So-net無料ブログ作成

サッカーはビジネス的には規模が小さいほうが見ていても面白いように思う [閑話休題]

どうも、わたしです。


最近、ニュースなどで東京五輪の準備の様子などを見たり聞いたりすると、

身近な話では無いなあと感じています。



五輪が身近で開かれ、目の前でスポーツの技術で競うということには魅力を感じますし、

若い選手や子供たちが、それを目指す、目標があるというのは魅力ですが、



インフラ整備に莫大な費用が掛かり、広告収入や放映権でも莫大な額が動く、

そんなビジネス的な視点があまりにも大きすぎて、クリーンさを感じないのであります。



サッカーでも同様で、ビッグクラブというのも出てきて、

あまりにも規模が大きくなってきて、商業的すぎると、スポーツの部分での良さがなくなっていく気もしています。



やはり、頑張って、

勝てなかったものを勝てるようにしたり、できなかったプレーができるようになったりというところが、大事なところで、



お客が何人入っていくら儲かったとか、

選手全員の賃金総額がいくらかというのは、ファンにとって興味はあっても、スポーツとはかけ離れた部分になってしまっているのではないかと思います。



J2はほぼ全員がプロ選手であり、ビジネス的ではないとは言い切れませんが、

わたし的には、適度な規模なのかなあと思います。



あくまでわたしの感じるところだけですが、

少し規模が大きくなりすぎず、スポーツの本質の部分がなくならないよう、あまりビジネス的な部分が前面に出ない、そんなサッカー界であったらいいなと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ