So-net無料ブログ作成

サイドがあいまいになってしまったように思います<2017年J2第23節熊本戦@えがおS> [レポート]

ジェフ0-1熊本


どうも、わたしです。


ジェフはツインタワーでラリベイ・指宿を起用した形で勝負しましたが、

うまく機能しませんでした。



布陣のバランスを欠き、

サイドでうまく形が作れなかったように感じました。



ゲームは、ジェフがボールを持つものの熊本がコンパクトに入り先を消し、ジェフが繋げない形で始まります。ジェフはサイドにボールを入れていくもののサイドで囲まれてしまい、中央のラリベイ・指宿にロングボールを入れるも、収まりきらない展開が続いた。熊本にカウンターを受け決定的なピンチもあるが、優也のセーブなど脱し、前半は0-0で終えます。後半に入ってもジェフはなかなか高い位置で起点が作れず、押し込んだ展開が作れない。逆に熊本はコンパクトな守備がさえ、徐々にジェフのボール回しを押し下げていくと、63分に、ジェフのバックパスを奪い、熊本が先制に成功。ジェフはその後もボールをつなぎ攻めるが、サイドで起点ができず逆サイドに振る前に寄せられて起点ができず、チャンスが作れないまま、0-1で敗戦したゲームでした。


思うところを書いていきます。



①サイドがあいまいになってしまったように思います。


今節ジェフは、ツインタワー型を用いて、いろいろな形を狙ったと思いますが、

うまくいきませんでした。



ビルドアップの段階で、DFに寄せられてしまい、

特にサイドでうまく前を向けなかったと思います。



ジェフは3トップがサイドに張らずに、タワー型にすることで、

サイドの人数が減りました。




これは、悪いことではなく、

サイドバックが高い位置を取り、早めにクロスを入れていけばいい狙いであったと思います。


また、FWの一角がサイドに流れて形を作っても、中央にFWが残りやすく、

ゴールに直結する、そんな布陣であると思います。



しかし、その狙いは組み立てる段階で、

うまくいかなくなってしまいました。



熊本の寄せがかなりコンパクトで早く、

ジェフはそこを脱することができず、前と後ろが分断されてしまいました。



熊本はFWの一角がジェフのサイドバックにも寄せてきており、

ウイングバックの選手とともに、ジェフのサイドバックを囲んでしまうシーンが多かったように感じました。



ジェフは、ここ数戦の攻撃がうまくいっているゲームでは、

サイドに高い位置でボールが入っていましたが、



このゲームでは、低い位置で囲まれてしまうシーンが、

多かったように思います、



FWの一角がサイドに流れたり、也真人やイッセイがサイドのフォローに回ろうとの狙いもありましたが、

曖昧で、あまり決定的な打開策にはなりませんでした。



ジェフとしては、やはりサイドから攻める形があってこその中央で、

サイドの形ができていないと、バリエーションができません。



ツインタワー型の挑戦は素晴らしいものですが、

はじき返されてしまいました。



もう一度、しっかりしたサイドの形を作って、

そこからさらにバリエーションを増やす段階を作っていきたい。



苦しい時期ですが、

もう一度作り直しです。


地道に頑張って、

活きましょう。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ