So-net無料ブログ作成
検索選択

なかなか正攻法ではくずしきれない<2017年J2第12節金沢戦@石川西部> [レポート]

ジェフ1-2金沢


どうも、わたしです。



退場者を出すなど不安定な要素がありましたが、

結果的に、攻め続けるも、崩しきることができませんでした。



正攻法だけではなかなか崩しきれない、

そんな状況なのかもしれません。



流れを簡単に振り返ります。



ゲームは序盤からジェフがボールを持ち、金沢がコンパクトに守りカウンターを狙う展開で始まりました。ジェフはパスをつなごうとするが、金沢は前から寄せてパスコースをふさぎジェフはなかなかつなげず、カウンターを受ける展開が続いた。27分に中盤で奪われたボールをカウンターを受けると、クロス性のボールのクリアボールがゴールとなってしまい、オウンゴールで失点。34分にはややルーズになってきた自陣からキムが出したスルーパスに清武が抜け出すが、DF野田が倒し、得点機会阻止でレッドカード。相手は10人となったが、前半は0-1で終えた。 後半に入ると、ジェフはより攻撃的にシフトも、50分にロングボール対応で裏を取られ、さらに失点。51分には前線でハイプレスでアランダがこぼしたボールを、ラリベイが決めて1-2としたが52分には再び裏に出されたボールに佐藤洸が抜けたところで、若狭が倒して退場、10人となった。その後はジェフはより攻撃的に布陣し、攻め続け、固める金沢に対し、狭いところでもパスをつなげシュートを打つも決めきれず。ゲーム通じて27本のシュートを打つも決めきれず、1-2で敗戦となったゲームでした。



思うところを書いていきます。


①なかなか正攻法では崩しきれない



今節の相手、金沢は、コンパクトな守備で守り、

ジェフに中央で起点を作らせなかったと思います。



それでもジェフはシュートを27本(DAZN数え、公式は20本)打ちゴールに向かうプレーはできましたが、

最後の最後で、しっかりゴール前を締めていたということだと思います。



ジェフはしっかりボールを動かして、相手の陣形の外側からじわじわと攻めましたが、

相手のマークを外しきれず、なかなか攻めきれなかったことになります。



なかなか正攻法だけでは、

J2の堅い守備をこじ開けられないということなのかもしれません。



一方で、相手が崩せた場面では、

早いカウンターや、スルーで一列飛ばして先で受けた場合などで、相手の予想できないプレーであったと思います。



つまり、正攻法だけでなく、相手の裏をかいていく相手を上回るプレーというのも、

必要になってくるでしょう。



それを出すのは、個の部分であれば、

高さやドリブル突破などで可能になってきますが、



やはり、チームとしての攻めのスピードやパスのスピードで、

早さで上回っていくこともできます。


緩急をつけることで、

相手の予想を崩すこともできるでしょう。



正攻法で相手を崩しきるだけでなく、

どこかで相手の予想を裏切り外していくようなそんなプレー。



相手を上回るプレーを混ぜて、

ゴールを目指してほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ