So-net無料ブログ作成
検索選択
レポート ブログトップ
前の3件 | -

セットされたときにどうしていくか<2017年J2第4節松本戦@アルウィン> [レポート]

ジェフ1-3松本


どうも、わたしです。


松本らしさを出され、

ジェフの良さを消されてしまったゲームと思います。


やはり、しっかりセットして守られたときにどう崩し、どうカウンターに対処するのか、

しっかり固めていくことが必要と思います。


内容を簡単に振り返ります。

ゲームはジェフが積極的に前に出ていき、ボールを握って始まった。サイドチェンジを使いサイドで起点を作りスペースへ繋いでいくが、得点までは至らない。やや展開が落ち着いてきた24分、松本にサイドの裏で起点を作られると早いクロスを合わせられ、失点してしまう。やや松本は守備をセットし、ジェフがボールを回す展開となったが、前線で起点が作れず、崩せない展開が続き、前半を0-1で終えた。後半に入ると、すぐにサイド裏で起点を作られCKを与えると、46分にそのCKから失点。55分にもセットプレーから失点し、0-3となった。ジェフは新加入の指宿、キムボムヨンらを投入し、4バックにするなど変更。72分に指宿が収めたボールから清武が決めて、1点を返す。その後ジェフがボールを持ち、崩そうとしたが崩しきれず、カウンターを受ける場面もあり、なかなかいいところが出せず、1-3で敗戦となったゲームでした。



思うところを書いていきます。




①セットされたときにどうしていくか



松本は、先制点をワンチャンスで奪い、しっかりセットして守ったことで、

ジェフに攻撃のスキを与えなかったと思います。



ジェフの攻撃は、ここまでのレポート記事にも書いてきましたが、

①サイドに早く起点を作りクロスを入れていく形、②アバウトなボールを前線に入れセカンドボールに寄せる形、③裏へのボールに抜け出す形、この3つのかたちで、前線で前を向いていくことになると思います。



ただ、しっかりセットして守られてしまうと、

①と③は相手がしっかり準備していると難しい面があります。



一方で、第2節の山形戦では②のアバウトねボールのセカンドボールへの寄せが有効に効いて、

ややセットして固めた山形を崩し、得点につなげました。



セットしてきた松本相手にも、この方法を取る以外に攻め手が少なかったわけですが、

松本はしっかりと準備して守っており、セカンドボールをジェフが取れる場所には落とさなかったと思います。



ジェフがアバウトなボールを入れていっても、松本に常に優位に対応され、

松本にとっていい場所に落とされてしまうと、ジェフは寄せても自分たちより相手に先に触られてしまい、



逆に松本のカウンターの起点になってしまう、

そんな悪循環であったと思います。



やはり、セットして守ってくる相手にはどう攻めるのか、どうカウンターに対処するのか、

しっかり作っていく必要があるのかもしれません。




ジェフは、最後の場面で、4バックにし、前線にFW指宿を投入する形を作り、

ちょっと変えてきました。



相手のWBに対し、サイドで優位を作れず、逆に裏を取られるケースもあったわけですが、

サイドの枚数を増やしました。


それによって、サイドチェンジの可能性を高くし、

また、サイドの数的優位を使って、サイドで起点を作る動きができました。



一方で、指宿は少し下がったところでボールが収まり、

指宿に収めて、落としたボールで前を向く形というのも、できたと思います。



つまり、前を向く形①~③に加え、

④サイドの枚数を増やし、サイドチェンジからサイドに起点を作る、⑤FWのポストプレーで組み立てる、



この④と⑤も前を向く形に入れていく、

そんな試行錯誤もしていく可能性を見せました。



わたし自身は、この柔軟な変化よりも、

①~③で突っ走ったほうがいいような気がしていますが、柔軟さも大事でしょう。



ジェフもまだまだ進化の途中、

苦手なスタイルのチームともどう戦うか、よくチーム作りをして、戦っていきましょう。


がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

こぼれを先に拾える絶妙な距離感<2017年第3節名古屋戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ2-0名古屋


どうも、わたしです。



今節は、

特に守備でいい流れを作ったように思います。



相手に前を向かせないだけでなく、

後ろからこぼれを先に触る、絶妙な距離感でボールを握り続けたように思います。



内容を簡単に振り返ります。

ジェフは序盤から高いラインで前線でコンパクトを作り、ペースを握った。名古屋はやや距離感が開いて布陣したところのボールホルダーにどんどん寄せ、つながせない守備を見せると、奪ってからも、ライン間で起点を作り、コンパクトな布陣のまま攻め、ゴールに迫った。ペースを握り続けるも、なかなかゴールが奪えなかった44分、FKを得たサリーナスがキッカーとなると、西野が合わせて先制に成功。豊富な運動量と早い寄せもあり、ペースを握った前半を、1-0で終えます。後半に入るとやや名古屋の圧力が強まりボールを持たせる場面も増えるがジェフはコンパクトを維持し、ボールを入れさせず、相手に高い位置で起点を作らせず、狙ったサッカーをさせない。コンパクトな早い寄せを続け、プレスは落ちたものの、相手にペースを譲らずに進めた。相手が前に出てきた90+3分、カウンターからゴール前でフリーとなった清武が流し込み、最後は2-0で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。


①こぼれを先に拾える絶妙な距離感



ジェフと名古屋、布陣は3バックで似ていましたが、

やり方は真逆という感じでした。



ジェフはラインをあげてコンパクトにし、早く寄せるのに対し、

名古屋は広く構えて寄せず、入ってきた相手を個でつぶすねらいであったと思います。



名古屋はパスをつないでいくスタイルでしたが、

広く布陣する名古屋に対し、ジェフはコンパクトにライン間に入り込み、相手のパスコースをつぶしていた格好になります。



それだけでなく、うまかったのが、

相手のパスの入り先で、先にこぼれを拾えるような、絶妙な距離感での守備です。



ラインをあげてコンパクトな布陣になっているので、

相手選手への距離感が非常に近くにいることができ、



相手のパスの入りどころへよせてつぶし、

またつぶすだけでなく、先に相手に入ったボールも、トラップのこぼれを先に摘み取る、そんな距離感でポジション取りをできていたと思います。


相手はやや長いパスを縦に入れてきて、トラップが大きくなりますが、

ジェフの選手は、こぼれに対し、相手選手とボールの間に入ったり、味方選手に向けてさらにこぼしたりなど、マイボールにしていきました。




相手はジェフのライン間にパスを入れられないので、

終始低い位置からの裏へのパスしか方法がなく、読みやすい攻撃が多かったと思います。



一見、ハイラインで自陣にスペースが空くため、怖さも感じますが、

うまいやり方で、相手との距離をつめ、ボールを入れさせないようにできていると思います。



J2では名古屋のように距離感を広くとるチームは少なく、ややコンパクトを狙うチームのほうが多いので、

全試合をこういう風にはいかないと思いますが、



この距離感には、戸惑うチームが、

ほとんどなのではないかと思います。



ラインをしっかり上げて、相手が起点を作れないような絶妙な距離感を、

ここからも作っていってほしいなと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

思った以上に相手によらないバリエーション<2017年J2第2節山形戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ1-1山形


どうも、わたしです



今節は崩しきれず引き分けとなりましたが、

チャンスを作れたゲームであると思います。



固めた相手にジェフのサッカーが通用するのか、不安もあった組み合わせでしたが、

思った以上にバリエーションが通用すると感じた内容でした。



簡単に内容を振り返ります。

さて、ゲームは序盤からジェフの寄せが早く相手に自由を与えず、徐々に押し込む展開で進んだ。ジェフはやや引いた山形の陣形のライン前で起点を作り、シュートまでもっていくが、決定力を欠く形で、ゴールが奪えない。逆に山形のボールになったところでは、ジェフの選手が相手の起点に早く寄せ自由を与えず、裏へのボールをけらせず、ペースを相手に与えなかった。ジェフペースで進むも、前半を0-0で終えます。後半に入ってもジェフの寄せが衰えず優位に進めるも、53分、左サイドを崩されると、マイナスクロスにやや足が止まり、阪野に決められ失点したしまう。しかし、60分にゴール前でラリベイがPKとなるファウルを受けると、船山がPKを決めて同点とします。その後は、熊谷らを投入し、起点を中央に作り形を作るも、
決定機は作れず。終盤はやや足が止まり、相手の裏へのボールに苦戦するも何とか失点を許さず、
最後は1-1で引き分けたゲームとなりました。


思うところを書いていきます。



①思った以上に相手によらないバリエーション



前節の町田戦で、ジェフが攻撃するにあたり、ボールをもって前を向く方法として、

①サイドに起点を作り、スペースに走りこむ中央に入れる形。
②アバウトなボールへのセカンドボールに走りこむ形。
③裏へ抜ける形、

の3つを上げました。



今節の相手山形は、守備への戻りが早くしっかり陣を組むので、攻撃がゆっくりとなり、

それぞれの攻撃の方法があまり効果的でない可能性があると思っていました。



しかし、今節のジェフは②のセカンドボールにしっかり寄せることで、

前にボールを運ぶとともに、相手の陣を崩していたように思いました。



今節は両軍とも3バックを敷き、サイドはWBの選手1名ずつでしたので、

裏を取られると決定的な形となってしまうので、陣を敷く中ではあまり高い位置を取らず、5バックのようになる形が多かったと思います。


この話では余談ですが、

サイドを破られたことで、ジェフは失点が生まれています。



サイドにボールを入れても、しっかりマークがおり、また走りこむ中央も陣が組まれスペースがないので、

前を向く方法①の方法は使えず、


また、陣を固められた後では、

裏に抜けるという③の方法も難しいわけです。



一方で、一見陣を敷いた相手に通用しないように見える、アバウトなボールを陣内に入れ、

そのセカンドボールに一斉に寄せる方法②が、効果があったように思いました。



ジェフのFWにしっかり収まれば、

それで崩すことができますし、



収まらなくても、跳ね返したセカンドボールに先に寄せることで、

ボールが入ることで崩れた陣形の裏に前を向いてボールを出していくことができます。



相手の跳ね返し方次第という、いわゆるリアクション狙いという形ですが、

相手の陣形が崩れることや、前を向いてボールを触れることを考えると、理にかなっていると思います。



もともと相手にボールが渡れば、前から寄せるわけで、

相手のカウンターを止める意味でも、早い寄せというのも効果があり、



セカンドボールへ寄せていく前の向き方というのが、

攻防一体の効果的なやり方であると感じました。



ここまでのジェフは、サイド中心の一辺倒の攻撃という印象もあったのですが、

相手によらず、いいバリエーションで対応していけそうにも感じました。



先手を取ってボールを先に入れて、どんどん寄せて崩す、

イケイケな部分というのも、もっと鍛えていってほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - レポート ブログトップ