So-net無料ブログ作成

局面では前を向く形が明確に<2017年J2第17節岡山戦@Cスタ> [レポート]

ジェフ1-2岡山


どうも、わたしです。



球際に負けるような形で、悔しい失点での敗戦となってしまいましたが、

前節の愛媛戦での形を踏襲し、早い縦パスを契機に、前を向くシーンが多かったと思います。



チームで局面での方向性がはっきりし、

スイッチが入るようになったように感じます。



ゲームを簡単に振り返ります。

ゲームは両軍コンパクトに玉際に強くいく形で始まり、落ち着かない展開で始まりました。岡山の球際に苦しみ、どんどん裏に入れられ落ち着かない始まりであるも、ジェフは25分くらいからパスがつながり組み立てていけるようになり、ぺースを握った。34分に、FKの流れでクリアされたボールを、キムボムヨンがミドルシュートを突き刺し、先制に成功した。その後、前半はジェフがしっかり組み立ててボールを失わず有利に進めていたが、アディショナルタイム+2分、相手GKからのロングボールにジェフDFとGKが交錯し、相手FWに押し込まれ、前半を1-1で終えます。後半に入ると、ややジェフは球際で押され、セカンドボールに寄せられず、ペースを握り切れないでいると、54分に、相手に高い位置で奪われると、ペナルティエリア内のこぼれを押し込まれ、失点。ジェフは、也真人船山を投入し、運動量が増え起点を作ることでペースを握り、決定機も作るが決めきれず、後半はややコンパクトを作り切れない戦いで、1-2で敗戦したゲームでした。


思うところを書いていきます。



①局面では前を向く形が明確に



前節同様、ジェフは縦パスが早く入るシーンがよく見られ、

いい傾向と思います。



今までは縦パスを入れようとも、そこで前を向くことができず、

徐々に縦パスが入らなくなり、横パスばかりになってしまう傾向があったと思いますが、



ここ2戦は、どんどん縦パスが入って、

崩しに行く姿勢が見られると思います。



それは、チーム全体で縦パスを入れた局面でどうするのか、

約束事ができたからに見えます。



流れとしては、①後方でサイドにずらす、②受け手がスペースに動く、③縦パスを入れる、④受け手が受けて少し戻す、⑤戻されたところで前を向いた選手がさらに縦へパス、

という流れになっていると思います。



この一連の流れを早くやることで、縦パスの入り先にもマークがつかないし、

戻されたところでマークにつく選手にもマークがつかず、崩すことができます。



また、縦パスの入り先の選手が少し下がって受けることで、相手のラインが一斉に上がるので、

次の縦パスでは、ジェフは裏のスペースに入れていくことができます。



そのため、ジェフの選手は縦パスを戻したところで、

一斉に裏に走り出す、スイッチが入るのです。



ノーマークで裏に出せる可能性が高い流れなので、

理にかなっていますね。



この流れによって、高い位置にボールを運べるシーンというのも、

増えたと思います。



ただ、このながれは関塚体制や長谷部体制で用いていた形で、

中盤のコンパクトさが大事となります。



今節は後半から間延びしてしまい、

徐々にペースを失ってしまいました。



ラインを上げてコンパクトをどれだけ維持できるか、

それがさらに生命線になってきます。



ここから夏の暑い時期になってきますが、

つねにコンパクトが取れ、縦パスの戻し先のフォローなど、形を作り続けることができるか、



楽しみに見ていきたいと思います。





がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ