So-net無料ブログ作成
検索選択
プレビュー ブログトップ
前の3件 | -

《プレビュー》明日はJ2横浜FC戦@ニッパツ [プレビュー]

※4月21日分更新です。


どうも、わたしです。



前節押し込んだ戦いで勝利を得たジェフは、

アウェイ連戦で、横浜FCと戦います。



どんどんラインをあげてくる相手に、

負けられない一戦です。




前節の横浜FCは、0-1(対町田)で敗戦しています。
4-4-2の布陣を取り、コンパクトな陣形が特徴的。ボールサイドにコンパクトに布陣し守ると、FWイバにボールを収めさせ、全体が上がってくる攻撃は迫力がある。DFを2枚だけ残し全体が上がってくるのでボール近くに人数も多く、細かくつないでの攻撃や、相手がボールサイドに守備を集中させるので、逆サイドへ振っての攻撃も破壊力がある。一方で守備人数が少ないのでカウンターを受けるとやや慌てて戻る様子がある。コンパクトな守備のためサイドチェンジにも弱い面がある。



個人的注目点を書いていきます。



①ポゼッションをしっかりして押し込もう


今節の相手、横浜FCは通常からハイラインというほどではないですが、

攻撃でFWイバにボールが収まると、全体的にかなり上がってきてリスクを負っての攻撃が特徴的と思います。



センターバックを2枚だけ残し、全体が上がってくるので、敵陣に人数が多く、ポゼッションにも安定感があり、

押し込まれてしまうとなかなか跳ね返せなくなってしまいます。



イバが広く動いて起点を作り、ゴール前ではカズがマークを外して待っているという、

なかなか怖さのある攻撃になります。



一方ジェフは、前節は押し込んで敵陣でポゼッションする戦いを見せ、

今節も横浜FCの良さである厚みのある攻撃をなくすためにも、押し込んだ戦いを期待します。



ジェフの早い寄せで相手にボールを回す余裕を与えず、

どんどんと相手のライン裏に入れて、相手の陣地を引き下げていってほしいと思います。



②サイドからガンガン仕掛けよう


ジェフの攻撃についてです。



横浜FCの守備は、コンパクトになっていて、あたりも強くスペースも少ないので強固ですが、

逆サイドはスペースが空いており、サイドチェンジを入れてのサイド攻撃にはやや弱い印象です。



また、両サイドとも攻撃的なサイドバックが上がっており、

上がった裏にスペースもある印象です。



そのため、ジェフとしてはサイドで起点を作り、

ガンガンと勢いをもって攻めてほしいです。


清武やサリーナスらドリブルで仕掛けられる選手がどんどんと仕掛けてほしいですし、

北爪らもスペースに走りこんで、どんどんクロスを入れていってほしいです。



それにより、相手のコンパクトがサイドに引っ張られれば、

中央にもスペースが空いてきて、相手の良さは消え、ジェフが押し込みやすい展開にもなっていくでしょう。



サイドからガンガン攻めていくジェフの攻撃に、

注目です。



③FWイバに注意


ジェフの守備についてです。


横浜FCの攻撃は、FWイバに収めさせるところから始まっており、

ここをしっかり止めたいところです。


ボールがイバに収まっている間に、全体が上がってきて、

敵陣内に人数がそろうと、ボール付近にも人数が増え、ボール付近でイバがつなぎ、誰かが決める形も作れています。


また、プレーエリアも広いので、サイドで起点を作っている間に、

中央ではカズがマークを外して待っているケースなどもあります。



起点にもポストにもなり、自分でゴールもとる、万能型FWなので、

非常に警戒が必要だと思います。



ドゥーらがしっかりとマークを外さず、

警戒してほしいと思います。



さて、対戦相手である横浜FCは、かなりリスクを負った攻撃を仕掛けていると、

見ています。



ただ、このチームは伝統的に前に出てくることが多く、

チームの特徴なのかなとも思います。



ジェフは、エスナイデル監督を招聘し、今年から極端な攻撃的スタイルとなっているものの、

まだ伝統とは言えないスタイルです。



ただ、長くやってきているチームをも打ち破って、

新たな伝統を作っていかなければいけないでしょう。



ジェフの聖地でもある三ッ沢で、

新たな伝統となるべく、攻撃的なサッカーを見せよう。




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2山口戦@維新公園 [プレビュー]

※4月14日分の更新です。


どうも、わたしです。


ホーム2連戦をともに引き分けたジェフは、

アウェイ山口に乗り込みます。



4戦勝ち無しとなったが、慌てずに、

しっかりとしたチームで戦っていきたい一戦です。



山口の前節は1-1(対徳島)です。
4-2-3-1の布陣を基本としている。ゾーンでしっかり守り、コンパクトな布陣でボールの入りどころをしっかり押さえている。攻撃は細かいパスをスペースでつないでいく形は昨年までを踏襲。元ジェフのケンタロー、福元ら、後方からのパス出し役がしっかりしており、前線の4人にボールが入るとやや中央で仕掛けていく形が多い。ボランチ小塚を起点とする攻撃も多く、キーマンとなっている。守備的に待って守ることが多く強く寄せないのでやや受け身になっており、全体的に下がり気味で攻撃に迫力が足りない印象。



個人的注目点を書いていきます。


①攻守にコンパクトをしっかり作りたい



ジェフはラインを高く設定し、コンパクトに陣形を組みますが、

山口のパスサッカーに対し、有効であるとみています。



山口は攻撃時もコンパクトで細かいパスをつないで攻めますが、

ジェフのコンパクトな中盤ではやはりつながりにくく、パスを止めやすいと思います。



また、攻撃に転じた山口をジェフのハイラインですぐにとめることで、

相手のゾーンを組む時間を与えないことにもつながるでしょう。



一方で、山口は元ジェフの福元やケンタローら、長短のパスを出せる選手が後方におり、

ロングボールの起点となることも予想されます。



メンバー的には、あまり裏を狙ってくる形を見せてはいませんが、

注意が必要と思います。



こちらもしっかりラインを上げ、

後方のパス出し役にもプレッシャーをかけられる形が必要でしょう。



しっかりラインを上げ、

コンパクトな布陣で挑んでほしいと思います。



②相手のゾーンが整う前に攻め入ろう


ジェフの攻撃についてです。


山口の守備は、しっかりゾーンを整えて、ボールが陣内に入ってきたときに、

しっかり囲んで奪うように思います。



そのぶん、ボールへの寄せは弱く、待ってからの守備になるので、

相手に先に仕掛けさせています。



ジェフとしては、先にどんどん仕掛けて、

山口のゾーンが整う前に仕掛けたいところ。



ここ2戦の群馬戦や京都戦ではジェフの仕掛けが遅く、相手の陣内で組み立ててしまい、

うまくいかないシーンが多かったように思います。



アバウトになっても、思い切って仕掛け、

相手の陣形が整う前に攻め入っていきましょう。



③ボランチ小塚の起点となる動きに注意


ジェフの守備についてです。



山口は細かいパスをつないできますが、

昨年もボランチ庄司が起点となるなど、やや低めに起点があります。



庄司は移籍しましたが、

後方には福元やケンタローもおり、パス出しの起点となっています。



さらに、ケンタローとボランチを組んでいる小塚が起点となっていることが多く、

ケンタローがやや低めにポジショニングするのに対し、高めにポジショニングし、攻撃に絡んでいます。



かなり広く動いて起点になると、中盤だけでなく、前線やサイドにも動いて決定的なパスを出し、シュートもあるなど、

危険な選手とみています。



しっかりとプレッシャーをかけ、自由にさせないとともに、

細かいパスでの崩しを封じていってほしいと思います。



さて、4月も中旬になり、

序盤で調子の出なかったチームが、チームを整えてきている。



山口もそのうちの一つで、

ここまで1勝と苦しんでいるが、ここ3戦負けがなく、徐々にコンセプトが浸透している。



ジェフもコンセプトを徹底し戦っているが、

まだ、狙いが浸透しきれてないように思う。


ただ、しっかり戦う相手に対し、ジェフらしい戦いをすることで、

ジェフもまた調子を上げてくるように思う。



春の気温の上昇とともに、チームの調子もあげ、

勢いを増していこう


さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2群馬戦@フクアリ [プレビュー]

※4月7日分の更新です。


どうも、わたしです。



前節終了間際に得点し引き分けに持ち込んだジェフは、

ホーム連戦に群馬を迎えます。



3戦勝ちがないジェフに対し、6連敗中の群馬との対戦で、

気迫の戦いを制したい一戦です。




前節の群馬は0-2(対金沢)です。
今期から3-4-3の布陣を基本にし、パスをつなぎポゼッションを高めるスタイルに取り組んでいる。コンパクトな布陣でしっかり守り、奪ったらコンパクトなまま全体が攻め上がりスペースにつないでの攻撃は迫力がある。一方で相手に戻られてスペースを埋められてしまうとパスの出しどころがなく停滞してしまい、プレスでおされて守備陣が下がり、コンパクトを失っていっている。またここまで6戦2得点と得点力に大きな不安がある。守備ではコンパクトであれば固いが、ディフェンスラインが下がってしまい孤立するケースがあり、プレスで追い込まれてカウンターを受けるケースがある。



個人的注目点を書いていきます。


①ラインをしかりあげてコンパクトを維持しよう



ジェフは、前節は守備をセットした相手にボールの入れどころがなく、

攻撃に精彩を欠いたゲームとなりました。



守備的には高いラインを維持し、強気の守備を見せたものの、

守備単独ではリスクを感じるものであったと思います。



一方の群馬は、3バックに取り組み、パスをつないでいくスタイルを取りますが、

コンパクトができる時間帯はスムーズなものの、プレッシャーを受けるとラインが下がってしまい、攻守にバランスを欠きました。



群馬は攻撃で全体がスペースに走ってのパスサッカーが迫力がありますが、

コンパクトさがないと距離感が遠く、攻撃はつながらず、守備でもライン間が空き、コンパクトさが命のようです。



ジェフとしては、自分たちが相手よりコンパクトにし、

相手のコンパクトさを奪っていくサッカーが必要でしょう。



ジェフはしっかりラインを上げ、相手のパスをつなぐスペースを与えないとともに、

どんどんプレッシャーをかけて、相手のディフェンスを下げさせて、コンパクトを奪いたいところ。



相手の良さを奪い、さらに弱点も作りだす、

そんなコンパクトなゲームに期待します。



②ハイプレスからのカウンターを使っていこう



ジェフの攻撃についてです。



群馬はパスをつなぐスタイルですが、プレッシャーをかけられるとボールを下げて奪われないようにするため、

プレスでどんどん押し戻され、ラインが下がっていっています。



ジェフとすれば、守備的にまずハイプレスをかけて相手を追い込み、

奪ってそのまま高い位置からのカウンターをかけるのがいいと思います。



群馬は厳しいプレッシャーがかかると、最終ライン付近で孤立してくるので、

どんどんプレッシャーをかけて奪いに行って、そのままゴールを目指してほしいと思います。


③相手に前を向かせない厳しいプレッシャーを



ジェフの守備についてです。



②と同様になりますが、

プレッシャーを強くかけ、前を向かせない守備が大事と思います。



群馬の攻撃は、全体がスペースに走りこんでスペースにつないでいきますが、

前を向けないとスペースにつなげず、後ろを向いて受けてもパスワークをつなぐ方法がありません。



そのため、前を向かせてもらえないと、

ずるずる下がっていっています。



ジェフとしては、相手のパスの入りどころにしっかりとプレッシャーをかけ、

前を向かせない激しい守備で、相手を押し下げていってほしいと思います。



さて、今節の対戦相手群馬は、今期は森下監督を起用し、

パスをつなぐスタイルに挑戦している。



ここまで開幕6連敗と苦戦しているが、コンセプトがはっきりしており、

選手たちのプレーには迷いが無いように感じた。



一方のわれらジェフもやや極端ともいえるエスナイデルスタイルのコンセプトがはっきりし、迷いは少ないものの、

両軍とも、まだ結果には結びつくのに時間がかかるのかもしれない。



3戦勝ちがないジェフと、6連敗中の群馬、

負ければともにはっきりしたコンセプトに迷いが生じかねない大事な一戦だろう。



存在意義をかけて戦い、

勝利を奪っていこう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - プレビュー ブログトップ