So-net無料ブログ作成
検索選択

《プレビュー》明日はJ2名古屋戦@フクアリ [プレビュー]

※3月10日分の更新です。


どうも、わたしです。



前節ホーム開幕戦で引き分けたジェフは、

ホーム連戦に名古屋を迎えます。



J2で初の対戦となる相手から、

今期のホーム初勝利をもぎ取りたい一戦です。




名古屋の前節は、1-1(対岐阜)
3-4-3の布陣を敷き、やや引いたゾーンで守り、攻撃は細かくパスをつなぐスタイルをとる。低い位置から細かくつないでいき、主にサイドから攻撃を進めていく。FW永井が広い範囲で動いてボールを収め起点となると、そこに佐藤寿人、玉田らが絡む攻撃はインパクトがある。攻撃のバリエーションは広く、セットプレーも強い。一方で、守備がやや寄せが弱く、陣を固めてしまうことでボールウォッチャーになることが多く、先手を取られて崩される場面も。細かくパスをつなぐ場面でもややコンパクトさがなく、プレスで孤立する場面も見られる。



個人的注目点を書いていきます。


①コンパクトで早い寄せで相手を寸断しよう



ジェフは前節引き分けながら、早い寄せとアグレッシブなサッカーで、

手応えのあるゲームを見せました。



特に前線でのセカンドボールへの寄せが早く、

リアクション的ではありますが、相手を崩す場面もありました。



一方名古屋は、細かくボールをつなぐスタイルを取り、

自分たちのパスで崩すサッカーを徹底しているようです。



前節は、引き分けでしたが、岐阜のコンパクトさに孤立する場面も多く、

守備でも寄せきれず、先手を取られると後手を踏む場面が多くみられ不安な内容でした。



ジェフとしては今節もアグレッシブに攻め、

特にコンパクトで早い寄せに注目です。



相手にボールが渡っても、前線からしっかり早く寄せて、

相手のパスコースを寸断するとともに、



2の矢3の矢が出し先にも寄せて、

どんどん押し上げていってほしいと思います。



最終ラインが押し上げることで、コンパクトさを出し、

名古屋の陣形を寸断することができると思います。



今節もコンパクトで早い寄せに、

注目です



②ゴール前にどんどん入れていく攻撃


ジェフの攻撃についてです。


名古屋の守備はしっかり陣を敷いて守っており、

狭いゾーンを組んで、ボールを入れさせない形になっています。



一方で、ボールホルダーにしっかり寄せられておらず、見てしまうことが多いので、

先手を取られると全体的にボールウォッチャーになってしまい、ゴール前でもつながれてしまっているように思います。



ジェフの前線は非常に人数も多く、ゴール前に走りこむ人数も多いので、

相手の守備人数がいても、どんどんゴール前に入れていってほしいと思います。



ウォッチャーになってくれれば、先手を取って飛べば先に触ることもできますし、

相手が先に触っても、陣形が崩れてくれるので、セカンドボールに一斉に寄せる攻撃が有効になってきます。


また、ボールホルダーへの寄せも甘いので、

入れていくボールの精度も高い精度で入れられるものと思います。



ボールが入り前を向けた段階で早めにゴール前にボールを入れ、

どんどん仕掛けていってほしいと思います。



③永井龍をしっかり捕まえよう



ジェフの守備についてです。



名古屋の攻撃はパスを細かくつないで徐々に崩していくスタイルとなっていますが、

前線の永井の運動量で、起点を作っている部分も大きいと思います。



永井は中央だけでなく、サイドにも流れて起点となり、

他選手がゴール前でボールに絡みやすくする働きがあると思います。



ジェフとしては、永井をしっかり捕まえて、

自由にさせないことが必要です。



ジェフとしては高いラインをしっかり上げることで、永井の動くエリアを限定させることが大事ですし、

同時に裏への飛び出し、下がってのポストプレーにもついていくことが必要です。



球際にも強い選手なので、

競り負けることなくしっかり当たることも必要でしょう。



永井を自由にさせず、

自陣でイニシアチブをとったサッカーを見せてほしいと思います。



さて、今節の名古屋との対戦では、

やはり佐藤寿人の存在を意識しないわけにはいかないだろう。



ジェフが育てながら、育てきることができず、

外国人FWに頼ってきた歴史を思い起こさずにはいられない、そんな才能なのかもしれない。



敵としてなのは残念であるが、再び千葉で見ることができるというのは、

うれしいこと。



寿人擁する名古屋をしっかりと抑えて、

今期のホーム初勝利をあげよう




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村