So-net無料ブログ作成
検索選択

重心を前にあげたい一戦でした<2017年J2第25節愛媛戦@ニンスタ> [レポート]

ジェフ0-1愛媛


どうも、わたしです。


ジェフとしてはアウェイで勝利のほしい一戦でしたが

敗戦となってしまいました。



ゲームの重心を前にあげたい、

そんな流れであったと思います。



ゲームを簡単に振り返ります。

ゲームはコンパクトな布陣でポゼッションを争う形で始まり、両軍積極的に玉際に入りました。ジェフは相手のプレスに押されつつも大きくつなぐとともに、プレスをしっかりかけ相手に前を向かせず、丁寧にペースを奪っていく。大外までつないで前に運び、コーナーキックを得る回数も増え、徐々にペースをつかんだ。しかし、高い位置での収まりどころがうまくいかず、前半を0-0で終えた。後半に入ってジェフはペースアップし、プレスからショートカウンターの回数も増やす。攻めていたが、56分、相手に前線で収められると、ミドルを決められ、失点してしまう。ジェフは清武を投入し、攻勢を強めるが、退場者を出し、相手がボールをおさめる時間も長くしてしまった。ジェフはその後も攻めるが、愛媛のコンパクトを崩しきれず、0-1で敗戦したゲームでした。


思うところを書いていきます。



①重心を前にあげたい一戦でした。


両軍ともコンパクトに玉際を争うシーンが多く、

どうボールを保持していくか、そんな意識があったようにも思います



ジェフはボール保持率では優位に立ち、

パスを回せたといっていいでしょう。



サイドにもボールが入り、

サイドからはチャンスも作れたように思います。




ただ、ジェフは愛媛のプレスも強く、

やや後方でボールをおさめることによって、ボールを持てた印象です。



インテリオールの也真人、アランダも下がってボールを受けていて、

無理な勝負はせず、ボールを持っていた感じでしょうか。



その分、高い位置で起点が作れず、

前線でのコンパクトを失ってしまったように思いました。



ジェフとしては、ポゼッションというのは大事でありますが、

ハイラインハイプレスを維持するためにも、ポジショニングが高いというのも大事です。



ジェフは、今節は余裕をもってプレーする為にも、

やや重心が下がってしまった印象です。



ポゼッションを取り、サイドを大きく使いつつ、

重心を高くというのは、難題にも感じますが、



更なる進化のためにも、

必要なことでしょう。



ラリベイや指宿を中心に、

高い位置で核を作り、コンパクトに布陣する、



そんなサッカーを、

さらに作らないといけないと思います。



夏場で苦しい期間が続きますが、

さらに高い位置で走れるよう、頑張ってほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

不核-愛媛戦即レポ [即レポ]

ジェフ0-1愛媛


どうも、わたしです。


遠隔アウェイ愛媛へ参戦していただいたサポの皆様、

お疲れさまでした。



蒸し暑さの中、選手の汗も異常なほどで、

過酷な環境であったと思います。


わたしはDAZNのおいかけ再生観戦です

あしからず。




さて、ゲームは、おおむねジェフのやりたいサッカーをやることができたと思いますが、

相手に先制を許し、退場者も出し、点を取り切ることができませんでした。



局面ではうまくプレーできましたが、全体で核が作れず、

うまく組み立てられなかったと思います。



さて、ゲームはコンパクトな布陣でポゼッションを争う形で始まり、

両軍積極的に玉際に入りました。



ジェフは相手のプレスに押されつつも大きくつなぐとともに、

プレスをしっかりかけ相手に前を向かせず、丁寧にペースを奪っていく。



大外までつないで前に運び、コーナーキックを得る回数も増え、

徐々にペースをつかんだ。


しかし、高い位置での収まりどころがうまくいかず、

前半を0-0で終えた。



後半に入ってジェフはペースアップし、

プレスからショートカウンターの回数も増やす。



攻めていたが、56分、相手に前線で収められると、

ミドルを決められ、失点してしまう。



ジェフは清武を投入し、攻勢を強めるが、退場者を出し、

相手がボールをおさめる時間も長くしてしまった。



ジェフはその後も攻めるが、愛媛のコンパクトを崩しきれず、

0-1で敗戦したゲームでした。




さて、ジェフとしては、ゲームを作ることでは、

うまく形ができていたと思います。



大外にボールを回し、ポゼッションを取っていく形というのがさえ、

相手は嫌だったと思います。



一方で、ジェフは、

両サイドに新加入選手や、新人も抱えていました。



個人的な感想では、両選手にはよくボールも入り、うまくプレーしてくれたと思いますが、

溝渕くんにはフォローの選手がたくさん入りすぎ、為田選手は孤立したようにも見えました。



それだけでなく、愛媛のプレスも強かったこともあり、

ジェフは全体的に下がってプレーすることが多く、



攻撃で高い位置での核が、

作れなかった印象です。



本来であれば、一番高い位置での起点となるラリベイの周りに、

多くの戦力を展開させたかったところですが、



やや低い重心でしか展開できず、

退場した選手もそれを打開するべく走りまくりましたが、完全に打開できなかったように見えました。



ジェフとしては、誰が出ても同じサッカーを継続的にできることは理想なので、

こういうことは、仕方がない面があります。



為田選手、溝渕選手には、多くボールが入り、

活躍もしてくれたと思います。



ただ、やはりゲームの核を、

高い位置へ持っていきたい。




アランダ、也真人らが高い位置でプレーすれば、相手もさらに嫌だったと思いますが、

今日は低い位置にいるケースが多かったです。



ジェフらしい戦いをするべく、

核を失ってしまったそんな戦いにも見えました。




もう一段階上の戦いをするためにも、

高い位置で核を作り、得点を重ねよう。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アウェイ戦苦手克服へ、大事な愛媛戦 [ジェフトップチーム]

どうも、わたしです。



今節は愛媛戦ですが、

アウェイの苦手さを克服していくために、大事な一戦ですね。



先日のホーム戦に勝利しての也真人のヒーローインタビューでも、

アウェイの苦手はわかっていて、それをみんなで克服していきたいという趣旨のものでした。



愛媛という相手は、

そんなアウェイ戦の苦手さを克服していく中では大事な一戦ともいえると思っています。



基本的には、愛媛はジェフとしては苦手な相手ではなく、

過去の対戦成績では比較的勝ちこしていますし、大量得点での勝利も印象に残っている相手です。



ただ、ホーム戦で7勝1分け無敗なのに対し、アウェイでは3勝2分け2敗で、

ホームで無敗、アウェイでは五分という感じで、アウェイの苦手さがわかります。



そうはいっても、比較的苦手意識のない愛媛戦で、

しっかり勝っていきたいところです。



選手のコメントの中には、ホームでは散水があるもののアウェイでは水がまかれないことの苦手さ、

なんてのも出ていました。





水をまくことでジェフは慣れたボールのはね方になり、相手は苦手なはね方になるという、

そんなメリットもあるのかもしれません。



解説では、水を撒くとボールが走りやすくなり、

パスのスピードが上がるなんていうことも言われていますね。



また、単純に遠いアウェイで戦うことで、移動の疲れや宿泊の環境で、

やりにくさというのもあるのかもしれません。



サポーターの声援の量というのも、

フクアリとでは差が出てしまいます。



ただ、そういった環境の差というのは、

どうにも変えにくいので、



アウェイ対策をしっかりして、

苦手意識より、準備をしっかりしたという自信に変えていくしかないのでしょうね。



そんなアウェイを意識した、

愛媛戦。



何としても勝利を掴んで、

ここからの試金石にしていってほしいですね。




にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ