So-net無料ブログ作成
検索選択

惜しいプレーが多いチームが強いのか、データがないかな [閑話休題]

どうも、わたしです。


サッカーは、1点が入ることでやっと得点となり、

いくつ決定機があっても、勝利には結びつきません。


なので、決定機をたくさん与えても、

最後の最後で守り切れるチームは、負けないわけです。



逆に、決定力不足で、

決定機をいくつ作っても、決めきれないチームは勝てないわけです。



ただ、決定機がたくさんあるチームは、

ゴールにたくさん迫れているわけで、



決定機が多ければ勝利も多い、

つまり、惜しいプレーが多ければ、強い、そんな風に考えるのが、普通かもしれませんね。



じゃあ、

データなどでみると、どっちなんだろう。



やはり惜しいプレーが多いほうが、

強いのかな。



でも、本当に強いチームは、惜しかったプレーをしっかり結果につなげているはずなので、

そもそも惜しいプレー自体が少ないかもしれません。



サッカーチームとしては、いいプレーは増やしつつも、

一つ一つの精度はあげ、できるだけ惜しいではなく、結果につなげていことが目標でしょう。



惜しいプレーが、

結果になるようにしたいものですね。



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ