So-net無料ブログ作成
検索選択
妄想シリーズ ブログトップ
前の3件 | -

来期もJ2だけど君にまた会える<妄想ショートショートシリーズ> [妄想シリーズ]

どうも、わたしです。




ジェフはJ1への昇格を逃してしまいましたが、

わたしは個人的に、J2というリーグは好きで、



激しさと、気迫のあふれるプレーぶりがみられる、

独特なリーグだと思っています。



ジェフの目標として、J1昇格は大事なものですが、

きっと上がることに葛藤があるという人も中にはいるんだろうなあと、



そんな思いからの妄想です。


どぞ。


参考ようつべ





<妄想1 来期もJ2だけど君にまた会える・・・・>

(妄想出演:国仲涼子、設定:片思いしているサポ仲間)




涼子「J1昇格したら、スタジアムであえなくなるね。」



国立のゴール裏で、応援の準備をしながら、

涼子が言った。




ボク「えっ!?なんで?J1行ったらさ、もっと応援しようぜ。もっと観戦者も増えて、フクアリも凄い雰囲気になるし・・・・」



今期は、かなりの観戦数を誇る涼子のそんな発言に、

動揺しながらボクは応えた。



涼子「うん・・・・。ほら、わたしお父さんがやってる沖縄料理店で働いてるじゃない。日曜は定休だから来られるけど、J1だと土曜日だもんね。お父さんと2人でやってるから・・・・・・」



ボク「・・・・そっか、それは寂しくなるな・・・・」



涼子「・・・なんて。ハハハ、でも、そんな心配、昇格できたらだからさ。今日一生懸命応援して、昇格しよう!!」




涼子は笑顔でそういうと、

国立のピッチへ視線を向けた。




ボクたちは、仲間内数人で集まって、サークルを作り、

つねに全員集まれるわけではないけど、来られるメンバーでジェフの応援を続けている。



そのメンバーの一人が、

涼子だ。



いつも溌剌としていて、一生懸命ジェフを応援する姿に、

ボクは、好意を抱いていたけれど、



いつも他のサポ仲間もいるし、

なかなか踏み出せないでいた。



いつかの居酒屋での祝勝の飲み会の時に、

誰かに聞かれていた”どういう人が好みなの?”という答え、



”うーん、そうだなあ、一所懸命声を出せる人なんて、カッコイイですよね”



そんな一言を忘れずに、

ボクは密かに、がんばって大きな声で応援を続けてきた。




この昇格プレーオフの決勝は、昇格が掛かる一つの区切りであったけれど、

一緒に応援できる平穏な日々が、ずっと自然と続くものだと思っていたところに、

突然の告白であった。




涼子「なんか表情硬いよ!!アレだ、決勝だからって緊張してんでしょ。緊張してたら声でないよ。」



ボク「バカ、ちげーよ!!今日はきっと勝って、J1行っちゃうじゃん?そしたら今日の祝勝会は俺が太っ腹に奢っちゃおうとか、頭の中で計画を立ててたわけよ。」



涼子「え~~!!ホント?やったー。御馳走サマ!!」



ボク「気がはえーよ!!勝ったらだかんな!!勝とうぜ!!」



ボクは、勝って昇格したいという気持ちと、

勝ったら来年は一緒に応援が出来ないという葛藤から、



とっさにトンチンカンな約束をしていた。




今日は、3年間ずっと望んできた昇格を決める試合、

でも勝ってしまったら・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




白熱したゲームは、0-0のまま、

後半40分を迎えた。



大分の選手交代が入り、ゲームが止まったところで、

ボクはちょっとピッチから目を離して、

涼子のほうを見た。



涼子「ゆくなーらーおれたちも~どこまーでも行くぞーーー♪。」



涼子は、雨にぬれてびしょびしょになりながら、

やや線の細い体で、リズムに合わせ腕を振りながら、献身的に応援を続けていた。



勝ったら来年は彼女と会えないかもしれないという葛藤で、どこか気が飛んでいるところがあったボクは、

彼女の一生懸命な姿を見て、胸が締めつけられた。



涼子があれだけ応援しているのに、

ボクは・・・・・・・



切り替えろ、

絶対にJ1へいくんだ。




葛藤を振り切り、

精いっぱいの声を出そうと、ピッチに視線を戻した瞬間、




遠くのゴールに、

岡本の手をすり抜け、うき球が吸い込まれるのが、

見えた・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





涼子「なんか今日は声出てなかったじゃん。罰として、負けても奢ってよね!!」



残念会をしていた居酒屋で、

葛藤と自己嫌悪で元気がなくなっていたボクに、

涼子が冗談めかして声をかけてくれた。



ボク「奢らねーよ!!来年、昇格したら、ぱーっと奢ってやるから、来年もしっかり応援しろよ!!」



涼子「・・・・・・・・・・・・・・・うん、来年はきっと行こう。J1へ。実は・・・・・・・・・・・」



涼子は、ちょっと表情を曇らせて、

言った。




涼子「実はわたし、来年J1に行ったらみんなと応援できなくなるのが寂しくて、ちょっと声がでてませんでした。」


涼子「来年は、もっと一生懸命応援するから、来年も一緒に応援よろしくお願いします!!」



彼女は、みんなに向かって、

深々と頭を下げた。




そんな彼女の真面目な振る舞いに、

みんな来年も一緒に応援できることが嬉しそうだった。




ボクも、心に誓った。

彼女と一緒に、精いっぱいの応援を。



彼女が、認めてくれるくらいの。

そして、ジェフが昇格するくらいの。



そうして、ボク自身も、

恋人へ昇格を果たすんだ。



目の前ですっかり気の抜けたビールを、

一気に流し込みながら、そう思った。



<FIN>





来年こそ、行こうぜ、

J1へ。




にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1昇格したい・・・そして、あわよくば・・・<妄想ショートショートシリーズ> [妄想シリーズ]

どうも、わたしです。



昇格プレーオフ決勝前日を迎え、

緊張に耐えられなくなってきたので、



今日のブログ記事は2本立てで、

一本をコミカルに、一本は既出のプレビューで気合いを入れて、

決勝へ気持ちを盛り上げていきたいと思います。




明日の0時には、

もうひと記事気合いの記事を書いていく予定です。




こちらは、コミカルに、

妄想していきたいと思います。



下の関連動画(参考ようつべ)を観てから、ごらんください。



どぞ。




参考ようつべ





<妄想1 J1昇格したい・・・・そして、あわよくば・・・・>

(妄想出演:深津絵里、設定:友達以上恋人未満な関係)




絵里「ねえ、わたしの家で観ない?昇格プレーオフの決勝!!」



絵里は、三ツ沢からの帰り道、

明るいテンションで、彼に言った。



彼とは、今年の夏、フクアリでふとしたきっかけで出会い、

試合の日は一緒に応援するようになったが、



彼は仕事も忙しく、2人の共通の話題であるジェフもJ1昇格へ向けて佳境に入っていることもあって、

なかなか友達以上恋人未満な関係から発展していないのだ。



プレーオフ準決勝でジェフが圧勝劇をみせたことで、

ちょっと欲がでた絵里は、思い切って自宅に誘ってみることにしたのだ。



答えは、OK。



絵里思考「(国立で観るのも捨てがたいけど、家で2人で見るのもいいよね。勝ってJ1昇格したい。そして、あわよくば・・・・・)」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



絵里「今日は来てくれて、アリガト。ホントは国立で観たかったかなって心配になっちゃった。でもテレビで盛り上がって、昇格で祝杯にしよう、オー!!」


絵里思考「(いまのジェフなら、きっと先制点がとれるはず!!試合が盛り上がってきたところで、点が入ったら、喜んだ勢いで、抱きついて(はあと)、そしてあわよくば・・・・・・)」



今日は、自宅での観戦で、

スナック菓子やジュースなども並べ、

ラグの上に座って、和やかな雰囲気だったが、



試合は熱戦となり、彼も絵里もテレビにくぎ付けになるような、

緊迫した試合展開が続いた。




好ゲームが繰り広げられていたが、大分が1点のリード。

そんな絵里の思考と裏腹に、ジェフからはなかなか点が生まれなかった。



時間は後半アディショナルタイムを迎え、

ゴール前でヨネが切り込む。



絵里「行けー!!決めて!!」


絵里思考「(なんでこんな大事な試合に点が入らないの!!)」

絵里思考「(決めてJ1昇格もしたい!!そして、あわよくば(はあと)・・・・)」



ヨネが切り替えして撃ったシュートは、キーパーの手をすり抜けるが、

無情にもゴールポストに跳ね返され、ボールはゴール前にふたたび転がった。



絵里「キャー!!なんでー!!でも、まだチャンスー。誰か決めてー!!」



絵里思考「(なんであのボールが入らないの!!)」

絵里思考「(早く昇格決めてほしい。昇格昇格!!)」

絵里思考「(そして、早く抱きつきたい。抱きつきたい抱きつきたい、早く早く。はーやーくー!!)」




ボールに飛び込んだのは、大分のDF。

ボールがクリアされていく。



主審は、時計をみやり、

テレビには歓喜を待つ、大分のサポーターの映像が映った。




彼も、試合終了を予感し、

飲みものでもとりに行くのか、立ちあがろうと腰を浮かそうとしている。





絵里「あーーーーー。なんでー。」



絵里思考「(なんで、なんで。絶対昇格したい。)」

絵里思考「(それ以上に、彼との大事なゲームなんだから―。勝てなかったら、このままテンション盛り下がっちゃって、どうすんのよー!!)」



誰もが、試合終了を覚悟したそのとき、

相手のクリアボールに勇人が飛び込む。



勇人が無心に蹴り込んだボールは、

混戦のゴール前に飛び込んでいく。





絵里「ゴールへ飛び込め~~!!」



絵里思考「(もう、ここまできたら、どんな形でも~~!!)」

絵里思考「(えーい、点が決まらなくても、わたしも彼に飛び込め~~!!)」




鋭く蹴り込まれたボールは、

先ほどのシュートで倒れこんでいたヨネの、

脚にあたり、



跳ねたボールは、

ゴールネットに突き刺さった。



絵里「・・・・・・!?。キャー!!やったー!!」



絵里は、喜んで飛び上がったところ、

腰を浮かそうとしていた彼は、絵里にぶつかって後ろに尻もちをついたが、




絵里は、迷わず、

倒れ込んだ彼に抱きついた。




やや西に傾いた太陽が照らし出す二人の影が、ひとつに重なったそのとき、

誰も観ていないテレビには、試合終了を告げる笛に続いて歓喜する黄色い選手たちが映し出された。




<Fin>




明日、多くのジェフサポーターが、

歓喜に包まれますよう。




にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

君のいない夏の終わりに<妄想ショートショートシリーズ> [妄想シリーズ]

1


どうも、わたしです。


だいぶ夕方から涼しくなる日も出てきて、

もうすぐ夏も終わりですね。



夕暮れに染まる街を眺めていると、

ちょっと切ない気持ちになったりもします。



そんな夏の終わりの切ない気持ちを、

妄想していこうと思います。




ちなみに、話の設定では、今回初めて、一人称の「ボク」は登場しないので、

「君」イコール自分だと思って、妄想してください。



あと、どの回もそうですけど、

記事の下の方の、

参考Youtubeを見てからの方が、イメージつかみやすいようにしてます。



どぞ。





<妄想1 君のいない夏の終わりに>

(妄想出演:多部未華子、設定:フクアリに一人で応援に来ている女の子)



未華子「ぶつかってゴメンナサイ!!」



人にあふれるフクアリのコンコースで、

未華子は、頭を下げて謝っていた。



よそ見をしながらボーっと歩いていたので、

人にぶつかったのだ。



”気をつけよう”と思いながら、

未華子は、スタンドへゆっくり歩いて行ったが、

どうしても人ごみに目がいってしまう。



いるはずのない、

君のことを探して・・・・・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



彼は、幼なじみで、

獣医師を志して、北海道の大学にいるため、

夏のこの時期だけ帰ってくる。



そして、小さいころから毎年、夏の恒例行事になっていた、

ジェフの応援にスタジアムに行って、子どもの頃のように大声で声援を送り、

夏が終わると、また北海道へ帰っていくのだ。



今年も昨年と同じように、ふらっと帰ってきて、

例年と同じに未華子を誘ってフクアリに行き、ジェフに大きな声援を送り、

先週、また、北海道へ帰っていった。





未華子には、

すこし後悔していることがあった。



あの日、2人で来たフクアリのコンコースの人ごみで、

彼とはぐれないようにと、未華子がさし出そうとした手は、

思い切りがつかず、引っ込めてしまった。



あの日、あと少しの勇気を持って手を差し出して、

淡い気持ちと一緒に伝えられていたなら・・・・・・・・・・・・・・・・。



そんな気持ちを引きずりながら、

未華子は、ひとりでフクアリに来ていた。



なんとなく、

フクアリの人ごみに彼の姿がありそうな気がして、



そして、今日もスタンドで、

誰よりも大きな声で歓声を送っていそうな気がして、




彼がいるわけもないフクアリに来てしまっていたのだ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ゲームは、

後半アディショナルタイムに入り、

すっかり暮れて、涼しい風も吹きはじめたフクアリの声援は、

さらに大きくなっていた。




涼しい風に吹かれながら、

彼と来た町田戦では、

最後までゴールが奪えず、悔しがっていた彼を思い出す。




そんな彼の顔を思い出しながら、半ば自棄になって応援していた未華子の目の前で、

智からロングボールが上がった。



ロングボールは、フクアリに吹き込むやや涼しくなった風に乗り、

相手DFを越えた。



ボールは、キーパーがゆっくり処理しようとしていたが、



そこに走りこんだのは、深井だ。




未華子「間に合えー!!とどけー!!」



未華子の自棄になった声を、

ゴールに沸くフクアリの歓声がかき消した。




未華子「・・・・・・・・・・・・・・やったー・・・・。ぐすっ・・・・」



涙があふれてきた。



深井のゴールに沸くフクアリの、

未華子の右隣には、

君はいない。



でも、あの日、

今日の深井のように、

あきらめず、もう一歩踏み出していたら、

何か変わっていたかもしれない。



勝利を告げる笛に沸く、大きな歓声の中、

フクアリに吹き込む涼しい秋の風が、心地よかった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






観客が選手達を出迎え、大きな歓声をあげる中、

未華子は、少し早く、

しっかりした足取りで帰路に着いた。



コンコースで人ごみに入っても、

もう気にならなかった。




明日、

北海道行きの飛行機のチケットを取ろう。



横断歩道の信号が赤になりそうなのを見て、

未華子は、とっさに駆け出しながら、

そう考えていた。



<FIN>


参考ようつべ




上のYoutubeで多部ちゃんが名演技してます。

切ない表情がたまりません。



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - 妄想シリーズ ブログトップ