So-net無料ブログ作成
検索選択

やはり徐々に前線が戻れなくなるとコンパクトがなくなる<2017年J2第10節徳島戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ2-0徳島


どうも、わたしです。


今節は退場者も出し、普通の展開ではなかったので、

なんとも評価が難しいゲームだと思います。



一方で、ハイプレスをかけた前線が戻り切れず、

せっかく蹴らせても、相手ボールになるケースもあり、コンパクトを作り続けたいと思いました。



内容を簡単に振り返ります。

ゲームは、両軍球際に強く入ったものの、5分くらいからジェフが早い寄せでボールを奪い、敵陣に押し込むサッカーをみせた。ジェフが押し込む展開となったところ、14分に非紳士的行為で徳島に退場者が出て、さらに押し込む展開となる。22分にサイドで受けた清武がドリブルで3人をかわし、ライン裏へのスルーパス、これを落ち着いて受けた壱晟が決めて先制に成功。徳島がブロックを組んできたことで、ジェフは中央で収まらなくなり、サイドでボールを動かして崩しにかかるが、なかなかチャンスが作れず、前半は1-0で終えた。後半に入ると、徳島はFWを2枚にし、ジェフを揺さぶりにかかる。徳島がブロックで守り、こぼれを裏に出していくことでチャンスを作り、ジェフはやや間延びし、劣勢となる時間もあった。しかし、ボールをしっかり動かし、ペースを握り続けると、ラストプレー、90+4分にカウンターから指宿がドリブルで運び、落ち着いて決めて突き放し、2-0勝利となったゲームでした。



思うところを書いていきます。



①やはり徐々に前線が戻れなくなるとコンパクトがなくなる


前節のレポート記事では、

自陣にボールを入れられたときに、前線が戻れないとスペースができ、そこを使われてしまうと書きました。



今節は、似たような形ですが、敵陣で前線がハイプレスをかけて相手に雑に蹴らせて、

ジェフのDFはハイラインで跳ね返すすのですが、



ジェフの前線がプレスから戻ってきておらず、

ハイラインで空いたスペースで、相手がフリーで持ったしまうようなケースが後半から見受けられました。



せっかくハイプレスで相手に蹴らせても、

コンパクトがないと、相手にスペースを使わせてしまうわけです。



そうすると、やはりラインを上げ続けてコンパクトを作るというのではなく、

前線がどうやって戻ってくるかということも、考えないといけないのでしょう。



ただ、前半にしっかりとボールが抑えられているのは、

前半は、前線がその上下動をしっかりやってコンパクトを作っているからでしょう。



それができなくなってくる時間帯に、

どう修正するか。



これから夏場に向けて、

運動量と、疲れた時の修正というのも、考えないといけないと思います。



後半にどうコンパクトを維持するのか、

監督の考える対策を、ゲームから読み取っていければいいなと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

落着ー徳島戦即レポ [即レポ]

ジェフ2-0徳島


どうも、わたしです。



フクアリは砂塵のなか、相手に退場者も出て、落ち着かない興奮のゲームとなりましたが、

ジェフ選手、サポーター、落ち着いてサッカーを完遂することができました。



連戦初戦、

みんなでやりぬいてくれたゲームだと思いました。



さて、ゲームは、両軍球際に強く入ったものの、5分くらいからジェフが早い寄せでボールを奪い、

敵陣に押し込むサッカーをみせた。



ジェフが押し込む展開となったところ、14分に非紳士的行為で徳島に退場者が出て、

さらに押し込む展開となる。



22分にサイドで受けた清武がドリブルで3人をかわし、ライン裏へのスルーパス、

これを落ち着いて受けた壱晟が決めて先制に成功。



徳島がブロックを組んできたことで、ジェフは中央で収まらなくなり、

サイドでボールを動かして崩しにかかるが、なかなかチャンスが作れず、前半は1-0で終えた。



後半に入ると、徳島はFWを2枚にし、

ジェフを揺さぶりにかかる。



徳島がブロックで守り、こぼれを裏に出していくことでチャンスを作り、

ジェフはやや間延びし、劣勢となる時間もあった。



しかし、ボールをしっかり動かし、ペースを握り続けると、

ラストプレー、90+4分にカウンターから指宿がドリブルで運び、落ち着いて決めて突き放し、2-0勝利となったゲームでした。



さて、今日はいろいろなよう要素がある中、

落ち着いて最後までやり抜いてくれたと思います。



前節の大きな敗戦の後のゲームで、

勝つことを求められた部分もあったでしょう。



しかし、焦らず、

一貫してジェフらしいサッカーを展開してくれたと思います。



相手徳島は退場者を出したということもあり、戦術的にももともと流動的な選手の配置が特徴ですが、

ディフェンスやFWの枚数が変わったり、飛び出ていったりと、かなり変化がありました。



しかし、ジェフは優也を中心に、

落ち着いて対処し、止め切りました。



何より得点シーンでは、ドリブルで3枚抜いて相手の最終ラインをひきつけてスルーパスを出した清武や、

それをオフサイドぎりぎりで受けて、落ち着いて決めた壱晟、



さらに、ラストプレーでは、カウンターを収めた指宿が、

自分でドリブルで持ち込んで、キーパーとDFに挟まれながらも、落ち着いて流し込んで決めました。



也真人は倒され続け、清武も負傷で下がってしまうなど、

かなり揺さぶられる内容もあったと思いますが、



指宿のゴールが、

最後の最後まで落ち着いてプレーできていたことを、物語っているようだと思いました。



今日のゲームは、落ち着いてジェフらしいサッカーを続けましたが、

今後、落ち着いて変更することや、落ち着いて修正する場面もあるでしょう。



落ち着いてしっかりしたサッカーで、

一つ一つ勝ちを重ねる、



ジェフのサッカーに相手は慌てもするでしょうし、変化をしてくるでしょうが、

ジェフは落ち着いて慌てている相手から1点取り、変化してくる相手に対処する、



ジェフらしいサッカーをしっかりと続け、

落ち着いてシーズンを進めていきましょう。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

本田功輝くん加入内定!壱晟と黄金時代を築いてほしい! [ジェフ選手]

どうも、わたしです。



本田功輝くんの、

加入内定が発表になりました。



早い時期の高卒ルーキーの獲得発表ということで、

期待も大きいですね。



171センチのMFということで、

高校ではサイドアタッカーでしょうか。



ゲキサカなどの昨年の総体の記事では、

ドリブルに自信があり、スピードのある選手とのことでした。



やや小柄なので、第2の也真人、次世代の羽生を、

勝手にイメージしてしまいます。



今年はすでに壱晟がブレイクしているので、

2年続けての高卒ルーキーのブレイクにも期待してしまいますね。



二十歳前後の選手が、今のジェフは続々リーグ戦にも出場して、

若手の選手でチームも作れそうなくらいになってきました。



本田くんが続いて、

ジェフが黄金時代を築いていけるようになってほしいと思います。



徳島出身ということで、

徳島ヴォルティス戦前の発表も、何か因縁を感じます。



まずはしっかりと高校で戦って、

来期は一緒に戦いたいですね。



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ