So-net無料ブログ作成
即レポ(2014) ブログトップ
前の3件 | -

途上-山形戦即レポ [即レポ(2014)]

ジェフ0-1山形


どうも、わたしです。



まずは、味スタを黄色に染めてくれた、

サポーターの皆様、お疲れ様でした。



味スタに響き渡ったWINBYALLコールは、

鳥肌の立つような雰囲気でした。



わたしは、

BS観戦です、あしからず。




さて、今シーズン、長い戦いでしたが、

ジェフは昇格をつかむことができず、また手のひらから滑り落ちました。



悔しい気持ちもありますが、

今シーズンは、来季に更なる発展を期待する気持ちです。



サッカー的には、今日のジェフは、

よく山形対策ができていたと思います。



後方で寄せられても落ち着いてボールをさばき、

大きなサイドチェンジから、サイドで起点を作っていく攻撃もはまっていたと思います。


また、サイドチェンジで相手のディフェンスをはがしたところで、

縦パスで一気にボールを入れていく鋭さもあったと思います。



こういった部分は、山形対策が、

しっかりした部分ではないかと思います。



ただやはり、

ゴールが遠かった。



決定機もたくさんありましたが、

決めきることができなかったですね。



今年のジェフは、絶対的な”形”というのが、

なかなか見いだせない部分があったと思います。



相手が引いていても、型にはめて得点につなげてしまう、

力強さが足りていないのかもしれません。


サイドなどの局面では人数をかけて狭いところでも突破するだけの力強さが出てきたんですが、

今日はゴール前では、つぶされてしまいました。



そんな中でも、ジェフの希望がみえた攻撃が、

カウンターで幸野から也真人にボールが入り抜け出したシーン。


今節、プレビューでも、

次世代を担うべく、也真人のゴールを期待していましたが、



このシーンでは、

ゴールを阻まれてしまいました。



ジェフの前線、特に2列目は、

若い選手が、台頭しました。


そこが、ゴール前でボールを失わない、

そんな成長が、まだまだ必要でしょう。


森本がゴール前で収めて、こぼれても也真人が決める、幸野が決める、

そんなしぶといチームにならなければいけないし、


それが、型にはまるような、

チームになっていかないといけないと思っています。


そういう意味では、

ジェフはまだ”途上”



森本、幸野、也真人、井出くんらの20台の選手が、

前線で決定的な起点になれるチームに、来季は成長させなければいけないですし、


今日、プレーオフには出られなかった、

大塚、アド、仲村くんらも、核になる選手になれると思っています。



今期のジェフは、

シーズン55得点。


この数字を比べると、17位の岐阜、19位の愛媛が、

54得点。


シーズン初めに、わたしは得点の皮算用をしていますが、


参考-今期誰がどのくらい点をとるか、皮算用もひつようかな(弊ブログ2月13日記事) 



例年のJ2は、自動昇格圏で、

70得点くらいが必要です(今年は、湘南86得点、松本65得点)


この数字を考えると、点に絡めていない選手たちが、ゴール前で核になり、起点になり、

どうしてもゴールを増やさなければいけません。


ただ、そのゴールへの意識は、

今日のプレーオフを見ても、まだ遠い。


でも、昨年までと比べると、ジェフの若い前線の選手たちは、

自信をつけてゴールへ攻める動きを見せてくれるようになりました。




来期は、若い選手が核になり、型にはめるような怖さある攻撃を作り、

シーズン70得点が取れるだけの、点の取れるチームを、


どんなゲームでも点が取れるようなチームへ、

まだまだ途上過程として発展を期待します。



さて、ジェフは、

またもプレーオフの舞台で昇格をつかむことはできなかった。


悔しさはつみあがったが、

やはり、自動昇格をつかめるだけのチームを作り上げなければ、



J1でも生き残れない。


ここまでプレーオフで昇格したチームは、

翌年降格している。


来期は、若手が核となり、

昇格後即、J1で通用するだけのゴールが取れるチームを作り上げよう。


それが関塚監督、江尻コーチならできるし、

今いるジェフの選手たちが成長すれば、可能だと信じている。



がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村m

偵察-山形戦即レポ [即レポ(2014)]

ジェフ2-3山形


どうも、わたしです。



平日の大阪まで参戦していただいたサポの皆様、

お疲れ様でした。



寒いなかでの応援で大変だったと思いますが、

背中を押してくれたおかげもあり、選手たちはいい戦いをしてくれたと思います。



わたしはBS観戦です、

あしからず。


さて、ジェフはここまでも天皇杯では、

ターンオーバーし、出場機会の少ない選手でゲームを構成してきましたが、


今回は、徹底的に手の内を隠して、

逆に山形のサッカーをしっかり試したような印象です。



ここまで今期は2試合を山形と戦っていますが、

最後に戦ったのは24節で、折り返し直後でした。


山形は当時4バックが主体で、ディエゴもやや下がってトップ下に入ることも多く、

ジェフは関塚体制で数戦目で、ケンペスが出場停止というゲームで、


お互いにそこから、

大きく違うサッカーに進化させて、臨んだこの準決勝といえるでしょう。


しかし、どうしても今季最大の目標は、

その先にあるプレーオフの決勝、そして昇格です。


ジェフは、手の内を隠したところもあるなあと、

感じました。


森本は不在ながら、前回対戦時に停止だったケンペスも帯同させず、

ベンチに入った智、慶らも温存した形になりました。



主力で出た選手でも、手の内のばれている元山形の選手が中心で、

メンバー構成にも意図があったように思います。


一方の山形は、フルメンバーといえる布陣で、

戦術も出し惜しみせず、前からプレスをかけて攻撃的にやってきましたね。


ジェフとしては、ディフェンス陣は比較的主力が出場していて、

決勝で対戦するかもしれない山形相手に、しっかり予行練習ができたようにも思います。


結果、2-3ということで、競り負けてしまいましたが、

山形の手の内は、しっかり偵察できたと思います。


これによってジェフは天皇杯では敗退してしまいましたが、

より目標も一つに絞られ、はっきりしたようにも思います。



みんなの力合わせて 栄光の場所へ戻ろう

黄色の情熱と誇りにかけて




がんばれジェフユナイテッド





にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

仲間ー讃岐戦即レポ [即レポ(2014)]

ジェフ1-0讃岐


どうも、わたしです。


現地までジェフの後押しのために参戦していただいたサポの皆様、

お疲れ様でした。


森本が、負傷した中、

声を出し続けてくれたことが、現地に行けないサポにとって、本当にうれしかったです。


あらためて、

お礼します。


声を出し続けてくれて、

本当にありがとう。



わたしは、スカパー観戦です、

あしからず。


さて、ゲームの内容は、

あんまり覚えていません。


最終戦、それぞれの行く道を見据えて、

激しい激戦になったと思います。


ゲーム序盤からジェフは長いボールを前線に入れて、押し込もうとしますが

讃岐の抵抗が激しく、なかなかボールが収まりません。



また、讃岐の攻守の切り替えも早く、

ロングボールがFWアンドレアや木島に収まり、ジェフもカウンターに苦しめられる展開となりました。


五分五分の展開が続いたところの28分、

ロングフィードを森本が競ろうとしたところ、讃岐選手のチャージで頭同志が当たり、



森本選手がそのまま失神して激しく倒れる、

アクシデントがありました。


森本は、そのままピッチ内にまで急行した救急車によって運ばれ、

30分くらいの中断というゲームになりました。


ジェフは、ケンペスを投入してのゲームになりましたが、

讃岐の寄せが早く、なかなかチャンスが作れない展開ですが、


前半アディショナルタイムの45+2分、キムのロングフィードがケンペスに収まり、

シュートはポストに当たって突き刺さり、先制に成功。


前半を1-0で折り返します。



後半は、やや両軍、間延びして、攻守の切り替え早い展開となりますが、

ジェフも各選手守備の意識をしっかりし、何とか守りきり、


1-0で勝利となったゲームでした。



さてゲームについてですが、

森本選手の負傷が、大事に至らなかったことに尽きます。



森本選手が倒れてから中断期間が約30分ありましたが、

ジェフサポーター、讃岐サポーター、それぞれが森本コールを続けてくれて、


約30分の間に声を出し続けてくれた両軍サポーターに、

本当に感謝します。



勝利や昇格よりも、

何よりも大事な選手の体、


スカパーによれば、大事ないようで、

胸をなでおろしたところです



この負傷で、ジェフは本当に一枚岩になれた気がします。


ゴールを決めたケンペスは、

手で、「11」の文字を書きました。


「11」番は森本の背番号。


サポーターも最後まで声を出し、

全員で森本不在のチームが、勝利をもぎ取りました。



苦しい時でもともに戦える仲間たち、

そんな仲間の存在を、より感じられるゲームになったのではないかと思います


アクシデントもあり、興奮し非常に難しいゲームだったと思いますが、

勝利とプレーオフ決勝に進出する権利を得ることができました。


ただなにより確認できたのは、森本に大事がないことと、

ともに戦う”仲間”であること。


仲間が傷つけば、心配であるし、

仲間の体を気遣わずにはいられません。


そして、続行されたゲームでも、仲間のために、

全力で勝利を勝ち取らないといけません。



ケンペスが点を取ってくれて、

「11」の文字を示してくれましたが、



倒れている間、声を上げてくれた現地サポーター、

ツイッターなどでも、心配をしてたたくさんのサポーター、


そして、勝利を挙げるため戦った選手たち、

みんなが仲間であると思いました。


この勝利によって3位となり、プレーオフ準決勝は免除となりそうで、

決勝には森本も間に合うでしょう。


この勝利で改めて確認できた、

ジェフという絆。


昇格へは、あと1勝。



われわれジェフでつながった仲間たちで、

あと1勝をつかみ取っていきましょう。





がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村m
前の3件 | - 即レポ(2014) ブログトップ