So-net無料ブログ作成
プレビュー ブログトップ
前の3件 | -

《プレビュー》明日はJ2福岡戦@レべスタ [プレビュー]

※10月21日分の更新です。



どうも、わたしです。


前節松本に快勝し連勝したジェフは、

アウェイで2位福岡に挑みます。



自動昇格圏にいる強豪から、

勝ち点3を奪っていきたい一戦です。



前節の福岡は1-1(対大分)で引き分けでした。
前回対戦は3バックだったが、このところ4バックに変更し、4-4-2もしくは4-5-1の布陣を組んできている。前半はやや引いた布陣で相手にボールを持たせてコンパクトに奪い、FW松田力・仲川らのスピードでの速攻が鋭い。後半はFWウェリントンを投入し前に圧力をかけ、やや高い位置に押し上げてつなぎ、前を向いてパスで崩していく形が鋭い。攻守に球際への圧力が強く、守備での寄せも早い。一方で、前半はやや相手に持たせて引いてしまう時間も長く、後半は前に圧力をかける分守備への戻りに時間がかかり、早めに仕掛けられると苦しんでいる。



個人的注目点を書いていきます。


①球際でしっかりと戦い、前を向いてプレーする時間を増やしたい



ジェフはこのところ早いタイミングで前線にボールを入れることで相手の守備が整う前に起点を作り、

起点からの落としに、前を向いてプレーできていると思います。



それが得点につながり、

前節は5点、その前は3点と、複数得点で勝利していると思います。


一方、福岡は、守備が堅く、コンパクトに引いてくる一方、前線にはFW陣が強力で、

福岡もやや早いタイミングで前線に入れて、前を向いてプレーを狙ってくると思います。



ジェフとしては、相手に守備を引かせる時間を作らせず、

相手のライン間で起点を作って、ライン間で前を向いてプレーしたいところ。


福岡の球際への圧力が強いので、後ろを向かされてしまうことなく、

前を向いてのプレーに期待します。



②高い位置のコンパクトをうまく作るラリベイと船山の攻撃に注目


ジェフの攻撃についてです。



上述のように、ジェフは早いタイミングで前線にボールを入れて前を向いたプレーをしたいところですが、

そこにラリベイと船山のプレーが不可欠と思います。



ラリベイにボールを入れてポストしてくれることで起点を作り、

すぐ近くでコンパクトにプレーする船山が前を向いて受ける形を作りたいところ。



船山が前を向いて起点になれば、

さらに後ろから勇人・矢田・也真人らも追い抜いてのプレーがしやすくなり、



さらに前を向いてのプレーが期待できるでしょう。



ラリベイのポストにも期待が大きく、

前線で強さを発揮してほしいと思います。



ラリベイと船山のコンパクトな位置関係から、

前を向いてゴールに向かうジェフの攻撃に注目です。



③福岡の多彩な攻撃にしっかり対応しよう



ジェフの守備についてです。



前回対戦時の福岡は、引いてカウンターという戦術がはっきりしているようなチームでしたが、

今節では、攻撃的な時間も多く、多彩な攻撃に対応しないといけないと思います。



前半はFW仲川・松田力、ジウシーニョらスピードやテクニックがあるタイプが前線におり、

やや引いてカウンターを狙ってくることが多いですが、


後半にはFWウェリントンや石津・坂田らが投入され、

高い位置で起点を作り、前を向いて攻撃を仕掛けてきます。



サイドにも亀川や駒野ら攻撃力の高い選手がおり、

上がってきての攻撃は鋭さがあります。



ジェフとしては、多彩な攻撃にもしっかり対応し、

しっかりとした球際の強さで戦いたいところ。



まずは最前線の仲川やウェリントンにボールが入らないようにし、

後ろからの押上げにもしっかりと対応してほしいと思います。



さて、ジェフはプレーオフ進出のためにもここから勝ち続ける必要があるが、

上位戦が続き、その中でも、2位福岡との対戦は重要であろう。



遠隔のアウェイでもあり、

敵地は、自動昇格のため、真剣な戦いとなろう。



ジェフはホームで連勝してのアウェイ連戦であるが、

ここで敗戦すれば、終戦とも言ってもいい状況となる。



今期の生き残りをかけ、

敵地で2位福岡を破っていこう



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2松本戦@フクアリ [プレビュー]

※10月13日分の更新です。


どうも、わたしです。


前節岡山とのホーム戦を制し連敗を止めたジェフは、

ホーム連戦に松本を迎えます。


プレーオフ圏奪取へ向け、

上位から勝利を奪いたい一戦です。



前節の松本は1-0(対熊本)で勝利しています。
3-4-3の布陣で、球際に強く当たり守ると、奪ってからの速攻が鋭い。ボランチ岩間・パウリーニョが前で当たって奪うと、前線の高崎がボールを落とし、シャドーの石原、工藤が走りこむ形が鋭い。またWBが上がってのサイド攻撃もあり、中央で高崎やファーサイドに選手が走りこむ形も。セットプレーでの得点も多い。サイド裏にスペースがあることもあるが、基本的に守備の戻りが早くなかなか穴がない。


個人的注目点を書いていきます。

①ライン間でどうつないでいくか、アイデアがほしい



ジェフは前節、也真人や熊谷が不在でしたが、船山をやや中央に配し、

船山・ラリベイがさがって受けて、ライン間で起点を作る動きがよかったと思います。



今節の松本は、極端にコンパクトは作らないものの、奪うどころをライン間にしており、

ライン間で起点を作らせない守備をしてくると思います、



その中で、ジェフとしては、

アイデアをもってライン間で起点を作っていきたい。



やはり、ジェフもラインを上げコンパクトを作り、

全体の距離感を近くしていく事で、ライン間に入れた時のフォローの選手が近い位置にいやすい形がほしいでしょう。


また、後ろから選手が走りこむなど、

更なるアイデアもほしいところ。



ライン間で起点ができれば、松本もラインを下げなければならず、

下がりながらの対応では、後手に回ると思います。



ライン間で起点を作る、アイデアを持ったジェフのサッカーに、

注目です。


②ラリベイ、為田の球際と、清武の力強さに期待


ジェフの攻撃についてです。



ジェフはこのところ、なかなか迫力を持った攻撃ができておらず、

前節は3得点したものの、セットプレー2発とミドル1発という内容でした。


ジェフとしては、ゴール前で迫力あるプレーをもって、

ゴールを奪っていきたいところ。


特に今節の松本は、ゴール前での球際に強く、

セットプレーの守備も得意にしています。


わたしは、ラリベイ・為田の球際の強さと、

清武の力強いプレーに期待しています。



ラリベイはクロスに対し、マークを外してであったり、滞空時間を活かしてゴールを狙うことができますし、

為田は、自分で仕掛けて、競り合っても、自分でゴールを狙っていく事ができると思います、


清武は、ファウルとなることも多いものの、

力強いプレーはやはり相手にも怖さがあると思います。


ラリベイ・為田、清武で、

迫力ある攻撃でゴールを奪ってほいいです。



③裏を狙ってくる高崎の落としに注意


ジェフの守備についてです。


ジェフは前節、やや長いボールをセンターFWの赤嶺に裏に落とされ、

それが失点につながってしまいました。



今節もセンターFWに高さのある高崎が配され、

そこが起点になってくると思われます。



松本はやや引いての守備を取ってくる時間も出てきますが、

高崎に収まってしまうと速攻の起点にされてしまい、さらに裏に出されてしまうと失点につながる危険が高くなります。


前節の反省も活かし、

高崎の裏への落としに、注意してほしいです。



さて、ジェフはホーム連戦となり、

今節はプレーオフ圏内のチームとの対戦となります。



松本からも多くのサポーターが押し寄せることが予想されており、

フクアリは激戦の様相となるでしょう。



ジェフとしては、

ホームでの勝利は譲れない。



この一戦で勝利を奪い取り、

残りゲームで勢いをつけていくためにも、絶対に勝利のほしいゲーム。



松本から勝利を奪い、

ホームで連勝を果たしていこう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2岡山戦@フクアリ [プレビュー]

どうも、わたしです。



前節前々節と終了間際の失点で敗戦したジェフは、

ホームに岡山を迎えます。



ともにプレーオフ圏を目指すものの連敗し、ジェフ12位、岡山10位と、

生き残りをかける一戦です。



前節の岡山は0-3(対大分)で敗戦しています。
3-4-3の布陣でコンパクトに前に押し出し、奪っては速攻で攻める形が鋭い。前線のFW赤嶺・豊川らに早めに入れて、サイドへ落としサイドからのクロスを入れる形やシャドーが絡んでゴールに向かう形が多い。また後半から入るFwオルシーニもボールが収まっており、同じく後半から入る石毛とともに球際への強さがある。一方でこのところややコンパクトさがなく、早いタイミングでライン間にボールを入れられてしまうと、起点を作られて、裏に抜け出されてずるずる下がるシーンが目立つ。


個人的注目点を書いていきます。



①相手よりコンパクトに、早いサッカーで崩そう



ジェフは、ここ2戦、早いタイミングで縦に入れて起点を作ることでペースを作り、

悪くないサッカーをしていると思います。



ただ、守備面でやや間延びしてしまい、

コンパクトさがなく、攻め込まれてしまう場面もありました。



一方で、岡山もあまり前でコンパクトを作れず、

ライン間に入れられてしまうことで、最終ラインが下がってしまうことが課題に見えました。



ジェフとしては、よりコンパクトな陣を作り、

早いタイミングで相手のライン間で起点を作るサッカーをしたい。



也真人や矢田が動いて起点を作るとともに、

ラリベイが相手の間に下がって受ける形が期待できます。



これによってライン間で起点ができれば、裏への動き出しができるようになり、

相手の3バックの脇のスペースが使えるようになります。




コンパクトを活かし、

相手を間延びさせるようなサッカーに持ち込んでほしいです。



②ゴールへの迫力ある攻撃へ、為田、清武に期待


ジェフの攻撃についてです。


ジェフはこのところ、いい攻撃はできるものの、

ゴール前での迫力が足りず、なかなかゴールが取れていません。



ゴール前では積極的に仕掛けてほしいと思いますし、

迫力ある攻撃に期待したいところです。



ジェフでは特に、為田、清武のFW陣に、

期待したい。


両選手とも高い位置でボールを持てば、どこからでもシュートできる力がありますし、

テクニック、ドリブルでの仕掛け、高次元でそろっているといえるでしょう。



前への迫力をもってプレーし、

相手ゴール前を大いに慌てさせてほしいと思います。



③豊川・赤嶺にラインを下げさせられないようにしたい


ジェフの守備についてです。


岡山の攻撃は、コンパクトな守備で奪うと、そこからの速攻に鋭さがあり、

前線の豊川・赤嶺にボールが入り、収めているところに、選手が上がってくると怖さがあると思います。



ここで、豊川・赤嶺にラインを下げさせられてしまうと、全体が間延びしてしまい、

後ろから相手選手が上がってきて、岡山のやりたい形になってしまいます。



ジェフとしては、豊川・赤嶺にボールが入るところでしっかり当たり、

相手を自由にさせないことが大事でしょう。



前節は、大久保、キムボムヨンが、闘莉王らと渡り合いましたが、

ややラインが下がってしまった面もあります。



互角以上にわたりあいつつ、

さらにラインをあげてコンパクトを作れる守備に期待です。



さて、ジェフはレジェンドマッチもあり、

おおくのレジェンドを招いてのゲームとなる。



海外からもジェフについてのコメントを送ってくれることも多いチェヨンス氏らをはじめ

ジェフを心配してくれている方も多いだろう。



レジェンドたちに、今年の新しいジェフの戦いを、

しっかりと見せるゲームが必要であろう。



レジェンドを迎え、

胸を張り、ジェフらしい戦いで勝利をつかもう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - プレビュー ブログトップ