So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2山口戦@フクアリ [プレビュー]

※7月10日分の更新です。



どうも、わたしです。


前節、アウェイで徳島との熱戦を制したジェフは、

ホームに山口を迎えます。


真夏のホーム連戦で、

連勝を果たすべく落とせない一戦です。



前節の山口は1-2(対熊本)で敗戦しています。
監督交代があったが、大きく変えることなくつなぐサッカーを継続しているように見える。4-4-2を基本にコンパクトに布陣し、奪うと、細かくパスをつないで攻める。ケンタロー・三幸・福元らを起点に縦パスを入れ攻撃のスイッチを入れている。またサイドバックが上がってのサイド攻撃も多い。ディフェンス陣やや競り合いや球際で弱さを感じ、失点が増えている。また攻撃でターゲットになる選手がおらず、ロングボールでチャンスが作れていない。


個人的注目点を書いていきます。


①サイドで押し込んだ戦いをしよう



山口はジェフと同様ポゼッションを高めてくると思われますが、

ジェフとしては、できるだけ起点を低くさせるとともに、ターゲットとなる裏に抜けてくるFWを孤立させたいと思います。



パスの起点はケンタローや三幸らボランチと、福元らセンターバックで、

こちらも押し込んでいくことで、パスの出元が遠くなり、リスクは減ります。



さらに、サイドを押し込んでおくことで、ターゲットとなるFWが孤立し、

高い位置でつながせることをさせにくくすると考えています。



そのためにも、サイドで押し込んだ戦いをし、

ジェフがピッチを広く使い、ポゼッションを有利に進めていきましょう。


②相手のライン間で起点を作る形で得点しよう


ジェフの攻撃についてです。



山口の守備は、コンパクトにラインを組んでボールの入り先で奪ってきますが、

やや守備陣がFWに押し込まれ、コンパクトさが出せておらず、失点が増えているように感じます。



ジェフとしても、強力な3トップで相手の最終ラインを押し込み、

ライン間をひろげて、そこで起点を作っていきたい。



3トップが作ったライン間で、也真人や壱晟・矢田らが起点となり、

裏へのボールを入れ、そこから得点につなげていってほしいと思います。


③相手の交代策でのリズムの変化に注意


ジェフの守備についてです。



相手はFW岸田と小野瀬がトップに入っており、

やや低い位置からのボールを受けて、仕掛けていく形が多いと思います。



この2人はスピードに特徴があるように見えますが、

交代で入ってくるレオナルドラモスは高さもあり、交代で狙いが変わってくることが注意点だと思います。


裏へのスピードを狙ってくる先発組に対し、

前線での高さも使ってくる形に対応することが必要だと思います。



相手に高い位置で起点を作らせないよう、

注意が必要です。



さて、シーズンも中盤を超えてきたが、

暑い盛りの中、けが人や累積リーチの選手も多く、総力戦になってくる様相である。


全員が限界まで走り、

補いあって戦わなければいけないだろう。



サポーターも総力戦だろう。



疲労し気力が折れつつある選手たちを、

支えていかねばならないだろう。




真夏の厳しい戦いを支え、

全員で勝利を掴んでいこう



WIN BY ALL!



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ