So-net無料ブログ作成
検索選択

セットされたときにどうしていくか<2017年J2第4節松本戦@アルウィン> [レポート]

ジェフ1-3松本


どうも、わたしです。


松本らしさを出され、

ジェフの良さを消されてしまったゲームと思います。


やはり、しっかりセットして守られたときにどう崩し、どうカウンターに対処するのか、

しっかり固めていくことが必要と思います。


内容を簡単に振り返ります。

ゲームはジェフが積極的に前に出ていき、ボールを握って始まった。サイドチェンジを使いサイドで起点を作りスペースへ繋いでいくが、得点までは至らない。やや展開が落ち着いてきた24分、松本にサイドの裏で起点を作られると早いクロスを合わせられ、失点してしまう。やや松本は守備をセットし、ジェフがボールを回す展開となったが、前線で起点が作れず、崩せない展開が続き、前半を0-1で終えた。後半に入ると、すぐにサイド裏で起点を作られCKを与えると、46分にそのCKから失点。55分にもセットプレーから失点し、0-3となった。ジェフは新加入の指宿、キムボムヨンらを投入し、4バックにするなど変更。72分に指宿が収めたボールから清武が決めて、1点を返す。その後ジェフがボールを持ち、崩そうとしたが崩しきれず、カウンターを受ける場面もあり、なかなかいいところが出せず、1-3で敗戦となったゲームでした。



思うところを書いていきます。




①セットされたときにどうしていくか



松本は、先制点をワンチャンスで奪い、しっかりセットして守ったことで、

ジェフに攻撃のスキを与えなかったと思います。



ジェフの攻撃は、ここまでのレポート記事にも書いてきましたが、

①サイドに早く起点を作りクロスを入れていく形、②アバウトなボールを前線に入れセカンドボールに寄せる形、③裏へのボールに抜け出す形、この3つのかたちで、前線で前を向いていくことになると思います。



ただ、しっかりセットして守られてしまうと、

①と③は相手がしっかり準備していると難しい面があります。



一方で、第2節の山形戦では②のアバウトねボールのセカンドボールへの寄せが有効に効いて、

ややセットして固めた山形を崩し、得点につなげました。



セットしてきた松本相手にも、この方法を取る以外に攻め手が少なかったわけですが、

松本はしっかりと準備して守っており、セカンドボールをジェフが取れる場所には落とさなかったと思います。



ジェフがアバウトなボールを入れていっても、松本に常に優位に対応され、

松本にとっていい場所に落とされてしまうと、ジェフは寄せても自分たちより相手に先に触られてしまい、



逆に松本のカウンターの起点になってしまう、

そんな悪循環であったと思います。



やはり、セットして守ってくる相手にはどう攻めるのか、どうカウンターに対処するのか、

しっかり作っていく必要があるのかもしれません。




ジェフは、最後の場面で、4バックにし、前線にFW指宿を投入する形を作り、

ちょっと変えてきました。



相手のWBに対し、サイドで優位を作れず、逆に裏を取られるケースもあったわけですが、

サイドの枚数を増やしました。


それによって、サイドチェンジの可能性を高くし、

また、サイドの数的優位を使って、サイドで起点を作る動きができました。



一方で、指宿は少し下がったところでボールが収まり、

指宿に収めて、落としたボールで前を向く形というのも、できたと思います。



つまり、前を向く形①~③に加え、

④サイドの枚数を増やし、サイドチェンジからサイドに起点を作る、⑤FWのポストプレーで組み立てる、



この④と⑤も前を向く形に入れていく、

そんな試行錯誤もしていく可能性を見せました。



わたし自身は、この柔軟な変化よりも、

①~③で突っ走ったほうがいいような気がしていますが、柔軟さも大事でしょう。



ジェフもまだまだ進化の途中、

苦手なスタイルのチームともどう戦うか、よくチーム作りをして、戦っていきましょう。


がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ