So-net無料ブログ作成
即レポ(2013) ブログトップ
前の3件 | -

積上-徳島戦即レポ [即レポ(2013)]

ジェフ1-1徳島


どうも、わたしです。



鳴門で選手とともに戦ってくれたサポーターの皆様、

お疲れ様でした。


わたしは、テレビ観戦となりましたが、

大きなチャントが何度も聞こえてきました。



何度もゴールへせまるシーンを作り、最後までセカンドボールを抑えて走りながら、

選手たちは最後まで戦ってくれましたが、ホームアドバンテージに泣いた結果になってしまいましたね。



今シーズンは昇格できずで終わってしまいますが、

来期こそ、前年の積み上げを残して挑むシーズンになってほしいと思っています。



このプレーオフで先に進むチームでは、

徳島小林監督は2年目、京都大木監督は3年目、


ここでシーズンを終えるチームでは、

ジェフ鈴木監督、長崎高木監督は、率いて初年。



そういうことなのかなと、

思っています。



ゲームの内容や狙いに関しては、

かなり複雑な要素のあったゲームに感じました。



わたし自身は、プレーオフというと一発の要素があると思っていましたので、

前節のとおり、佑昌を使ってスピード重視にくると考えていましたが、



ヤザを起用して、

中央でボールを収めていく狙いをもったゲームであったと思います。



また、徳島の側はどちらかというと引いたゲームをしてきて、

守備的なゲームをしてきた印象を受けました。



そんな相手にやや引かれたゲーム展開ながら、ジェフの選手たちはよく動いてペースをつかみ、

決定機をたくさん作ったゲームに感じます。



徳島は、特徴として中央のバイタルのところでボランチとセンターバックでしっかり守る印象があったので、

そこが空くことはないと思っていましたが、



後半にかけてそこでボールを収めて、

ジェフは、チャンスを作るケースを作ることができていたので、



狙ったゲームはできていたのではないかと、

思います。



流れの中からも、ケンペス、也真人、ヨネと、

決定機を多数作りだし、



また守備面でも引きすぎず、

高い位置でセカンドボールを抑えていく守備ができ、



ゴールという結果以外の部分の、ゲーム内容としては、

納得がいくものだったと思います。



前から当たっていく守備や、ケンペスや也真人の連携からの攻撃、引きすぎない守備など、

今期の途中から修正してきて、得てきた”今期の積み上げてきたサッカー”で、ゲームを作ったと言えるのではないかと思いました。



ただし、やはりゴールとして形にできなかったのは、

まだまだ今期のサッカーは、付け焼刃ということなのかもしれません。



今年は最後まで、


”今年のジェフは、こういうチーム”


という確固たる部分まで見えなかった気もしますし、




ボールまわしてポゼッションを握って、

ジェフのペースでゲームを作るという理想まではたどりついていなかったとも思います。



ただその中でも、修正に修正を重ね、

ヨネをサイドバックにし、峻希を左に移し、也真人をトップ下に入れ、慶をボランチに組み込むなど、頑張ってきた選手をチームに組み込み、

全員が守備に走るチーム作りを徹底し、

積極的に縦にパスが出て、ゴールに迫れるチーム作りが見えてきたと思います。



いまは、まだ、

付け焼刃なのかもしれませんが、



作り上げる過程だと思いたいです。





選手もサポーターも”これがジェフのサッカーだ”という確固たるサッカーを、

作らなければ、



本当に自信を持った戦いは、

できないのかもしれません。



今期のシーズンはこれで終わりますが、

今期の積み上げをこれでなしにしてしまってはいけません。



ジェフはJ2に来て、4回昇格に失敗したことになりますが、

江尻体制、ドワイト体制・木山体制と毎年作り変えてきましたが、



この鈴木体制で、

積み上げを見せてほしい。



以前ブログで記事にもしましたが、サブ組の練習試合での勝利も続いており、

底上げという面でも期待が持てるし、どの選手も良さを発揮できるような期待というのも持ててきていると思いますし、


チームとしての期待感、

士気も上がっている気がします。



これで終わりということでなく、

この延長線上にJ1昇格がある、そんな来期に、



経験を、そして、自分たちのサッカーを、

積み上げていってほしいと思います。



さて、ジェフは敵地でのプレーオフで引き分け、

昨期悔しい思いをした決勝の舞台にいくことはできなかった。



しかし、今期のチーム作りを活かし、

最後までゴールに迫るゲームができ、今期の集大成のゲームにできたと思う。



この悔しさを、感情だけでなく、

来期へ積み上げていこう。


この経験が、

ジェフを強くしたと言えるように。




がんばれジェフユナイイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

不諦-鳥取戦即レポ [即レポ(2013)]

ジェフ2-2鳥取


どうも、わたしです。



最終戦、非常に多くのサポーターが、

鳥取でのアウェイ戦に参戦してくれたと思います。


起死回生の得点をした兵働選手が、

すぐに駆け寄ったのがサポーター席でした。


昨年は共に泣いた時より一年、共に戦ってきたのだと、

感じられる一瞬でした。


わたしは、録画観戦です、

あしからず。



さて、ゲームのほうでは、

もう今日のゲームでは、兵働選手のアディショナルタイムでのスーパーボレーでのゴールを喜ぶしかないですね。


アディショナルタイムが6分と発表されたとき、

なにか起こるはずと感じることができましたが、


最後まで諦めない兵さん、そして選手達が、

ゴールを奪ってくれたと思います。


ゲーム自体はうまく行かないゲームだったと思いますが、

2点のビハインドがあったゲームを支配された展開からなんとか1点を返していて、



最後の時間帯では鳥取の足も止まり、

ジェフが最後まで走り、最後までボールを入れていく展開ができていて、



その最後まで諦めない姿勢が、

生んだスーパーゴールと言えると思います。


今節は、全試合が同時開催で、

このゴールが最終順位を変え、ジェフはプレーオフ進出を辛くも勝ち取ることができました。


このゴールが無く、敗戦していれば、

ジェフは7位となり、プレーオフ進出はなくなっていたそうです。



諦めなければ、

何かを起こせる、


このゴールで、首の皮一枚、

J1への道をつなげることができたのかもしれません。



本来ならば、プレーオフに出られなかったのが、出られるようになり、

また5位という順位では、本来は3位までに権利のある昇格は得られないはずなのであり、



いろいろな意味で、救われて、

われわれはチャンスをもらっているといえるでしょう。


ならば、そのもらったチャンスでは、

諦めずに、活かせるように、最後まで戦っていこう。



諦めなければ奇跡を起こせるというのは、

今日のゴール、そして、ジェフがここまで起こしてきた多くの奇跡が物語ってくれているでしょう。



まずは今日の引き分けを喜び、

明日から1週間ごとの残酷な歓喜の一戦を、全力で戦っていきましょう。



もう引き分けは許されません、

勝利を、最後まで諦めずに奪い取っていこう。



がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

走切-栃木戦即レポ [即レポ(2013)]

ジェフ1-1栃木


どうも、わたしです。



ホーム最終戦、フクアリを黄色く染めていただいたサポーターの皆さん、

お疲れ様でした。



最終戦、そして、櫛野選手のセレモニーを、

サポーターをして盛り上げることができたと思います。



わたしは録画観戦です、

あしからず。



さて、結果は引き分けで、

プレーオフ進出を決定付けられず、モヤモヤしたものですが、



プレー自体は、前半から全力で走りきり、やりぬいた、

納得のいくサッカーだったんじゃないかと思います。



前半開始から、

ジェフは前からボールを追いまくる守備でリズムをつくると、



ワンタッチでつないで、攻撃のリズムもつくり、

栃木の守備を寄せつけず、積極的にシュートも打っていきました。



それがすぐに実を結び、寄せられない栃木を尻目に、前半8分、

左サイドから兵働→慶→キム→ヨネと右サイドまでテンポ良くつないでサイドチェンジすると、



ヨネからのクロスに、佑昌がニアに飛び込み、

キレイに先制を決めました。



守備の堅い栃木相手に、

欲しかった先制点をしっかりと奪い取った、気持ちのこもったゲーム入りだと思います。



この得点もそうですが、

印象に残ったのは、前半3分のシーン。



中盤で組み立てたジェフ選手に、栃木のディフェンスが寄せてきて、

ジェフの選手はボールを下げましたが、


下げると同時に、ジェフの前線の選手が何人か、一斉に裏に飛び出し、

下げられたDFから一気に裏にボールが出ました。


これにより、前に寄せていた栃木のディフェンスは下がらざるを得なくなり、

栃木の守備は間延びすると共に、ブロックを組んで寄せられなくなり、



ジェフの選手の動き出しの積極性が、栃木の勢いを止め、

ジェフのペースにもっていき、先制につながったと思っています。



後半に入ると、前半走りきったせいかやや疲れも見え、

寄せが弱くなったことで、栃木に同点にされチャンスも作られましたが、



相手が寄せても、ねばってボールをつないでスペースに展開するシーンや、

相手の抜け出しに、最後まで追いかけるシーンなど、



走りきったゲームとなったと思います。



動けなくなってきても、寄せるのをあきらめた選手もいなかったですし、

ゴール前に走るのをサボった選手もいなかったと思います。



前の選手がつぶれても、後ろから選手が押し上げてセカンドボールを拾い、

また、相手に奪われても、ボールを追いかけ、サポートした選手と2人で囲むような、泥臭いゲームができたように思います。


結果的には引き分けに終わりましたが、

前節の長崎戦でできなかったことをしっかりとやりきり、


前を向けてのホーム最終戦に、

できたのではないかと思います。


うったシュートも22本、

この攻撃的な姿勢が欲しい姿勢。



リスクを冒しても前に出る、

そんなサッカーをできたのではないかと思います。



そして、最後に、

櫛野選手、お疲れ様でした。


サポーターへの挨拶は、

チャントは宝物で、忘れないというものでした。


そして、サポーターも、

大きなチャントで、櫛野選手を送り出すことができました。


17年間の選手生活、それこそ、

最後まで限界まで走りきってくれた選手生活だと思います。



櫛野選手が残りのシーズン最後までチームのためにがんばると言ってくれたように、

選手、サポーター一丸となって、最後まで昇格を目指し、戦い、



走りきって行きましょう。



さて、ジェフはホーム最終戦を引き分けで終え、

プレーオフを決定付けることはできなかった。



しかし、この一戦で、走りきり、

戦う姿勢をもう一度確認することができただろう。


あと少し、

最後まで走りきり、



前へ前へ出続け、

昇格を掴み取ろう。



がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村
前の3件 | - 即レポ(2013) ブログトップ