So-net無料ブログ作成
検索選択
プレビュー ブログトップ
前の3件 | -

《プレビュー》明日はJ2岐阜戦@長良川 [プレビュー]

※6月24日分の更新です。



どうも、わたしです


前節リーグ戦ではアウェイで水戸に敗戦したジェフは、

天皇杯との連戦で、アウェイ岐阜に乗り込みます。



例年激戦となる長良川で、

勝利がほしい一戦です。



前節の岐阜は、1-1(対岡山)で引き分けです。
4-1-2-3の布陣で、ポゼッションを志向したサッカーを展開。守備ではコンパクトに前から寄せる守備でボールを奪い、攻撃では細かいパスで細かくつなぎ、パスコースが空くとスピードのある前線に縦パスを入れていく攻撃が鋭い。アンカーのMF庄司を中心に前にボールを入れ、スピードのあるFW難波、大本、古橋が絡む攻撃は怖さがある。またハイプレスでひっかけたボールはダイナモとなっているMFシシーニョが拾い、ゲームを有利に進めている。かなり高いラインを敷き、ハイプレスもかけてくるので、裏のスペースが広いとともに、下がりながらの対応ではやや不安定さがある。


個人的注目点を書いていきます。


①人もボールも動かし、しっかりポゼッションしよう


岐阜は、コンセプト的にジェフに近いところもあり、

ボールポゼッションを志向し、高いラインでハイプレスを狙ってくるところなど似ていると思います。


一方で、ジェフはボールを大きくサイドに振っていくのに対し、

岐阜は細かくパスをつなぎ、前へのパスコースが空いたら縦に長いパスという違いがあるように思います。


両軍とも運動量が必要で、人もボールもよく動かないと、

コンパクトな布陣や、プレスが維持できず、ポゼッションも取れないのではないかと思います。


ジェフとしては、運動量やボールの動かしで岐阜を上回り、

ポゼッションを握って押し込みたい。



ジェフらしさを出し、岐阜らしさを抑えるうえで大事なことだと思うので、

しっかりと動いて、大きな展開でサイドから動かしていってほしいと思います。


②サイドから早い攻撃で下がらせよう



ジェフの攻撃についてです。



岐阜は高いラインを敷いて、前にコンパクトにプレスをしてくることが多い半面、

下がりながらの対応では、相手にライン間でボールを持たれるとラインをあげきれず、やられてしまっているように見えます。



ジェフとしては、サイドからの早い展開で、

相手を下がりながら対応させるような攻撃を目指したい。



サイドの裏に早く入れていくことによって、相手のラインが下がりながら対応させ、

相手のライン前にマイナスのクロスを入れたり、ライン上のセンターフォワードにポストさせてライン前に落とす形を目指したい。



岐阜も守備的MFは1人なので、やや最終ライン前にはスペースがあり、

ここをうまく使って、攻撃を有利に進めてほしいと思います。



③岐阜の両サイドのスピードに注意


ジェフの守備についてです。



岐阜の攻撃はアンカーの庄司の周辺で細かくパスを回し、

庄司からのパスコースができると縦に早く入れていく形になっていると思います。


ボールの入れ先はサイドの裏が多く、

FW大本、古橋や、センターFWに入る難波・シシーニョらもサイドで受けていくような形があります。


どの選手もスピードがあり、

裏に抜けられてしまうと一気にチャンスになる怖さがあります。



ジェフとしてはコンパクトなプレスを維持し、庄司のパスコースを空けないようにするとともに、

裏に抜けていくサイドの動きについていくことが必要でしょう。



岐阜のポゼッションをしての鋭い攻撃に、

しっかりと対応してほしいと思います。



さて、長良川でのゲームは気候もゲーム内容も厚くなることが多く、

今年も梅雨の真っただ中でのゲームとなった。



走ることを前提に作られた両軍の戦いとしては、

かなり過酷な環境だろう。



ただ、ここでハードワークで勝っていくことで得られる自信も、

その分大きいに違いない。



アウェイ岐阜で相手より走るハードワークを見せ、

勝利をもぎとっていこう



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

天皇杯2回戦は東京Vと。リーグ戦のリベンジを! [プレビュー]

どうも、わたしです。



21日(水)は、

天皇杯2回戦で、フクアリで東京Vとのゲームとなります。



今回の対戦はDAZNでの放送もなくみられなそうなので、

このブログでは通常のプレビュー、即レポ、レポートの形は、お休みしようと思います。




東京Vとは5月17日にJ2第14節で対戦があり、

0-3という点差で敗戦しています。



ジェフとしては押し込んだ形は作るもののゴールを決めきれず、

逆に、相手にはしっかりとチャンスを決められてしまった印象でした。



ジェフとしては今回の天皇杯はフクアリでの対戦で、

ホームゲーム同然のゲームですので、リベンジをしたいところです。



ただ、ジェフは直前のリーグ戦の水戸戦でも敗戦し、

また今回は天皇杯というカップ戦でもあるので、選手の変更があるかもしれませんね。




エスナイデル監督はその時の最高のメンバーで臨むという印象がありますが、

中3日での連戦の水曜のゲームですので、どう考えるか、注目ですね。



ジェフはコンセプトもはっきりしているので、カップ戦だからどう変えようというところはないものと思いますが、

今年初めて公式戦で2回目の対戦となるチームなので、対策という面は出てくるのかもしれません。



チームとしても、先月敗戦している相手ですので、

負けるわけにはいかないですね。



リーグ戦でももう一回対戦があるチームですし、

先月のリベンジをしっかりしてほしいと思います。



平日の開催ということで、なかなか応援も大変だと思いますが、

現地に行かれる方は、ぜひ応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2水戸戦@Ksスタ [プレビュー]

※6月16日分の更新です。



どうも、わたしです。



前節首位福岡と引き分けたジェフは、

アウェイ水戸に乗り込みます。


11戦無敗の好調水戸に対し、

勝利を奪いたい一戦です。



前節の水戸は1-0(対松本)で勝利しています。
4-4-2の布陣を敷き、コンパクトでややラインの高い陣を敷いている。コンパクトな陣で相手に起点を作らせず守ると、ボランチ内田・橋本から、FW前田・林に入れ、サイド攻撃につなげていく形が多いか。FW前田は好調でスピードで優位に立ち収めていくとともに、林は高さ強さで存在感がある。FWに収まるとサイドバックが上がってきてサイドから攻める形が多い。一方で中央の起点がボランチでやや低く、ロングボールが多いか。また守備面ではラインが高いので裏のスペースを使われることも多く、またサイドバックが上がるのでそのスペースや、コンパクトにしたサイドの脇など、使われている。


個人的注目点を書いていきます。

①カウンターを大事に、スピードともって攻めよう



水戸の陣形はコンパクトで、

しっかり陣を敷いてしまうと、なかなか穴がありません。



ここ11戦負けなしと、

好調を保っているのは、この守備面によるところも大きいと思います。



一方で、攻撃に転じると選手の動きがかなり流動的で、

守備に戻る瞬間は、かなり陣形が乱れて、ライン間が空いている印象です。



そのため、ジェフとしては、カウンターを大事に、

相手のコンパクトが戻る前に、スピードをもって攻めたいところ。



相手の陣が出来上がる前にライン間で起点を作り、

サイドバックの裏や、相手の高めのライン裏にボールを入れていってほしいと思います。



また、相手の攻撃の起点も低めなので、

ハイプレスも有効でしょう。



高い位置のハイプレスで奪ってのショートカウンターも、

うまく使っていってほしいです。


②サイドを大きく使い、ライン裏に入れていこう

ジェフの攻撃についてです。


水戸の陣形はコンパクトで、4バックなので、

ややサイドがうちに締めて空いている印象です。


そのため、早い攻撃でないシーンでは、

サイドを大きく使った攻撃に注目です。


サイドに大きく振ることで起点をつくり、

相手のやや高いライン裏に入れていってほしいと思います。



③水戸FW前田、林に注意

ジェフの守備についてです。



水戸はボランチを起点に攻めてくるものの、

やや起点が遠く、FWへのロングボールが多くなっています。


しかし、FW前田・林が好調で、よくボールが収めり、

サイドバックが上がってきてのサイド攻撃などで、ゴールへつなげています。


ジェフとしては、この2人のFWに、

注意が必要でしょう。


特にルーキー前田がスピードで注目を集めており、

DFを置いていくスピードで、裏へのボールに走りこんでくるのは注意が必要です。


また、林も高さ強さがあり、

しっかり収まるポスト役になっており、注意が必要でしょう。



マークを外さず、しっかりと対応してほしいと思いますし、

特にGKに、広い守備範囲が求められると思います。



さて、ジェフはやや苦手とするKsスタでの、

ゲームとなる。


ここまで2勝4敗1分けと負け越しており、

さらに、今期は水戸がここまで11戦負けなしと、好調と保ってのゲームとなる。


ただ、前節ホーム戦で感じられたのは、

ジェフもチームが出来上がりつつあり、ゴールまでもあと一歩というところに来ているだろう。



水戸を打ち破ることで、

勢いをつけるに値するゲームを期待しよう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - プレビュー ブログトップ