So-net無料ブログ作成
検索選択
プレビュー ブログトップ
前の3件 | -

《プレビュー》明日はJ2湘南戦@フクアリ [プレビュー]

※8月15日分の更新です。


どうも、わたしです。


前節劇的なアディショナルタイムのゴールでホームで連勝を飾ったジェフは、

ホーム連戦に首位湘南を迎えます。



首位チーム相手に、ホームの利も生かし、

勝利を掴んでいきたい一戦です。



前節の湘南は、2-0(対長崎)で勝利しています。
3-4-3を基本に、メンバーは入れ替えながらも、ぶれない戦い方で昇格圏を維持している。コンパクトな布陣でボールの入り先を作らせず強い球際で奪うと、スペースでパスをつなぎスペースに動いてゴールへ向かう。前線のFWジネイによくボールが収まり、ジネイ自身もまえをむいてくるが、まえ落としたボールに2シャドーの表原・斎藤・山田らが絡んでの攻撃は鋭い。さらにWBやボランチも攻撃参加してきて厚みがある。一方で攻撃参加した際は別の選手もバランスを取っており、守備は堅い。攻守に安定しており、なかなか穴が見つからない。


個人的注目点を書いていきます。



①相手のバランスを崩す速さのある攻撃を



湘南のサッカーは選手がかなり流動的に動いてスペースを使ってきますが、

その分選手間でバランスを取って、穴が開かないサッカーをしているように見えます。


そのため、得点力ではそれほどJ2で上位ではないのですが、

失点が少なく、昇格圏を維持しています。



ジェフとしては、点を取るために、

そのバランスを崩さなければいけません。


そのためにも、早さのある攻撃で、

崩してほしいと思います。


横へ、縦へ、一つ一つのパスを早く、

さらに前への動き出しを早く、相手に後手を踏ませて攻め切る、そんなサッカーを見せてほしいと思います。


②連動した速攻で攻め切ろう


ジェフの攻撃についてです。



上にも書いたように、湘南の守備は堅く、

特にコンパクトな選手間を突破しなくてはいけません。



ジェフとしても、攻撃の選手間を狭くし、

一気に突破していくような動きが必要でしょう。



そんな中、選手の連動性が、

大事だと思います。


縦パスに呼応して、ほかの選手がボール近くに入っていくような、

そんな動きがほしいと思いますし、


ロングボールがターゲットに入った形に対し、

スペースに動くような動きが必要だと思います。



連動した速攻で、

攻め切ってほしいと思います。



③FWジネイをしっかり抑えよう


ジェフの守備についてです。


湘南の攻撃はスペースに動き出してくるので、ジェフとしてはコンパクトを維持し、

すべてのエリアに気を配らなくてはならないので、容易ではありません。


ただ、その中でも大きな要素として、

FWジネイをしっかり抑えることだと思います。


FWジネイが前線でしっかり収め、後ろを向いてのポスト役も、前を向いての起点も、

多くの役目をこなす、万能型となっていると思います。


ここを起点に、後ろからシャドーやWBらがスペースにあがってくると、

シュートまでつながってしまいますので、


ジェフとしては、

ジネイにはいるボールを抑えたい。


ハイラインでしっかりラインをあげつつ、

ジネイのマークを外さない、そんな守備が必要でしょう。



CBやボランチがジネイの位置を把握して、

しっかり押さえてほしいと思います。



さて、ジェフはここまでホーム無敗で来ており、

ここで首位湘南を迎えるこのゲームは、非常に緊張感のあるゲームであろう。



ここまで作ってきたチームが、

どれだけ首位チームに通用するか、試されるゲームでもある。



ジェフが昇格を果たしていくためには、

乗り越えなければいけない壁であろう。



首位相手にホームで勝利を掴み、

まずはプレーオフ圏に上がっていこう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2山口戦@フクアリ [プレビュー]

※7月10日分の更新です。



どうも、わたしです。


前節、アウェイで徳島との熱戦を制したジェフは、

ホームに山口を迎えます。


真夏のホーム連戦で、

連勝を果たすべく落とせない一戦です。



前節の山口は1-2(対熊本)で敗戦しています。
監督交代があったが、大きく変えることなくつなぐサッカーを継続しているように見える。4-4-2を基本にコンパクトに布陣し、奪うと、細かくパスをつないで攻める。ケンタロー・三幸・福元らを起点に縦パスを入れ攻撃のスイッチを入れている。またサイドバックが上がってのサイド攻撃も多い。ディフェンス陣やや競り合いや球際で弱さを感じ、失点が増えている。また攻撃でターゲットになる選手がおらず、ロングボールでチャンスが作れていない。


個人的注目点を書いていきます。


①サイドで押し込んだ戦いをしよう



山口はジェフと同様ポゼッションを高めてくると思われますが、

ジェフとしては、できるだけ起点を低くさせるとともに、ターゲットとなる裏に抜けてくるFWを孤立させたいと思います。



パスの起点はケンタローや三幸らボランチと、福元らセンターバックで、

こちらも押し込んでいくことで、パスの出元が遠くなり、リスクは減ります。



さらに、サイドを押し込んでおくことで、ターゲットとなるFWが孤立し、

高い位置でつながせることをさせにくくすると考えています。



そのためにも、サイドで押し込んだ戦いをし、

ジェフがピッチを広く使い、ポゼッションを有利に進めていきましょう。


②相手のライン間で起点を作る形で得点しよう


ジェフの攻撃についてです。



山口の守備は、コンパクトにラインを組んでボールの入り先で奪ってきますが、

やや守備陣がFWに押し込まれ、コンパクトさが出せておらず、失点が増えているように感じます。



ジェフとしても、強力な3トップで相手の最終ラインを押し込み、

ライン間をひろげて、そこで起点を作っていきたい。



3トップが作ったライン間で、也真人や壱晟・矢田らが起点となり、

裏へのボールを入れ、そこから得点につなげていってほしいと思います。


③相手の交代策でのリズムの変化に注意


ジェフの守備についてです。



相手はFW岸田と小野瀬がトップに入っており、

やや低い位置からのボールを受けて、仕掛けていく形が多いと思います。



この2人はスピードに特徴があるように見えますが、

交代で入ってくるレオナルドラモスは高さもあり、交代で狙いが変わってくることが注意点だと思います。


裏へのスピードを狙ってくる先発組に対し、

前線での高さも使ってくる形に対応することが必要だと思います。



相手に高い位置で起点を作らせないよう、

注意が必要です。



さて、シーズンも中盤を超えてきたが、

暑い盛りの中、けが人や累積リーチの選手も多く、総力戦になってくる様相である。


全員が限界まで走り、

補いあって戦わなければいけないだろう。



サポーターも総力戦だろう。



疲労し気力が折れつつある選手たちを、

支えていかねばならないだろう。




真夏の厳しい戦いを支え、

全員で勝利を掴んでいこう



WIN BY ALL!



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2徳島戦@鳴門大塚 [プレビュー]

※8月4日分の更新です。



どうも、わたしです。



前節、アウェイでの勝利を逃したジェフは、

アウェイ連戦で、徳島に乗り込みます。



アウェイで勝っていくためにも、

勝利のほしい一戦です。



徳島の前節は0-2(対湘南)で敗戦しています。
ダイヤモンド型の4-4-2で、ポゼッションを重視したサッカーをしてくるが、速攻もバランスよく使い、怖さがある。バランスの良い守備でパスの入りどころで奪うと、パスをスペースにつないで攻めてくる。流動的にスペースにつなぎ、前に出てつないでくる形は捕まえにくい。またFW渡によく収まっており、そこにFW山崎、MF島屋がからみいい攻撃になっている。またサイドバック馬渡やアンカー岩尾が上がってからむことも多く、攻撃に厚みがある。守備は安定しているものの、藤原ら本職のCBが入らないことも多く、やや高さに難がある。



個人的注目点を書いていきます。


①コンパクトを維持し、繋がせない形を



今節は、ジェフも徳島もポゼッションを狙ってのサッカーになると思われ、

どう自分たちのサッカーに持ち込むかが大事と思います。



徳島はうまくスペースでつなぎ、ポゼッションを高めてきますが、

ジェフは、しっかりラインをあげてコンパクトを作ることで、相手をつなぎにくくできると思います。


この夏場、できるだけボールを持っている時間を長くというのは、

戦術だけでなく、スタミナ的にも大事でしょう。



ジェフとしてはラインをあげることでは走る距離も長くなりますが、

しっかりコンパクトを作り、相手のパスをつなげるスペースを消していきましょう。


②セットプレーでの高さを活かしたい

ジェフの攻撃についてです。



ジェフはこのところ、セットプレーでの得点も伸びており、

大事と思います。


徳島は守備のバランスもいいですが、

ややセンターバックが本職の選手が入らないこともあり、高さに不安もあると思います。



ジェフとしては、セットプレーを有効に使い、

得点を狙っていきたいところ。



ラリベイや指宿の高さを活かすとともに、

乾やドゥーらの頭も、ターゲットとしては狙いどころです。



清武のキックの精度も高く、

非常に得点が見える攻撃になると思います。



流れの中でも得点を狙い、さらにセットプレーでの得点を活かし、

勝利へ結び付けてほしいです。



③常にバランスを意識した守備を


ジェフの守備についてです。



徳島の攻撃は速攻遅攻、中央サイド、バランスが良く、

空いたところで攻めてこれるだけの力があります。



ジェフは攻撃で上がってしまい、守備のバランスを失うことが多いですが、

空いたところから徳島に攻め込まれてしまう恐れがあります。



ジェフとしては、常にバランスをとってサッカーを作り、

守備に転じても穴をあけないことが大事と思います。



サイドバックが上がれば、別の選手がカバーできる体制を作るなど、

穴を意識した守備が必要と思います。



さて、8月に入り、

シーズンも3分の2に近づいてきている。



ジェフも上位をたたいていかなければ、

いけない時期である。



徳島は3位に位置しており、

負けられない相手であろう。



フクアリでの対戦時は相手に退場者もあり、勝っているが、

この対戦ではアウェイで勝たなくてはいけない。



この一戦で結果を残し、

さらに上を目指そう



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - プレビュー ブログトップ