So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2熊本戦@フクアリ [プレビュー]

※5月20日分の更新です。



どうも、わたしです。


前節はアウェイで敗戦し、連勝を逃したジェフは、

ホームに熊本を迎えます。


昨年の震災からの復帰となったゲーム以来のフクアリでの熊本戦、

気持ちの入ったゲームを見せたい一戦です。


前節の熊本は、2-1(対岐阜)で勝利しています。
4-4-2を基本に、ボールサイドにコンパクトな守備でプレッシャーをかけて守り、奪うとサイドを中心に前線の外国人FW(グスタポ、モルベッキ)へ入れていく形が多い。また途中から出てくる巻・アンビョンジュンも鋭さがあり、注意が必要。ボランチにボールが入って収まると攻撃力のあるSB片山、黒木らが上がってきてサイド攻撃を展開。やや守備に不安定さがあり、コンパクトな布陣の外をサイドチェンジや裏へのボールで使われて崩されたり、ややコンパクトさを失うとサイドのライン前で起点を作られて崩されている。


個人的注目点を書いていきます。


①サイドを大きく使って崩していこう



熊本はボールに対してコンパクトな布陣をとり、

しっかりとプレッシャーをかけて守ってくる印象があります。



ただ、守備がやや不安定で、プレスをかわされてサイドチェンジで逆サイドに振られたり、

コンパクトの裏へのボールで揺さぶられている印象です。



ジェフは、サイドを大きく使えるチームですので、

相手のプレスをしっかり受け止め、サイドを大きく使うサッカーで崩していってほしいと思います。



ラインを上げることで、球際へのコンパクトさはジェフも出せると思いますので、

ボールサイドの球際でしっかり収めて、そこから落ち着いてサイドへ展開し、ペースを握ってほいいと思います。



②早いクロスでゴールを狙っていこう



ジェフの攻撃についてです。



熊本はやや守備に不安定さがあり、

ややSBの前のスペースで起点を作られてしまっていると思います。



ジェフとしては、長崎戦でもSB真希がやや低い位置からのクロス性のパスで清武の得点につなげており、

早や目のクロスをSBの前のスペースから入れていく形に期待しています。



ファーサイドへ入れて、指宿・ラリベイらが落として、

そこにシャドーが走りこむ形も面白いですし、



GKとCBの間にボールを落とし、

船山や清武らが競っていくのも面白いでしょう。



早いクロスをどう決めるか、

注目です。


③熊本のSBの上がりに注意


ジェフの守備についてです。



熊本は前線に外国人FW2人を並べたり、交代でも巻やアンビョンジュンらが入ってくるため、

強力で、その個の力で攻めてくるだけでも力があります。



さらに前線で収まって、全体が上がってきた場合の、

サイドバックの上がりに注意したいと思います。



熊本のSBは片山・黒木が入っていますが、

ともに攻撃力が高く、得点力もあります。



ボランチ上里らにボールが入ると、上がってきてサイドに展開されるので、

厄介とみています。



ジェフはサイドのポジショニングに気を使って、

熊本のサイドバックをフリーにしないよう、気を使ってほしいと思います。



さて、今節は熊本とのゲームであるが、

清武と巻という、震災を熊本で経験した選手が特別な想いで戦うゲームとなる(アンビョンジュン選手もジェフOBだが、今年から熊本に移籍)。



清武は熊本の10番として、巻はチームの支柱として昨年の震災を乗り越えてきただけに、

思いも新たな対戦になるだろう。


震災復帰後初のゲームがこのフクアリであったこともあり、

熊本サポーター、もちろんジェフサポーターにとっても、思い入れのある対戦であろう。



1年たち、思いを新たに、

気持ちの入ったいいゲームを作ろう。




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ