So-net無料ブログ作成
検索選択

《プレビュー》明日はJ2岡山戦@Cスタ [プレビュー]

※6月2日分の更新です。



どうも、わたしです。


前節は逆転での4得点を奪い勝利したジェフは、

今節はアウェイ岡山に乗り込みます。


6月に連勝を重ねるため、

勢いに乗りたい一戦です。



岡山の前節は、1-1(対大分)で引き分けています。
17位とやや苦しんでおり、得点力が課題か。3-4-3の布陣で、コンパクトなゾーンで相手にボールを入れさせない。やや重心が低く奪ってカウンターを狙う時間も長いが、前線から寄せてショートカウンターも狙ってくる。FW豊川が広い範囲で動き落としたボールをクロスで中央に入れていく攻撃が中心か。また、ボールが前線で収まると、ボランチからのスルーパスが出て、鋭さのある攻撃となっている。一方で、コンパクトな守備は堅いものの、寄せてこない時間もあり、ライン間やWBの前で起点を作られ、失点するケースも増えている。



個人的注目点を書いていきます。


①前節の戦い方を継続し、早めの縦パスでライン間で起点を作ろう


ジェフは前節の愛媛戦では、サイドから早めの縦パスが出て、

ライン間で起点を作り、崩すシーンが多くみられました。



今節の岡山も、前節の愛媛と守備の考え方は似ているように感じ、

ゾーンでボールの入り先に寄せるやり方で、積極的には寄せてこないので、



ジェフは、愛媛戦と同じやり方を継続し、

早めの縦パスをライン間に入れ、FWが下がって受けたり、後ろから上がって受けたりすることで、相手の守備を揺さぶってほしいと思います。



ただ、岡山の守備はやや重心が低く、

WBは最終ラインに吸収されている時間も長いので、より慎重な攻撃も必要かもしれません。


ミスからカウンターを受けないよう、

注意して攻めてほしいと思います。


②前線で球際強く勝っていこう



ジェフの攻撃についてです。


岡山の守備はコンパクトで球際に強く来る特徴もあるので、

ジェフとしては、球際では負けないようにしたいところ。



ここ数戦で活躍している指宿の存在にも注目したいです。


指宿が球際で押さえてくれると、

岡山はそこにマークが集中し、スペースを作ってくれることになります。



岡山の守備陣は強さはありますが、コンバート組も多く、

やや対応にはバタつきもあるので、球際強く前線で戦ってほしいと思います。



③FW豊川に注意


ジェフの守備についてです。


岡山の攻撃陣は出られていない選手が多く、赤嶺、伊藤大介らが出場できておらず、

FW豊川中心になっています。


とはいえ、豊川はゴール前での球際にも強く、万能型で、

あらゆる場面でゴールに絡んでくると思われます。


ジェフとしては、裏のスペースで体を入れ替わられたりすると、決定的なピンチになるので、

マークをしっかりし、前に出さないことが大事でしょう。



また、サイドに流れてボールを収め、落としたところから起点になってくる動きもあるので、

マークの受け渡しや、守備のスライドにも注意して守ってほしいと思います。



さて、ジェフはここまで連勝できておらず、

今回6回目の連勝へのチャレンジとなります。



ただ、ホームでは前節の愛媛戦、その前の長崎戦と攻撃力が爆発しており、

徐々に攻撃力が増してきているのも感じます。



6月になり、

夏場を前に、勢いをつけていきたいところ。



TGでも7得点を挙げており、

サブ組も含め、チーム全体が得点を目指して勢いに乗ってきたところ。


この勢いを本物にし、

ここからリーグ戦を勝ち上がっていこう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ