So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の3件 | -

連戦だと書きたいことがかけないので時々困る [閑話休題]

どうも、わたしです。


このブログを書いていますが、

毎日1記事書くようにしています。



ただ、連戦で、土、水、日とゲームがあると、

ゲームに関する記事しか書けず、時々書きたいことが書けない時があります。



やはりゲームを注目することが大事だと思うので、

ゲームに関することを優先して書くようにしていますが、



そういう時に限って、ハットトリックや、兄弟対決、エンドチェンジ対策や、

マーメイドお披露目だったり、いろいろなことが起こるわけですね。



そうすると、

書きたいことがあるのに、かけないというジレンマが起こるわけです。



普段は、

わりと書くこと探しているのに。



まあ、2記事作ればいいのですが、

それもちょっと大変なので。



連戦時に書きたいことが起こる、そんなジレンマと戦いながら、

毎日1記事を続けていこうと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

もう少し縦へのスピード感がほしいか<2017年J2第15節熊本戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ1-1熊本


どうも、わたしです。


フクアリでの熊本戦は、攻防一体での素晴らしいゲームとなったと思いますが、

ジェフにとっては、ややスピード感のないゲームになってしまった気もします。



もう少し縦へのスピード感も、

欲しい気がしました。


内容を簡単に振り返ります。

ゲームは、ジェフがボールを持つものの、熊本はコンパクトな布陣で寄せ、ジェフは自由がなく、カウンターを受けるシーンも。寄せが早くパスの起点ができない中、清武のドリブルで崩すシーンもあり、ジェフは積極的に攻めた。 一方で熊本もグスタポ、巻を中心にカウンターを仕掛け、ゴールに迫るシーンもあったが、前半を0-0で終えた。後半に入るとジェフは也真人、菅嶋を投入し、よりボールをおさめていく狙いに。しかし、やや攻め手を欠き、熊本に押されると、50分、前線でのバックパスを、熊本に競り勝たれ失点してしまう。その後は、ジェフはボールをつなぎ攻めるも、熊本はやや守備の比重が強く、なかなか崩せないものの、83分、指宿が相手を背負って受けたボールを、自ら崩してゴールを奪い、その後はジェフが攻め続けるも、1-1で引き分けたゲームでした。


思うところを書いていきます。



①もう少し縦へのスピード感がほしいか


ジェフと熊本の一戦は、

攻防一体の好ゲームでしたが、


熊本のコンパクトな守備と、早い寄せが目立ち、

ジェフは自由な攻撃ができなかった印象です。


ただ、ボール支配率は70%にもなり、本来は相手が寄せることもなかなかできない状況と思いますが、

今節は、熊本にしっかり寄せられてしまった印象でした。



ジェフとしては、早く指宿に入れて、落としたボールを前線でつなげていく形がほしかったところですが、

後方で寄せられてしまうので正確なボールが出ず、指宿が競ることができないシーンが多かったように思いました。



後方でパスを散らして、相手の寄せを外してから攻めていくのがジェフの狙いと思いますが、

今節は熊本に早く寄せられ、マークを外すことができなかったと思います。




ジェフの狙いとしては、後方のパス回しに寄り相手の陣形を崩すとともに、

ボールホルダーへのマークを外し、フリーにすることも狙いだと思うので、



もう少し早いボールで回していかないと、

マークを外しきれないのかもしれないと思いました。



ボールを失わないことも大事ですが、

早いボールで相手を崩す、そんなプレーが必要です。



ジェフの場合、ラインを上げるだけでなく、攻撃も後方からという意識になり、

守備陣のプレーにより重要性が高まっているのかもしれません。



奪ってから早いパス回しでフリーなシーンを作る、

そんな後方のサッカーも必要とされるのかもしれません。



ただ、そこでフリーになるシーンが作れれば、

より正確なボールを前線に入れて、崩せるシーンにもつながります。



守備陣にたくさんの要求が出ることになりますが、

もう少し早いパスで崩し、早く前線に入れる、そんな形も必要なのかなと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

熱闘-熊本戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-1熊本


どうも、わたしです。



攻防一体の好ゲームになったと思います。



勝利を目指し全力で戦った中、

悔しい引き分けとなったと思います。



ゲームは、ジェフがボールを持つものの、

熊本はコンパクトな布陣で寄せ、ジェフは自由がなく、カウンターを受けるシーンも。



寄せが早くパスの起点ができない中、

清武のドリブルで崩すシーンもあり、ジェフは積極的に攻めた。



一方で熊本もグスタポ、巻を中心にカウンターを仕掛け、

ゴールに迫るシーンもあったが、前半を0-0で終えた。



後半に入るとジェフは也真人、菅嶋を投入し、

よりボールをおさめていく狙いに。



しかし、やや攻め手を欠き、熊本に押されると、

50分、前線でのバックパスを、熊本に競り勝たれ失点してしまう。



その後は、ジェフはボールをつなぎ攻めるも、熊本はやや守備の比重が強く、

なかなか崩せないものの、



83分、指宿が相手を背負って受けたボールを、自ら崩してゴールを奪い、

その後はジェフが攻め続けるも、1-1で引き分けたゲームでした。



さて、ゲームは引き分けに終わり、判定の気持ち悪さもありますが、

ゲームとしての攻防一体の良さがあったと思います、



前半は特に、両軍コンパクトな布陣でボールへの寄せも早く、

奪ったらすぐに攻撃へという連続で、




非常にスリリングな展開が、

続いたと思います。



ただ、そんな一瞬一瞬のプレーに全力で取り組み、

両軍のサポーターも熱狂する、好ゲームになったと思います。



気持ちのいいゲームでしたが、

その分、想定外の部分で決めたゴールでしか差がつかなかった気もしますね。



熊本は、一度オフサイドの旗が上がったボールを決めたことで、ジェフ側は少しプレーが止まった印象もありましたし、

ジェフは、指宿の個で取り切ったゴールといえると思います。



ジェフ、熊本ともに、通常の攻撃は気持ちを切らさずに寄せてつぶし、

しっかりしたプレーを作り上げたと思います。



ジェフは、おそらく指宿に早く入れて、落としたボールで起点を作りたい狙いも一つであったと思いますが、

出所で熊本の寄せが早く、正確なボールは出ないこともあり、熊本の寄せも集中していたと思います。



しかし、それだけ寄せられても、ジェフのボール支配率は70%ということで、

ジェフもしっかりボールをもって、プレーしたことは、相手にとっては非常に嫌なことと思います。



それぞれの良さを出しつつも、良さを消し、

激しい攻防一体のゲームであったと思います。



震災から約1年、サッカーを楽しめる今に感謝しつつ、

ジェフと熊本というチームの出会いと、フクアリという特別な場所に思いを馳せます。



勝敗だけでなく、

気持ちの伝わるゲームであったと思います。



日曜という休みにサッカーを楽しめる幸せを感じつつ、

平和を願うことも、現代には必要なのでしょう。



チームを作り、諦めず戦う、

そんな前向きな力を感じるゲーム。



しかし、チームとしては、

やはりホームで勝ち点3が必要です。



次は愛媛戦、間瀬監督の率いるジェフとの因縁もある対戦、

この熱戦の余韻を引き継ぎつつ、勝利を目指していこう。



がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ