So-net無料ブログ作成

不悪ー岡山戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-2岡山


どうも、わたしです。



アウェイ岡山まで遠征していただいたサポの皆様、

お疲れ様でした。



大きな声援が、

届いていたと感じています。



わたしはDAZNの追いかけ再生観戦です、

あしからず。



さて、個人的な感想では、

悔しい事故敗戦でした。



ただ、ジェフは事故OKでハイリスクハイリターンな戦略をとっている以上、

言い訳はできません。



それでも、前節の愛媛戦から組み立て方がはっきり継続され、

悪くない一戦になったと手ごたえを感じています。



さて、ゲームは両軍コンパクトに玉際に強くいく形で始まり、

落ち着かない展開で始まりました。



岡山の球際に苦しみ、どんどん裏に入れられ落ち着かない始まりであるも、

ジェフは25分くらいからパスがつながり組み立てていけるようになり、ぺースを握った。


34分に、FKの流れでクリアされたボールを、

キムボムヨンがミドルシュートを突き刺し、先制に成功した。


その後、前半はジェフがしっかり組み立ててボールを失わず有利に進めていたが、

アディショナルタイム+2分、相手GKからのロングボールにジェフDFとGKが交錯し、相手FWに押し込まれ、前半を1-1で終えます。



後半に入ると、ややジェフは球際で押され、セカンドボールに寄せられず、

ペースを握り切れないでいると、



54分に、相手に高い位置で奪われると、

ペナルティエリア内のこぼれを押し込まれ、失点。



ジェフは、也真人船山を投入し、運動量が増え起点を作ることでペースを握り、

決定機も作るが決めきれず、



後半はややコンパクトを作り切れない戦いで、

1-2で敗戦したゲームでした。



さて、ゲームの結果では負けてしまいましたが、

先に書いたように、わたし的には、やや手ごたえを感じています。



今シーズン、ここまでは勝ったり負けたりがややあいまいに進んでいましたが、

今節は、前節の戦い方をしっかり踏襲し、組み立ててきたゲームと感じます。



今節の岡山が、前節の愛媛と戦い方が近いというのも要因でもありますが、

それを差し引いても、同じコンセプトをしっかりとってきた、各選手がそれをよく理解して戦ったように感じました。


大きな戦術的には、エスナイデル監督が作ってきているハイラインとハイプレスによる形をもとに、

局面では、昨年に長谷部関塚で作ってきた組み立てを踏襲し、前に早い形を作りつつあると思います。



前半の流れでは、ジェフはコンパクトな布陣から、早い縦パスと、少し戻して前を向いたところからさらに早い裏へのパスで敵陣を犯し、

前半は素晴らしい出来であったと思います。



しかし、やや事故的な前半最後の失点と、さらに事故的な後半早い時期の失点で、

敗戦になってしまいました。



さらに、前半の指宿のオフサイド判定でのノーゴールや、

船山選手のバー直撃やGKのスーパーセーブでの逸機は、事故といってもいいのかもしれません。



ただ、わたし的には、事故のダメージよりも、

組み立ての形がはっきりしたことや、継続によりその形がチーム全体で安定してきたことは、手応えが大きいです。


縦パスが入り、前線から少し戻されて後ろで前を向いて受ける選手にボールが入ると、

一斉に前線に選手がフリーランで走るようになり、



スイッチが入ったように、

攻撃に厚みができるようになりました。



相手は、ジェフの高いラインに押し込まれてもいるので、

戻したところまでは寄せも間に合わず、フリーで裏にボールが出せるようになっています。



はっきり言って、悪くなく、

悪くないどころか、手応えの感じる攻撃になっていると思います。



この感触を、

今日の敗戦によって失いたくないところ。



悪くない実感をもって、

継続し、さらに深めていってほしい。



本来は連勝で成功体験を重ねたかったところでありますが、

これも与えられた試練でしょう



この敗戦に悔しい思いもしながらも下を向かず

継続し、戦いを重ねていきましょう。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ