So-net無料ブログ作成
検索選択

《プレビュー》明日はJ2群馬戦@フクアリ [プレビュー]

※4月7日分の更新です。


どうも、わたしです。



前節終了間際に得点し引き分けに持ち込んだジェフは、

ホーム連戦に群馬を迎えます。



3戦勝ちがないジェフに対し、6連敗中の群馬との対戦で、

気迫の戦いを制したい一戦です。




前節の群馬は0-2(対金沢)です。
今期から3-4-3の布陣を基本にし、パスをつなぎポゼッションを高めるスタイルに取り組んでいる。コンパクトな布陣でしっかり守り、奪ったらコンパクトなまま全体が攻め上がりスペースにつないでの攻撃は迫力がある。一方で相手に戻られてスペースを埋められてしまうとパスの出しどころがなく停滞してしまい、プレスでおされて守備陣が下がり、コンパクトを失っていっている。またここまで6戦2得点と得点力に大きな不安がある。守備ではコンパクトであれば固いが、ディフェンスラインが下がってしまい孤立するケースがあり、プレスで追い込まれてカウンターを受けるケースがある。



個人的注目点を書いていきます。


①ラインをしかりあげてコンパクトを維持しよう



ジェフは、前節は守備をセットした相手にボールの入れどころがなく、

攻撃に精彩を欠いたゲームとなりました。



守備的には高いラインを維持し、強気の守備を見せたものの、

守備単独ではリスクを感じるものであったと思います。



一方の群馬は、3バックに取り組み、パスをつないでいくスタイルを取りますが、

コンパクトができる時間帯はスムーズなものの、プレッシャーを受けるとラインが下がってしまい、攻守にバランスを欠きました。



群馬は攻撃で全体がスペースに走ってのパスサッカーが迫力がありますが、

コンパクトさがないと距離感が遠く、攻撃はつながらず、守備でもライン間が空き、コンパクトさが命のようです。



ジェフとしては、自分たちが相手よりコンパクトにし、

相手のコンパクトさを奪っていくサッカーが必要でしょう。



ジェフはしっかりラインを上げ、相手のパスをつなぐスペースを与えないとともに、

どんどんプレッシャーをかけて、相手のディフェンスを下げさせて、コンパクトを奪いたいところ。



相手の良さを奪い、さらに弱点も作りだす、

そんなコンパクトなゲームに期待します。



②ハイプレスからのカウンターを使っていこう



ジェフの攻撃についてです。



群馬はパスをつなぐスタイルですが、プレッシャーをかけられるとボールを下げて奪われないようにするため、

プレスでどんどん押し戻され、ラインが下がっていっています。



ジェフとすれば、守備的にまずハイプレスをかけて相手を追い込み、

奪ってそのまま高い位置からのカウンターをかけるのがいいと思います。



群馬は厳しいプレッシャーがかかると、最終ライン付近で孤立してくるので、

どんどんプレッシャーをかけて奪いに行って、そのままゴールを目指してほしいと思います。


③相手に前を向かせない厳しいプレッシャーを



ジェフの守備についてです。



②と同様になりますが、

プレッシャーを強くかけ、前を向かせない守備が大事と思います。



群馬の攻撃は、全体がスペースに走りこんでスペースにつないでいきますが、

前を向けないとスペースにつなげず、後ろを向いて受けてもパスワークをつなぐ方法がありません。



そのため、前を向かせてもらえないと、

ずるずる下がっていっています。



ジェフとしては、相手のパスの入りどころにしっかりとプレッシャーをかけ、

前を向かせない激しい守備で、相手を押し下げていってほしいと思います。



さて、今節の対戦相手群馬は、今期は森下監督を起用し、

パスをつなぐスタイルに挑戦している。



ここまで開幕6連敗と苦戦しているが、コンセプトがはっきりしており、

選手たちのプレーには迷いが無いように感じた。



一方のわれらジェフもやや極端ともいえるエスナイデルスタイルのコンセプトがはっきりし、迷いは少ないものの、

両軍とも、まだ結果には結びつくのに時間がかかるのかもしれない。



3戦勝ちがないジェフと、6連敗中の群馬、

負ければともにはっきりしたコンセプトに迷いが生じかねない大事な一戦だろう。



存在意義をかけて戦い、

勝利を奪っていこう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

がんばった分の貯金が見えるようにするのもいいと思う [閑話休題]

どうも、わたしです。


子供たちをみていると、

ものを集めるというのが、好きです。



使わないおもちゃのようなものもそうですが、

どんぐりや小石とか、あんまり価値のないものでも集めます。



モノだけではなく、

何周走ったか、何回発表したか、1度も休まなかった、何回連続して縄跳びを飛べたとか、



達成した記録や、頑張った分がめにみえるような数字も、

集めます。



こういった頑張りは、大人になってくると割とどうでもよくなってしまい、

お金に換算できるものと、すぐに結果にむずびつくものだけしかやらなくなりますが、



子供は、こういった頑張りを積み重ねて、

それが無駄にならず、成長につなげていっているように思います。



でも、こういった頑張ったことを見ることのできる数字がしっかりカウントできれば、

本人も努力しやすいし、周りも評価しやすいように思います。



とくにサッカー選手は、ゴールとアシストと出場時間くらいしかデータがわかりづらく、

アシストでさえ、公式記録ではないので、数字ではわかりづらく、周りも評価しにくいですね。



走った距離や、スプリントの回数、ボールタッチの回数や、パスカットの数などが、

ゲームに関しても、わかるといいと思いますし、



それだけではなく、

身体能力の成長度合いや、キック力なども、見られるといいのかもしれません。



さらには

練習でどれだけ走ったか、座学をどれだけ勉強したか、なんていうのも、周りからみれば頑張った証なのかもしれません。



そういったものを記録することで、本人が自信になったり、モチベーションになればいいですし、

周囲がきちんと評価したり、褒めたり、という評価のもとになったらいいなと思います。


そういった頑張りは、すぐは結果にならずとも、

必ずどこかで役に立っているものと思います。



コツコツと頑張った分の貯金をみえるようにし、

人生のどこかで引き出せるようになったら、いいなと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ