So-net無料ブログ作成
検索選択
プレビュー ブログトップ
前の3件 | -

《プレビュー》明日はJ2松本戦@アルウィン [プレビュー]

※3月18日分の更新です。


どうも、わたしです。



前節ホーム初勝利を挙げ、首位に立ったジェフは、

アウェイの松本に乗り込みます。


相手はホーム開幕戦となりますが、

雰囲気にのまれず勢いを増して勝利を奪いたい一戦です。



松本の前節は、1-0(対岐阜)で勝利
今シーズンはセットプレーでの1得点にとどまり、やや得点力に不安があるが、セットプレーには強さがある。3-4-3の布陣でやや低い位置で布陣し、エリアに入ってくると早いプレスでつぶしに来る。奪ったら速い攻撃への転換でスペースに走るFWにボールを出していく。ボランチ岩間、DF飯田らがボールの起点となり、それをFW高崎が落として、シャドーの工藤、セルジーニョらが狙う形を作ってくるか。3バックの布陣を取っているため、WBの裏にスペースがあることもあるが、5バック気味に引いてしまうことも多く、守備が固い。



個人的注目点を書いていきます。



①ジェフがしっかりボールを持ち、主導権をもって相手を動かそう


ジェフは前節、名古屋を相手に、相手にペースを譲らず、

自分たちがボールを持つ時間が長くプレーできたと思います。



しかし、攻撃面では、相手を完全には崩せず、リアクション的になる場面も多く、

まだまだ相手を主導権をもって崩すには至っていない印象です。


一方で、松本の前節は、岐阜にポゼッションをわざと渡し、

やや引いてブロックを引いたところで、相手が攻めてくるのを待つ展開で、有利に進めました。



相手が主導権を握りつつもしっかりした守備に攻めきれず、何もさせないような展開が続き、

セットプレーでの得点で勝つという、松本の特徴も出たゲームだと思います。



ジェフとしては、ボールはしっかりポゼッションし、相手に明け渡さない時間を作りつつ、

自分たちが主導権をもって、相手を崩していきたいところ。



サイドからサイドへの大きなサイドチェンジで相手を揺さぶり、

どんどん動かしていってほしいと思います。



また相手のコンパクトな布陣の間でも、清武、也真人、熊谷らは球際に強く、起点になれるだけの力がありますので、

揺さぶって崩したところを、中央から仕掛けていくこともできると思います。



主導権を譲らず、崩していけるジェフのサッカーに、

注目です。



②サイド裏で起点を作り、ゴールへつなげよう


ジェフの攻撃についてです。



松本はコンパクトな布陣で、自陣では早く寄せて守備をしてきますが、

3バックを敷いている関係上も、サイドのWBの裏にスペースがあることがあります。



ジェフとしては、サイドから攻めるというのはもともと狙っている形でもあり、

サイドの裏で起点を作って攻めたいところ。



サイドチェンジで相手のコンパクトが寄った逆サイドの空いたスペースに振り、

サイドの裏で起点を作っていきたいところ。



ジェフの前線は人数が多く上がっていますので、

どんどんクロスを入れていくのもいいですし、



サイドからサリーナス、北爪らがどんどん仕掛けていっても、

面白いでしょう。



サイドを起点に攻める、

ジェフの攻撃に注目です。

③松本のボール出しの起点を押し下げる守備を



ジェフの守備についてです。



松本の攻撃は自陣で奪ってから早い攻守の交代でのカウンターが多くなると思いますが、

ボランチ岩間、パウリーニョ(今節は契約上不在?)、DF飯田らがボール出しの起点となり、



FW高崎をターゲットに、

遅したボールをシャドーの工藤、セルジーニョらが狙う形をとってくると思います。



ジェフとしては、高いハイラインの裏にボールを出させる前にプレッシャーをかけて、

ボールを早く出させないともに、ボールの正確性を削ぎたいところ。



そのため、相手のボール出しの起点を、

押し下げる守備に注目です。




相手にボールが渡ったら、早い攻守の切り替えで守備に転じ、

高い位置からしっかり寄せてくことが大事でしょう。



ボール出しの起点が、自陣ゴールから遠くなればなるほど、DFが対応しやすくなりますし、

相手にボールが渡る可能性を減らすことができます。



そのためには、前線のハードワークが、

必要です。



相手の起点をできるだけ押し下げる、

前線のハードワークによる守備に注目です。



さて、ジェフはすでにホームで2戦を行い、勝利もあげたが、

松本はこのゲームが少し遅いホーム開幕戦となる。



多くの松本サポーターが待っていたであろうし、

熱の入ったゲームになるだろう。



しかし、そんなゲームでこそ、今期のジェフは、

熱く戦い、面白いゲームを見せ、勝利を奪っていくことができるだろう。



新しいジェフのハイラインを敷いたサッカーが躍動し、

相手サポーターを驚かせ、そしてその楽しさに引き込むことだろう。



初戦となるアルウィンをジェフの世界に引き込み、

勝利を奪っていこう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

《プレビュー》明日はJ2名古屋戦@フクアリ [プレビュー]

※3月10日分の更新です。


どうも、わたしです。



前節ホーム開幕戦で引き分けたジェフは、

ホーム連戦に名古屋を迎えます。



J2で初の対戦となる相手から、

今期のホーム初勝利をもぎ取りたい一戦です。




名古屋の前節は、1-1(対岐阜)
3-4-3の布陣を敷き、やや引いたゾーンで守り、攻撃は細かくパスをつなぐスタイルをとる。低い位置から細かくつないでいき、主にサイドから攻撃を進めていく。FW永井が広い範囲で動いてボールを収め起点となると、そこに佐藤寿人、玉田らが絡む攻撃はインパクトがある。攻撃のバリエーションは広く、セットプレーも強い。一方で、守備がやや寄せが弱く、陣を固めてしまうことでボールウォッチャーになることが多く、先手を取られて崩される場面も。細かくパスをつなぐ場面でもややコンパクトさがなく、プレスで孤立する場面も見られる。



個人的注目点を書いていきます。


①コンパクトで早い寄せで相手を寸断しよう



ジェフは前節引き分けながら、早い寄せとアグレッシブなサッカーで、

手応えのあるゲームを見せました。



特に前線でのセカンドボールへの寄せが早く、

リアクション的ではありますが、相手を崩す場面もありました。



一方名古屋は、細かくボールをつなぐスタイルを取り、

自分たちのパスで崩すサッカーを徹底しているようです。



前節は、引き分けでしたが、岐阜のコンパクトさに孤立する場面も多く、

守備でも寄せきれず、先手を取られると後手を踏む場面が多くみられ不安な内容でした。



ジェフとしては今節もアグレッシブに攻め、

特にコンパクトで早い寄せに注目です。



相手にボールが渡っても、前線からしっかり早く寄せて、

相手のパスコースを寸断するとともに、



2の矢3の矢が出し先にも寄せて、

どんどん押し上げていってほしいと思います。



最終ラインが押し上げることで、コンパクトさを出し、

名古屋の陣形を寸断することができると思います。



今節もコンパクトで早い寄せに、

注目です



②ゴール前にどんどん入れていく攻撃


ジェフの攻撃についてです。


名古屋の守備はしっかり陣を敷いて守っており、

狭いゾーンを組んで、ボールを入れさせない形になっています。



一方で、ボールホルダーにしっかり寄せられておらず、見てしまうことが多いので、

先手を取られると全体的にボールウォッチャーになってしまい、ゴール前でもつながれてしまっているように思います。



ジェフの前線は非常に人数も多く、ゴール前に走りこむ人数も多いので、

相手の守備人数がいても、どんどんゴール前に入れていってほしいと思います。



ウォッチャーになってくれれば、先手を取って飛べば先に触ることもできますし、

相手が先に触っても、陣形が崩れてくれるので、セカンドボールに一斉に寄せる攻撃が有効になってきます。


また、ボールホルダーへの寄せも甘いので、

入れていくボールの精度も高い精度で入れられるものと思います。



ボールが入り前を向けた段階で早めにゴール前にボールを入れ、

どんどん仕掛けていってほしいと思います。



③永井龍をしっかり捕まえよう



ジェフの守備についてです。



名古屋の攻撃はパスを細かくつないで徐々に崩していくスタイルとなっていますが、

前線の永井の運動量で、起点を作っている部分も大きいと思います。



永井は中央だけでなく、サイドにも流れて起点となり、

他選手がゴール前でボールに絡みやすくする働きがあると思います。



ジェフとしては、永井をしっかり捕まえて、

自由にさせないことが必要です。



ジェフとしては高いラインをしっかり上げることで、永井の動くエリアを限定させることが大事ですし、

同時に裏への飛び出し、下がってのポストプレーにもついていくことが必要です。



球際にも強い選手なので、

競り負けることなくしっかり当たることも必要でしょう。



永井を自由にさせず、

自陣でイニシアチブをとったサッカーを見せてほしいと思います。



さて、今節の名古屋との対戦では、

やはり佐藤寿人の存在を意識しないわけにはいかないだろう。



ジェフが育てながら、育てきることができず、

外国人FWに頼ってきた歴史を思い起こさずにはいられない、そんな才能なのかもしれない。



敵としてなのは残念であるが、再び千葉で見ることができるというのは、

うれしいこと。



寿人擁する名古屋をしっかりと抑えて、

今期のホーム初勝利をあげよう




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

《プレビュー》明日はJ2山形戦@フクアリ [プレビュー]

※3月3日分の更新です。


どうも、わたしです。



前節アウェイで初勝利を挙げたエスナイデルジェフは、

ホーム開幕戦で、山形を迎え討ちます。



今期から木山監督を迎えた山形、

もっともジェフを知る男を破っていきたい一戦です。



山形は初戦は2-1で京都に勝利。
3バックのシステムを敷き、サイドには攻撃的な選手を配した。コンパクトな布陣で球際に強くいく守備で守ると、早めにFW阪野に収めさせて全体が上がってくる攻撃が多い。ボランチ風間・本田、シャドー南らを起点に攻撃をし、FW阪野・瀬沼がゴール前で待ち構える。WB瀬川、鈴木雄からのクロスに飛び込む形も。守備はボールに寄せている間にしっかりもどり、陣形を固め、固い布陣。WBが攻撃的であるためややサイドの裏がもろく、サイドから崩されている。


個人的注目点を書いていきます。



①球際で負けず、先にボールに触っていこう


ジェフは、前線に4人が入り、さらにサイドも高い位置を取る、

かなり攻撃的なサッカーで、初戦を飾りました。



一方で、山形も初戦ではWBが高い位置を取り、攻撃的な布陣でしたが、

非常に攻守のバランスが取れ、寄せも早く、安定感がありました。



山形はボールへコンパクトに寄せてきますが、

先にボールに触られて、FW阪野に向けてボールを入れられてしまうと、ジェフはずっと後手を踏んでしまうことになります。



後手を踏むと、ライン裏で後ろ向きに走らされたり、

ボールに寄せたのに触れず、逆を突かれることになり、



つねにスタミナを浪費するとともに、

スペースをあけ、ピンチを作ることになります。



ジェフとしては、常に先にボールに触り、

先手を取っていきたいところ。




もともと高い位置に押し込んで、セカンドボールにも先に触りに行って、

高い位置でプレーするのもジェフの狙いの一つ。



相手より先にボールを触り、すぐに前線に入れていくことで、

相手に押し返せないサッカーをし、ペースを握ってほしいと思います。



②早い攻撃で、相手が寄せる前にパスを出して、どんどん前に出よう


ジェフの攻撃についてです。



山形の守備は、ボールサイドにコンパクトに来るので、

寄せられてしまうと、ボールが出にくくなり、距離感の遠いジェフはやりにくくなります。



相手に寄せられる前につなぎ、

それと同時に、早く上がっていくことが大事と思います。



町田戦では、サイドで長い時間ボールを持つことをせず、

どんどん也真人や清武が前に出て、ボールをもらって、攻撃をつないでいました。



山形に対しても同様に、相手が寄せる時間を作らせず、

どんどんスペースに走りこんでいくサッカーを見せてほしいです。


③阪野・瀬沼に注意。



ジェフの守備についてです。



木山監督は、しっかりとジェフ対策をしてくると思いますが、

裏にボールを落として、そこに走りこんでくるというのは、必須と思います。



相手の瀬沼選手は、裏に抜けてボールを競り合うことも多く、

ジェフも今まで多くやられてきています。


今節も、阪野が落としたボールに瀬沼が抜けてくる形というのが、

要注意と思います。



相手のボールは一度阪野にあてて納めてくる形が多いですが、

今節は、阪野がヘッドですらして、そのままゴール前に落としてくることも予想されます。



また、相手の起点となるボランチ風間・本田、シャドー南らから、

ロングボールがでてくることも予想されます。


そうした最終ラインを越えてくるボールに対し、

瀬沼が走り抜けてくる形を抑えなくてはいけません。


瀬沼を捕まえ続け、マークを外さないことも大事ですが、

やはり、最終ラインを高い位置をしっかり保つことも大事でしょう。



ゴールから遠いほうが、守備に回る時間も長く取れ、

相手の精度も下がるはずです。



ジェフらしい高い位置の守備で、

阪野瀬沼から、ゴールを守ってほしいと思います。



さて、ジェフはホーム開幕戦を迎えるが、

町田に続き、嫌な相手との対戦と、言えるだろう。



木山監督は、ジェフのサッカーをよく熟知しており、

対策を練ってくるものと思います。



ここでは前節の内容に基づいてプレビューを書いたが、

4バックへの変更や、選手の入れ替えなども予想され、引いてくる可能性も排除できない状況と思います。



しかし、優勝を目指すためには、どんな対策を取られても、

しっかりと自分たちのサッカーをやりぬいて勝つ、そんな強さが必要だろう。



特に今節は、

ホーム開幕戦。


相手の対策に注意しつつも、

自分たちのサッカーを目いっぱい見せ、勝利をもぎ取ろう。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

前の3件 | - プレビュー ブログトップ