So-net無料ブログ作成
検索選択
プレビュー(2011) ブログトップ
前の3件 | -

明日はJ2水戸戦@フクアリ  [プレビュー(2011)]

今期リーグの最終戦第38節、ジェフはホームで水戸を迎え討ちます。


前回対戦では、監督交代のとどめとなる敗戦を喫した。
この最終戦では、意地を見せなければならない相手だ。
そしてホームでの今期最終戦を勝利で飾りたい。


前回対戦は10月19日に第6節をアウェイで戦い、0-1で敗戦している。
中盤での互角の展開からも、少しずつ水戸にくずされだす。
41分にクロスのこぼれ球を水戸吉原に決められ、失点。
後半、ジェフはテンポをあげ全力で戦うも、決定的な形を作れず敗戦となった。
退場者が出たことも敗戦の一因となった試合である。


水戸の最近リーグ戦5試合は2勝2敗1分けだが、その間天皇杯でG大阪から金星も挙げている。
10月くらいからパスで崩していく形がしっかりとできるようになってきており、
堅いディフェンス、激しいプレス、衰えないスタミナ、あきらめないメンタル、そして強くなった自信、いろいろな面で大きな成長を見せ、力のあるチームとなってきた。
G大阪を破ったのはフロックではないと言い切れるほどの、自信と明るさにあふれるチームである。
勝ち点42の16位
ジェフは勝ち点55の8位。


以下に個人的注目点を書いていきます。



①今期を象徴するゴールを!!


ジェフの攻撃についてです。


リーグ前半戦はオーロイを中心に、衛星である深井、米倉らが点を取っていき、高い攻撃力を見せたが、

後半戦はオーロイの離脱と他チームの研究、監督交代により、攻撃力は落ち、

得点が取れない試合が続いている。


しかし、この試合、

今期を象徴するゴールをしっかり決め、締めくくって欲しいと思っています。



今期のジェフを象徴するのは、

深井の躍進か、

米倉の成長か、

オーロイ、大島のようなハイタワーの存在か、

久保のデビューか、

大介の右足か。


決して、無得点であることが今期の象徴とならないよう、

積極的な攻撃に注目したいと思います。


そして、今期、無得点である、孝太、太田、林らアタッカーにも意地を期待したい。



②しっかり走る、走りきる

ジェフの守備についてです。


水戸は、終盤戦に入り、攻撃の形がしっかり出来てきており、

以前は、SHへロングパスを走らせる攻撃一辺倒だったものが、

シンプルにパスをダイレクトにつなぎ、前線へ運ぶことができるようになっており、

これを止めるのは、なかなか至難の業です。



特に相手ボランチの、村田とロメロフランクが試合を組み立てられるようになっており、

そこを起点に、SH小池、FW鈴木隆之を絡めてくる攻撃は、勢いがあります。


そこで、ジェフは、しっかりと走り、最後まで走り、

相手の嫌がるほどプレッシャーをかけて、守りきって欲しいと思います。


しっかりした守りから試合に入るのが、今期の形。

最後まで、しっかりと守りきって欲しいと思っています。


しかし、受け身な守りでは、いまの水戸には崩される恐れもあるし、攻撃にもつながらない。

積極的な走りから、積極的なプレッシャーをかけていくことに、期待します。



③気持ちで負けるな

水戸は、終盤戦に入りチームの形が出来てきて、自信みなぎる戦いが出来ており、

震災の苦境にもへこたれず、走りぬき、ボールへ喰らいついてくる戦いを続けている。


ジェフは、対照的に、

ここ数試合、昇格争いから脱落し、気持ちの見えない試合を繰り広げた。


気持ちで負けるな。

今期の集大成となる試合を見せて欲しい。






さて、今期も最終節をむかえ、

激動の1シーズンが終わろうとしている。


決して実りある1年ではなかったが、

われわれは、何が必要か、再確認する年でもあっただろう。


すでにこれからの戦いは始まっている。


つねに積み上げていかなければならない。

いま全力で戦えなければ、明日も、来年も全力では戦えない。


今期の集大成となる試合で、

われらの気迫を見せよう。


これから、ジェフユナイテッドは、

大いなる反撃にうつる。


それを示し、今期を終えようではないか。




さあ、戦いの時間だ。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

明日はJ2FC東京戦@味スタ [プレビュー(2011)]

リーグ戦も残り2試合となった今節、ジェフはアウェイで、優勝を決めたFC東京へ挑みます。



共に長身エース(F東は平山、高松、ジェフはオーロイ)の怪我に苦しんだ今期、
FC東京は優勝し、ジェフは3位以内を逃すという、開きのある結果となってしまいました。
せめて、ジェフだけがホームアウェイ2つの傷をFC東京に負わせ、J1へ送り出したい。



前回対戦は、4月24日に第8節をフクアリで戦い、3-0で勝利している。
FC東京が攻めるも、しっかり守備するジェフは守り抜き、攻撃へ転じていく。
迎えた77分、ミルジのロングスローをオーロイがヘッドで叩き込み先制。
すると83分には米倉が、89分には再びオーロイが追加点を決め、圧勝となったゲームであった。
オーロイは、今野、森重の代表クラスのDF2人をものともせず、驚異的な存在感を見せたゲームとなった。




FC東京の最近5試合は3勝1敗1分けで、
多くの試合を自分達のペースで進める自力があり、攻撃は正確なパスをつないで、得点につなげている。
また得点パターンも、セットプレー、フリーキック、流れからの得点、多岐に渡る。
守備は組織的には安定感を欠くが、一対一の対人プレーでしっかり止め、また1失点してもしっかり2点とる試合を繰り広げている。




以下に個人的な注目点をあげていきます。




①自分達を見つめるいい機会だ


ジェフは、J1へ上がるチームとの戦いを通じ、自分達を見つめるいい機会になると思います。



FC東京もジェフと同じく中盤はパス中心で来ると思うが、中盤でのパスも受ける動きも正確性があり早い。

また、ドリブルを組み合わせての攻撃であることから、マークも密着しにくい。


相手はしっかりまわしてくる状況の中、ジェフは、ジェフのパスサッカーが、出来るかどうかが注目点です。



FC東京の攻撃はしっかり止め、ジェフは自分達のサッカーへ持ち込みたい。


今節はミルジとオーロイが出場停止となり、スペシャルな攻撃は使いづらい。

だからこそ、パスサッカーで堂々と戦って欲しいと思っています。





②攻撃は積極的に、隙を逃さず、シュート先行で


ジェフの攻撃についてです。


攻撃は中盤は前述の通り、パスをしっかりまわして欲しいと思いますが、

アタッキングサードでは、積極性とシュートが求められると思います。


FC東京の守備は、決して組織的な形がしっかりしているわけではないですが、

各選手が一対一をしっかり責任をもって止めてくるので、なかなか攻め込めないところがあります。

しかし、一方で、一対一を激しく守ってくるので、PKを取られる場面も多いようにも感じています。



そのためキレイに崩すというよりは、隙があればどんどんシュートを打っていって、

ゴール前でこぼれ球を勝負したほうがいいように思います。

FC東京は高さもあまりなく、大島、久保も突っ込んで勝負して欲しいと思いますし、

深井、林、米倉らもミドルを狙って、こぼれ玉に突っ込んでいくことで得点が生まれるのではないかと思います。



一方で、サイドからの崩しという部分も織り交ぜてキレイな形を見せて欲しいという気持ちもあります。



どちらにしても積極的に、隙を逃さず戦って欲しいと思います。




③守備は1対1を確実に


ジェフの守備についてです。



ジェフは組織的にゾーンで守っていくことになると思いますが、

この形は、神戸監督就任後、かなり安定感があると思います。


注意すべきは、FC東京の個人での突破だと思います。

FC東京の選手達は、それぞれの選手が一人でドリブルで運んでいけるので、

一対一で突破されるのが、最も危険だと思っています。


ジェフは各選手が、絶対に抜かれない責任をもって戦って欲しいですし、

また抜かれた場合の組織的なカバーの方法も、確認して欲しいと思います。


FC東京の個人技に、気迫をもって立ち向かう守備陣に、注目です。





さて、FC東京は優勝を決め、ホーム味スタでの今期のリーグ最終戦となる。

監督の退任も決まり、勝利で送り出すために負けない気持ちで戦ってくるだろう。

ジェフはそんな相手ホームで、アウェイ戦を戦う。



前節は同じ舞台で、悲しむべき戦いを見せた。

そして幸運にも、すぐ同じ舞台でのリベンジの機会がやってきた。



意地を見せよ。

誇りを見せよ。

この味スタで。



われらは意地を見せ、深い傷を負わせて、彼らをJ1に送り出そう。

別の舞台で戦っているときも、忘れられないほどの深い傷を。



そして、先週悔しい想いをしたあの味スタで、凱歌を歌い上げようではないか。




さあ、戦いの時間だ。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村


味スタ、初参戦となりますが、

行かれる方々は、よろしくお願いします!!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

明日はJ2東京V戦@味スタ  [プレビュー(2011)]

ホームで新体制初勝利をあげたジェフは、順位の近い東京ヴェルディ戦のためアウェイに、のり込みます。


まだ昇格への望みは捨てられない。勝つしかない一戦。
そして負ければ昇格の可能性は無くなり、順位も入れ替わる一戦。
そして前回対戦では、厳しい攻防の末引き分けており、勝利への意地の一戦です。



前回対戦は、9月4日に第4節をフクアリで戦い、1-1のドローとなっている。
序盤の5分、セットプレーから大島がヘディングで決め、早々に先制する。
ベルディは早いパス回しから反撃するも、ジェフもサイドを中心に攻め、一進一退に。
68分、マークが甘くなった左サイド飯尾からクロスが入り、マラニョンに決められ同点に。
その後は両チーム決定機を作りながらも、守り、走り抜き、両軍ともに悔しいドローとなった試合であった。



東京ヴェルディの最近のリーグ戦5試合は2勝2敗1分けで、
一時の爆発的得点力は無くなったが、巻の加入と、アポジのフィットで、
攻撃のパターンが増え、ディフェンスも安定し、
前回対戦時と比べ、安定感あるチームへ成長している印象である。
勝ち点52の7位。
ジェフは勝ち点55の5位。



個人的注目点を書いていきます。



①巻誠一郎に仕事をさせるな


ジェフの守備についてです。


まず、東京ベルディの攻撃をみて、

巻の存在が、非常に脅威的になってきました。

前回対戦では、89分から途中出場と、あまり試合に影響することがありませんでしたが、

今回は、いかに巻に仕事をさせないかということが、試合に大きく影響をもたらすと思われ、

そこをどうやって抑えていくかが、注目点です。



前回対戦時のころは、ベルディは前線のポスト役がいなく、パスをつなぐことで崩すしかなかったですが、

最近は巻が入ったことで、ロングボールを巻が競るという攻撃を織り交ぜていくことができ、

バランスが取れてきています。 

巻の存在で、FW阿部、SHアポジが裏に抜けてくるための選択肢が増え、

SB森の鋭い攻め上がりからのクロスにも走り込んでくれる。

なにより菊岡という精度高いキッカーも生きてくる。



そしてジェフの攻撃時には、ボールを追ってチェイスしてくるでしょう。



竹内、ミルジ、良太らセンターバックが、

冷静に、そして熱い心をもって、巻を封じていってほしいと思います。


早い動きだしから、しっかり当たり、仕事をさせない。

攻撃時も落ち着いてパスを回し、走らせ疲れさせる。


個人的には、良太と坂本隊長が巻と対戦する場面を、

期待しています。


ジェフディフェンス陣と巻の、魂のこもった戦いに、

注目です。



②攻撃はシンプルに積極的にできるか


ジェフの攻撃についてです。


中盤については後述しますが、

やはりアタッキングサードへの進入がカギを握るでしょう。


ベルディは、巻の加入後、ディフェンス面でも安定感がありますが、決して守備の堅いチームではないように思います。

前線からプレスをかけてきますが、90分間持続せず、必ずゆるい時間帯があります。

そこでは、スタミナが切れ、最終ラインを抜け出されたり、サイドから崩されたり、最終ラインの前からミドルを撃たれたり、

鋭い攻撃にシンプルに崩されているようです。


そのため、難しいことより、シンプルに攻略することができるかに注目です。



ここ数試合では、アタッキングサードでのサイド攻撃からの崩しや、久保の抜け出す動き、

そして、前節ではゴール前に数人入っていくような、

しっかりした早い攻撃の兆しが見えてきたジェフ。


ヨネや深井がガンガン前に走っていくとともに、

オーロイ、大島、久保らを絡めていく、

シンプルな攻撃で、しっかりベルディの最終ラインを崩してほしいと思います。



③どちらが精度高いパスサッカーを見せられるか


ジェフ、ベルディともに、パスサッカーを主体とするチームの対戦となりました。

どちらが精度高いパスを回し、ゴール前まで持っていけるかが注目点です。


序盤から激しいプレスによるボールの奪い合いと、主導権争いが予想されます。


ベルディはドリブルのうまい選手も多く、パスと併用してくるので、

止めていくには工夫が必要ですが、

しっかりディフェンスをしたうえで、

精度高くパスを回し、ゴールを目指してほしいと思います。


勇人が怪我とのことから、中盤の構成が変わる可能性もあります。

大介、村井、ゲッセル、そして山口ら、中盤の選手と、

最終ラインの選手が、

連携を高め、

アタッキングサードへの進入を図ってほしいと思います。




さて、前節、ホームで神戸体制初勝利をあげ、天皇杯では磐田を撃破したジェフ。

ともに、無失点で守備の光るゲームを行った。

今節は、驚異的な攻撃力を誇ったベルディが相手だ。

前回対戦時も、その攻撃にさらされつつも、互角以上に戦った。

しかし、ベルディでは巻がしっかりポジションを確保し、われわれの新たな脅威となるだろう。


われわれは、この戦いを待っていた。

強いベルディ相手にも、守りきり、しっかり点をとり、しっかりとサッカーをしていこう。

そして、昇格の可能性のなくなったベルディから勝ち点3をとり、

われらは最後まで上を目指す。




今節の戦いに、涙はいらない。




立ちはだかるものをなぎ倒し、

そして、厳しい戦いにも、

最後に笑っているのは、

我々だ。






さあ、戦いの時間だ



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - プレビュー(2011) ブログトップ