So-net無料ブログ作成

今年もレジェンドマッチ、布陣を考えてみます。 [ジェフ一般]

どうも、わたしです。



今年もレジェンドマッチの陣容が、

固まりました。



懐かしい選手が多く、

楽しみですね。



毎年やっていると多くの選手が集まってきてくれている感じもして、

だんだん増えているように思います。



たくさんの懐かしい選手がいるので、

布陣でも考えてみようと思います。



ポジションによってはかぶったり、多すぎたりもあるので、

どうなるか。


おおむね、年齢高い方と、若い方と、

2チーム作れらいいなと思います。



1チーム目(若め)


  大柴   新居
深井       楽山 
  益山  慶 
良太 昇平 充喜 坂本    
    永田
 


2チーム目(ベテラン)


  チェヨンス 新村
村井         森崎   
   秋葉 式田 
鈴木和結城 大輔  木澤
  (中田)(鈴木秀)
     立石

こんな感じでしょうか。



10月5日の時点で出場リストにある選手は、

みんな入りました。



これは、考えるだけで、

楽しいですね。


益山あたりは昨年まで現役で、

しかもディフェンスからサイドハーフの前目までオールマイティだったんで、重宝されそうです。



結城と大輔あたりは、ここにミリノビッチあたりを加えれば、

本当にディフェンスラインを組んでいたように思うので、夢のある布陣です。



村井はチェヨンス先輩にクロスを上げて、

ゴールをおぜん立てできるかな。



どんなメンバー分けで組まれるのか、

楽しみです。



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2岡山戦@フクアリ [プレビュー]

どうも、わたしです。



前節前々節と終了間際の失点で敗戦したジェフは、

ホームに岡山を迎えます。



ともにプレーオフ圏を目指すものの連敗し、ジェフ12位、岡山10位と、

生き残りをかける一戦です。



前節の岡山は0-3(対大分)で敗戦しています。
3-4-3の布陣でコンパクトに前に押し出し、奪っては速攻で攻める形が鋭い。前線のFW赤嶺・豊川らに早めに入れて、サイドへ落としサイドからのクロスを入れる形やシャドーが絡んでゴールに向かう形が多い。また後半から入るFwオルシーニもボールが収まっており、同じく後半から入る石毛とともに球際への強さがある。一方でこのところややコンパクトさがなく、早いタイミングでライン間にボールを入れられてしまうと、起点を作られて、裏に抜け出されてずるずる下がるシーンが目立つ。


個人的注目点を書いていきます。



①相手よりコンパクトに、早いサッカーで崩そう



ジェフは、ここ2戦、早いタイミングで縦に入れて起点を作ることでペースを作り、

悪くないサッカーをしていると思います。



ただ、守備面でやや間延びしてしまい、

コンパクトさがなく、攻め込まれてしまう場面もありました。



一方で、岡山もあまり前でコンパクトを作れず、

ライン間に入れられてしまうことで、最終ラインが下がってしまうことが課題に見えました。



ジェフとしては、よりコンパクトな陣を作り、

早いタイミングで相手のライン間で起点を作るサッカーをしたい。



也真人や矢田が動いて起点を作るとともに、

ラリベイが相手の間に下がって受ける形が期待できます。



これによってライン間で起点ができれば、裏への動き出しができるようになり、

相手の3バックの脇のスペースが使えるようになります。




コンパクトを活かし、

相手を間延びさせるようなサッカーに持ち込んでほしいです。



②ゴールへの迫力ある攻撃へ、為田、清武に期待


ジェフの攻撃についてです。


ジェフはこのところ、いい攻撃はできるものの、

ゴール前での迫力が足りず、なかなかゴールが取れていません。



ゴール前では積極的に仕掛けてほしいと思いますし、

迫力ある攻撃に期待したいところです。



ジェフでは特に、為田、清武のFW陣に、

期待したい。


両選手とも高い位置でボールを持てば、どこからでもシュートできる力がありますし、

テクニック、ドリブルでの仕掛け、高次元でそろっているといえるでしょう。



前への迫力をもってプレーし、

相手ゴール前を大いに慌てさせてほしいと思います。



③豊川・赤嶺にラインを下げさせられないようにしたい


ジェフの守備についてです。


岡山の攻撃は、コンパクトな守備で奪うと、そこからの速攻に鋭さがあり、

前線の豊川・赤嶺にボールが入り、収めているところに、選手が上がってくると怖さがあると思います。



ここで、豊川・赤嶺にラインを下げさせられてしまうと、全体が間延びしてしまい、

後ろから相手選手が上がってきて、岡山のやりたい形になってしまいます。



ジェフとしては、豊川・赤嶺にボールが入るところでしっかり当たり、

相手を自由にさせないことが大事でしょう。



前節は、大久保、キムボムヨンが、闘莉王らと渡り合いましたが、

ややラインが下がってしまった面もあります。



互角以上にわたりあいつつ、

さらにラインをあげてコンパクトを作れる守備に期待です。



さて、ジェフはレジェンドマッチもあり、

おおくのレジェンドを招いてのゲームとなる。



海外からもジェフについてのコメントを送ってくれることも多いチェヨンス氏らをはじめ

ジェフを心配してくれている方も多いだろう。



レジェンドたちに、今年の新しいジェフの戦いを、

しっかりと見せるゲームが必要であろう。



レジェンドを迎え、

胸を張り、ジェフらしい戦いで勝利をつかもう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ