So-net無料ブログ作成
検索選択

こぼれを先に拾える絶妙な距離感<2017年第3節名古屋戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ2-0名古屋


どうも、わたしです。



今節は、

特に守備でいい流れを作ったように思います。



相手に前を向かせないだけでなく、

後ろからこぼれを先に触る、絶妙な距離感でボールを握り続けたように思います。



内容を簡単に振り返ります。

ジェフは序盤から高いラインで前線でコンパクトを作り、ペースを握った。名古屋はやや距離感が開いて布陣したところのボールホルダーにどんどん寄せ、つながせない守備を見せると、奪ってからも、ライン間で起点を作り、コンパクトな布陣のまま攻め、ゴールに迫った。ペースを握り続けるも、なかなかゴールが奪えなかった44分、FKを得たサリーナスがキッカーとなると、西野が合わせて先制に成功。豊富な運動量と早い寄せもあり、ペースを握った前半を、1-0で終えます。後半に入るとやや名古屋の圧力が強まりボールを持たせる場面も増えるがジェフはコンパクトを維持し、ボールを入れさせず、相手に高い位置で起点を作らせず、狙ったサッカーをさせない。コンパクトな早い寄せを続け、プレスは落ちたものの、相手にペースを譲らずに進めた。相手が前に出てきた90+3分、カウンターからゴール前でフリーとなった清武が流し込み、最後は2-0で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。


①こぼれを先に拾える絶妙な距離感



ジェフと名古屋、布陣は3バックで似ていましたが、

やり方は真逆という感じでした。



ジェフはラインをあげてコンパクトにし、早く寄せるのに対し、

名古屋は広く構えて寄せず、入ってきた相手を個でつぶすねらいであったと思います。



名古屋はパスをつないでいくスタイルでしたが、

広く布陣する名古屋に対し、ジェフはコンパクトにライン間に入り込み、相手のパスコースをつぶしていた格好になります。



それだけでなく、うまかったのが、

相手のパスの入り先で、先にこぼれを拾えるような、絶妙な距離感での守備です。



ラインをあげてコンパクトな布陣になっているので、

相手選手への距離感が非常に近くにいることができ、



相手のパスの入りどころへよせてつぶし、

またつぶすだけでなく、先に相手に入ったボールも、トラップのこぼれを先に摘み取る、そんな距離感でポジション取りをできていたと思います。


相手はやや長いパスを縦に入れてきて、トラップが大きくなりますが、

ジェフの選手は、こぼれに対し、相手選手とボールの間に入ったり、味方選手に向けてさらにこぼしたりなど、マイボールにしていきました。




相手はジェフのライン間にパスを入れられないので、

終始低い位置からの裏へのパスしか方法がなく、読みやすい攻撃が多かったと思います。



一見、ハイラインで自陣にスペースが空くため、怖さも感じますが、

うまいやり方で、相手との距離をつめ、ボールを入れさせないようにできていると思います。



J2では名古屋のように距離感を広くとるチームは少なく、ややコンパクトを狙うチームのほうが多いので、

全試合をこういう風にはいかないと思いますが、



この距離感には、戸惑うチームが、

ほとんどなのではないかと思います。



ラインをしっかり上げて、相手が起点を作れないような絶妙な距離感を、

ここからも作っていってほしいなと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ