにパスワークを組み立て、

相手のライン間のスペースに入りこんでパスをつなぐようになりました。



これにサイドからサイドへの揺さぶりや、ラリベイが途中投入されてからのポストプレーなども加わり、

自分たちで崩していく形が多くできていたと思います。




相手がやや内によって固めている部分もあり、

サイドで持った壱晟やサリーナス、清武が、うちにドリブルで仕掛けるケースなども多く、ドリブルなども併用した、多彩な崩しができたと思います。



今日のゲームだと崩しきったというシーンは少なかったですが、

攻撃の多様性があることで、相手は徐々に間延びし、動けなくなっていくのは、はっきりとみて取れました。



こういった感じで、自分たちで崩して、ボールを失わない形は、

目指すところであり、



今までと違う、

一つ上のステージを目指せるところではないかと思います。



さらにジェフらしいサッカーを作って、押し込んだゲームを作っていってほしいと思いますし、

自分たちでボールを保持し、自分たちで崩していくサッカーを作っていってほしいです。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラインを上げることをボールホルダーが前を向く材料にしたい<2017年J2第7節群馬戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ1-1群馬


どうも、わたしです。


ジェフ・群馬ともにラインの高い積極的なゲームを展開しましたが、

ジェフはコンパクトをうまくいかせず、ここ数戦うまくいっていなかった群馬がうまく活かしたように見えました。



ジェフは、ハイラインが特徴のようになっていますが、

ボールホルダーがしっかり前を向くための材料としてほしいと思います。



内容を簡単に振り返ります。


ゲームは、両軍ともラインを高くコンパクトを作り、中盤での球際を争い形で始まりました。激しい主導権争いが続いたが、5分に最終ラインがセンターライン付近で球際に競り負けると、相手FWのループシュートがGK優也を越えて決まり、失点してしまう。ジェフは後方からつないで攻めようとするも、群馬の早い寄せに押し下げられ、なかなか前線にボールが入れられず、逆に奪われてカウンターを受け、ライン裏にボールを入れられ下がる展開で、苦しい展開で前半を終えた。後半に入るとジェフは4-1-4-1に布陣を変え、サイドに動かしての展開を増やし、押し込む展開は増え、攻める。しかし、群馬はややコンパクトな守備でライン間で起点を作らせず、ジェフはなかなか崩すことができず、押し込んでいくもなかなか得点につながらない。67分に前を向いた也真人が、北爪くんにスルーパス、北爪くんからのマイナスクロスに、壱晟が合わせて同点に追いついた。その後も、ジェフは押し込んだ展開が続くが、相手を崩すシーンは少なく、カウンターを受けてのピンチもあったが、1-1で引き分けたゲームでした。



思うところを書いていきます。


①ラインを上げることをボールホルダーが前を向く材料にしたい



今節は、ジェフ群馬ともにラインを高くし、

中盤にコンパクトを作る布陣となりました。



ジェフは開幕からハイラインを敷き、

リスクを負ってもラインを高くする戦術をとってきています。



一方の群馬もコンパクトな布陣で守備し、パスをつなぐ戦術をコンセプトにしていますが、

ここまでゲーム中に間延びすることが多く、うまく機能していませんでした。



ただ、このコンパクトを作る目的の部分では、

ジェフと群馬では違い、



今節は、群馬の目的の方がうまく機能したように、

思いました。



まず群馬のほうですが、コンパクトを作ることで相手がライン間でプレーできるスペースを与えず、

また攻撃に転じた時に、距離感が近くパスがつながりやすいメリットがあります。



群馬は今節は、あまりパスをつながずライン裏に入れていったので、攻撃のメリットはあまり出なかったものの、

守備面でのメリットが活きた感じであったのではないでしょうか。




ジェフとしては、ラインを高くする目的は、前に圧力をかけて前を向いていく中で、

相手が先にボールを触った場合でも、ジェフの守備の距離が近く、そこで先に触り、前に圧力をかけ続けることにあると考えています。



ここまでのレポート記事で書いてきましたが、今期のジェフがボールをもって前を向く方法は、

主に
①サイドチェンジなどでサイドに速く入れて、早めにクロスを入れていく形
②アバウトに前線に入れ、セカンドボールに前向きに寄せていく形、
③相手のライン裏にロングボールを入れて、裏に抜ける形、


この3つだと思います。



そのなかで、②③に関しては、相手が攻撃に転じた時に、先にボールを触って、相手が守備に戻る前に、

相手を出し抜いて、ジェフが攻撃に転じるため、ラインを上げて前に圧力をかけることが有効と思います。



つまり、守備で守りきるためにラインを上げるわけではなく、

攻撃に転じやすくするため、ラインを上げることが有効と思います。



しかし、今節のジェフは、ボールを持ったところで少し落ち着いて繋いでしまい、

①~③の形ではなく、ライン間で起点を作ろうとしてしまっていました。



相手がコンパクトを作ってきて、さらにプレッシャーもあり、なかなかパスが出なかった面もありますが、

相手の守備のコンパクトさが活かされてしまった印象です。



ただ、それによってジェフは①~③の攻撃パターンが取れないとすると、

ラインを上げてコンパクトを作って、前線に圧力をかけた意味がなくなってしまいます。



ジェフとすればラインを上げて圧力を前線にかける分、相手が守備に転じる前にボールに先に触り、

相手を出し抜いていかなければいけないでしょう。



また、守備を少なくしている分、前線の数的優位を活かして、

一気に攻め切らないといけません。



時間をかけてつなぐのではなく、

ハイラインの圧力を活かして、すぐに入れていく、



そうすることで、やっとハイラインでコンパクトを作る攻撃のメリットが、

出てくると思います。



これはわたしの見方なので、ややチームとしての見解は違うかもしれませんが、

チームとしてラインを高くしてコンパクトを作る意味をもうい1回確認して、



ゲームに活かしてほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

守備で勝負するなら攻撃で勝負したい<2017年J2第6節京都戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ2-2京都


どうも、わたしです。



高いラインを維持し、一見ジェフらしいサッカーを展開したように見えましたが、

つなぐことに意識があったように感じました。



高いラインでの守備できわどく勝負するなら、

むしろ攻撃できわどい部分で勝負したいと感じました。



内容を簡単に振り返ります。

ゲームはジェフが積極的にサイドに入れて起点を作り、ライン間に入り込んで、さらに起点を作っていく形で崩しながら始まりました。開始すぐの8分、サイドで起点を作ると、ライン間で壱晟に起点ができ、さらに中央のライン間で受けた清武が相手のラインを突破しシュート、先制となりました。その後も相手のライン間にどんどん入り込んで起点を作るジェフのペースで進みますが、24分に競り合いのボールをジェフのライン間に落とされ、抜け出されて、ワンチャンスで失点してしまいます。ジェフがボールを持ち、崩しにかかるも崩せず、京都もカウンターを狙うもジェフがしのぐ、そんな流れが続き、前半を1-1で終えます。後半に入っても同様の流れが続きますが、やや京都が前に出て前線でカットしたボールを裏に入れる形をとるようになると、ジェフはややディフェンスが慌てるケースが増えます。60分には、京都の仙頭に、ミドルのループシュートを決められ、1-2で逆転を許します。ジェフは4バックに変え、相手のセットした守備をつないで崩そうとするも崩しきれず、攻め手を欠いた状況でしたが、90+1分、ややパワープレーに出ると、サイドでサリーナスが起点をなり、大きなクロスに近藤がヘッドで合わせて、同点とし、2-2で引き分けたゲームでした。


思うところを書いていきます。


①守備で勝負するなら攻撃で勝負したい



今節もジェフはラインを高くし、

裏に出されるボールに対し、ディフェンスが1対1で勝負するシーンが多くみられました。



失点のうち2点目はきわどいループだったので、競り負けたのは1失点だけといえますが、

きわどい球際勝負が多くあり、失点も許しています。


ただ、この失点とリスクは、その分攻撃に厚みを持たせるためであり、

点を取るために、よりきわどい勝負をするためのものと解しています。



ただ今節のジェフは、京都に時間を掛けさせられるとややボールを戻してボールを保持することを選択し、

また、前線の選手も少し下がって組み立てることが多く、



前線できわどい勝負をかけず、

ボールを保持し、安定した攻撃を求めたように思いました。



もともと今期のジェフは、きれいに組み立てる攻撃をそれほど準備していないので、

きれいに決まらず、攻撃が停滞する感じを受けました。



プロのチームがしっかりセットして守っている以上、どこかできわどい勝負をして相手の裏をかかないと、

失点につながるような崩れ方は、してくれません。



それでも相手を崩すには、よっぽどきれいにパスを組み立てて崩す必要がありますが、

今年のジェフには、その土台がありません。



ならば、攻撃的に、相手がセットする前に、きわどいところにどんどんボールを入れていって、

球際で相手と勝負する必要があるはずです。



相手の裏をかいて崩すために、ジェフは相手がセットする前に、

人数をかけている前線に入れていくことで、相手を出し抜くことができるはずです。



守備では高いラインを敷き、相手とぎりぎりのところで勝負しているわけですから、

それよりたくさんの回数、攻撃でも相手と勝負していかないと、勝つことができません。



安定してパスでつなぐよりも、

きわどい勝負を前線で。



積極的に攻撃するサッカーで、

相手に勝負を挑んでほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - レポート ブログトップ