So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2金沢戦@石川西部 [プレビュー]

※5月6日分の更新です。



どうも、わたしです。



前節引き分けに終わり連勝を逃したジェフは、

アウェイ2連戦で金沢に乗り込みます。



勢いをつけていくためにも、

勝利で連戦を締めくくりたい一戦です。



金沢の前節は、1-2(対東京V)で敗戦しています。
4-4-2の布陣で中盤でコンパクトを作り、相手にボールの入れどころをなくさせてしっかり守り、奪っては速攻をかけるのを得意としている。FW佐藤洸に収めさせると、中美・宮崎・杉浦・山崎らアタッカーがそろっており、怖さがある。一方で、なかなか攻撃がつながっておらず、ロングボールを蹴らされている場面が多く、なかなか速攻ができずチャンスを活かせていない。守備ではコンパクトが作れているものの球際でこぼれを相手に拾われて裏に出されるケースもあり、守備がもろさが見られる。



個人的注目点を書いていきます。


①コンパクトなサッカーでペースを握ろう



ジェフは、今期はラインを高く上げることでコンパクトを作っていますが、

押し上げての戦いが、だいぶ安定してきたように感じています。



一方で金沢は、ラインを上げ前線は少し下がって、中盤でコンパクト作ってくる形を作っており、

このコンパクトさで相手に起点を作らせない形を作っています。



両軍とも相手に裏を取らせず、コンパクトさを維持することが、

ゲームを左右すると思います。



ジェフとしては、しっかりと前から寄せて相手に裏に蹴らせず、

しっかりとコンパクトを維持したいところ。



金沢はやや玉際に弱い面もあり、コンパクトの中では寄せてくるものの、

裏にこぼしてしまうこともあり、



ジェフとしては恐れずどんどんとライン間に入れて、裏にこぼしていって、

裏にこぼすことで、どんどん相手のラインを押し下げて、コンパクトを奪っていきましょう。



②球際をどんどん仕掛けていこう



ジェフの攻撃についてです。




金沢はコンパクトな守備を見せてきますが、やや玉際で競り負けていることがあり、

ライン間の狭いところから、裏に出されてピンチとなっている場面が見受けられます。



ジェフは、コンパクトに守られると、なかなかライン間に入れていけないシーンが多いですが、

積極的にライン間に入れて、むしろセカンドボールを競って、どんどん仕掛けてほしいところ。



どんどん仕掛けられると、相手は裏にこぼれれば、どんどんラインが下がっていくでしょうし、

セカンドボールに寄せることを意識していれば、相手がジェフの裏に蹴ってくることの防止にもなります。。


また、ドリブルでライン間に勝負していくのも、

相手のコンパクトな守備を崩すのに有効と思います。



ライン間にパスもどんどん仕掛け、ドリブルでもどんどん仕掛け、

セカンドボールにも寄せる、積極的な仕掛けるサッカーに注目です。



③佐藤洸の落としと、アタッカーに注意


ジェフの守備についてです。



金沢の攻撃は、なかなかコンパクトさが作れておらず、

パスがつながっていない状況と思います。



その中で必然的にロングボールが増えていますが、FW佐藤洸一に収まっており、

落としに強力アタッカーが走りこむことに怖さがあると思います。



アタッカーは、中美・杉浦・宮崎・山崎ら、それぞれ特徴ある得点力のある選手がそろっており、

非常に怖さがあります。



ジェフとしては、まずは佐藤洸に収めさせないことが、

大事でしょう。


マークを外さず、しっかり競ってほしいです。



また、アタッカーが裏に走ってくることも注意が必要で、

しっかりとした対応を期待したいです。



さて、ジェフはアウェイ連戦ということになるが、

大変なだけに、アウェイで勝つということが非常に重要だろう。



また、今回の相手は金沢であるが、

わたしも過去に北陸に行ったことはあるが、なかなか交通が難しく、大変である。



選手・サポーター、遠く、苦労する金沢で勝利を奪って、

ホーム戦に勢いをもたらそう。




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村