So-net無料ブログ作成
検索選択

後手-松本戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-3松本


どうも、わたしです。



ジェフはアウェイで、

初黒星ということになってしまいました。



いいところを消されてしまい、

後手に回ってしまったかなと思います。



さて、ゲームの流れでは、ジェフが積極的に前に出ていき、

ボールを握って始まった。


サイドチェンジを使いサイドで起点を作りスペースへ繋いでいくが、

得点までは至らない。


やや展開が落ち着いてきた24分、松本にサイドの裏で起点を作られると早いクロスを合わせられ、

失点してしまう。


やや松本は守備をセットし、ジェフがボールを回す展開となったが、

前線で起点が作れず、崩せない展開が続き、前半を0-1で終えた。



後半に入ると、すぐにサイド裏で起点を作られCKを与えると、

46分にそのCKから失点。



55分にもセットプレーから失点し、

0-3となった。


ジェフは新加入の指宿、キムボムヨンらを投入し、4バックにするなど変更。

72分に指宿が収めたボールから清武が決めて、1点を返す。


その後ジェフがボールを持ち、崩そうとしたが崩しきれず、カウンターを受ける場面もあり、

なかなかいいところが出せず、1-3で敗戦となったゲームでした。




さて、ゲーム全体で、

ジェフはいいところが出せず、あいてにいいところを消されてしまったように思います。



今期のジェフは、

ラインの高さや前からのプレスなどが特徴になってきますが、



相手に対しては、常にボールに対し先手を取り、

相手が後手に回ることで良さを出していくチームではないかと思います。



そもそも相手はこんなコンセプトのチームと戦ったことがなく、

慌てていると思いますが、


玉際でもジェフが強く来るので、裏に出されてしまい、

相手は後手に回ってしまうことで、ジェフのイケイケのペースを作り出していくイメージだと思います。


しかし、今節は、松本は落ち着いて対応しており、

ジェフより一歩上で戦っていたように思います。



松本は戦術的にも相手に少しボールを持たせてリアクション的に戦う面もあり、

玉際も強く、寄せられてもボールを失わないところがあります。



ジェフはどんどん寄せて、相手を慌てさせ、ペースに持ち込みたかったですが、

松本には変なところにこぼしたりせず、落ち着いて対応されてしまったように思います。



逆に、サイドが高く上がった裏のところで起点を作り

ゴールまでは遠くても、早くクロスを入れて、得点するという流れは、



松本が最初から準備していたところにジェフがはまってしまい、

流れ的にも先に失点する形の、後手に回ってしまったと思います。



松本は、先制できればやや引いてセットして守ることもしやすくなるので、

ジェフはより相手を慌てさせるような攻撃というのは難しくなってしまったように思いました。



ただ、後半に指宿選手を投入し、4バックにしたことで、

サイドの起点が増えたり、前線のターゲットがはっきりしたことで、攻撃のバリエーションは増えた感じがしました。



まだ、相手を慌てさせるほどの熟練度はないですが、

変化をつけることにつながっていくと思います。



後手を踏んでの変化というのはジェフらしくなく、

今期は常に先手先手を取って、相手を慌てさせるパシオンなサッカーが見たいところ。



4戦目での初黒星となってしまいましたが、

よりチームの理解を深めて、先手を取る積極性でリーグの台風の目となっていきましょう。




がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ