So-net無料ブログ作成
検索選択

不諦-横浜FC戦即レポ [即レポ(2016)]

ジェフ1-2横浜FC


どうも、わたしです。



新生長谷部ジェフの背を押すため、

三ツ沢に参戦していただいたサポの皆様、お疲れ様でした。



ゴール裏を黄色く染め上げ、

大きな声援で後押ししてくれたと思います。


わたしはスカパー観戦です、

あしからず。


さて、ゲームはやや両軍コンパクトにボールを奪い合う形で、

始まりました。


しかし玉際で横浜FCが優位に立つと、

ジェフは引いてしまい寄せきれないシーンが目立った。


しかし、15分CKを得ると、

井出くんがすらしたボールを、ファーで船山が決めて先制に成功。


横浜FCが攻勢に出てボールを動かすが、ジェフは寄せきれず、

横浜FCにサイドから崩されるシーンが目立った。


28分にはサイドを崩され、ペナルティーエリア内で受けたハンドでPKを取られ、

イバに決められ失点。



38分には、左サイドから崩され、

スライドされたボールを佐藤謙に決められ、逆転を許し、1-2で前半を終えた。


後半に入ると、ややルーズになった横浜FCのライン間で起点を作り、

ジェフは攻勢に出るが、決定機を決めきれない。


逆に横浜FCに逆襲をゆるすと、カウンターからピンチを作るなど、

互角の後半となった。


やや時間をゆっくり使われ、

チャンスを作り切れず、1-2で敗戦したゲームでした。


さて、ゲームを見ていて、

長谷部色というのは、まだ見えてこなかったように感じました。



戦術や交代においては、

ここまでのものと大きく変わりはないように思います。



やや引いて受けてしまうので、ボールホルダーに寄せが弱く、

そのため、相手に自由にプレーさせてしまっているように見えます。



攻撃でも、狙いはわかるものの、

具体的なプレーを落とし込めていないように感じました。



まだ就任して、数回、数時間しか練習もできていないので、

なかなか変えていくのは難しいかもしれません。


しかし、このゲームを見て感じたのは、

選手たちにあきらめはないということ。


全員が一生懸命プレーしていますし、

自信を無くしている部分はあっても、自分勝手なプレーや投げやりなプレーをしている選手はいません。



これは、前節の関塚体制での清水戦でもそうで、

チームが一体感をなくしている感じではないのです。



あきらめず、チームが一体となって突き詰めて行けば、

自信を取り戻し、連携を増し、いい方向に向いていくと思います。



敗戦はしたものの、

チームにあるあきらめない闘志。


そしてそれを支えるサポーターの一体感。



それが長谷部監督を盛り立て、

さらに長谷部監督がしっかりチームを作っていってくれるでしょう、



ここをスタートにし、

強いジェフを取り戻すべく、頑張っていきましょう。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

長谷部監督の初陣!みんなで盛り立てよう [ジェフトップチーム]

どうも、わたしです。


今日、26節横浜FC戦が、

長谷部監督の初陣となります。



ジェフを、そして長谷部監督を盛り立てるため、

応援していきたいですね。



わたし自身、現地に行くことができないですが、

ネットからや、気持ちだけでも、みんなで応援することが大事だと思います。



長谷部監督はジェフで引退した2003年から、コーチとしての指導経験は豊富ながら、

監督としての指揮は、育成年代を通して初なのだとか。



もちろん、ジェフでキャプテンを務め、神戸やジェフで多くの指揮官の下でやってきた経験があるので、

心配はないですが、



それでも、

初陣は大事なものであるとともに、重圧のかかるものであると思います。



対戦相手の横浜FCにいるカズ選手は、ヴェルディにプロ入団した時の大先輩だそうで、

そんな相手がいる横浜FCというのも、プレッシャーのかかる相手だと思います。



いろいろな重圧を押しのけ、

のびのびと、長谷部監督らしい指揮をしてもらいたいものです。



長谷部監督は、ジェフでは分析を担当していて、

ゲームをしっかり見ることができることが特徴だと話していました。



各ゲーム前には完全非公開練習を多数作り、

情報戦も行ってくるようです。



チーム自体はここまでの良さを生かし大きく変えず、

ボールの奪いどころや球際を中心に変えていくようですが、



作戦指揮には、

長谷部監督らしさが出るかもしれません。



長谷部監督の初陣を楽しみにするとともに、

みんなで盛り上げて、盛り立てていきたいですね


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2横浜FC戦@ニッパツ [プレビュー(2016)]

どうも、わたしです。


前節劇的な敗戦で監督交代となったジェフは、

新監督を迎え、横浜FCと戦います。


ジェフOBである新監督と戦い、

勝利が必要な一戦です。




ジェフと横浜FCの対戦成績は、リーグ戦で、
ジェフの9勝3敗3分け(23得点5失点)です。



ジェフと横浜FCの最終対戦は、今年3月にJ2第3節をフクアリで戦い、
1-0で勝利しています。
序盤からジェフがやや押し込み横浜FCが引いてブロックを組む展開が続いた。ジェフは前線にボールを入れても起点をつぶされチャンスが作れない展開が続いたが、横浜FCの攻撃もしっかりとつぶし、落ち着いた展開で前半は0-0で終わった。後半に入ってもジェフがサイドからサイドにじっくりと攻め、横浜FCのブロックを崩しにかかる展開が続いた。やや横浜FCが内に締めて外が空いた65分、多々良のクロスにファーで船山が合わせて、先制に成功した。その後は前線でボールを回しつつ失わず、勇人・富沢らバランサーを投入して締め、1-0で勝利したゲームでした。



ここ5試合の横浜FCは、1勝2敗2分け(6得点10失点)です。
(ジェフは1勝3敗1分け(8得点10失点))
4バック2ボランチを基本に陣形を構える。やや選手間を広く構え、スペースに走りこんでいく攻撃がおおく、サイドバックが高く上がって、サイドから攻める攻撃に特徴がある。守備は前線から早く寄せ、ボールに強く当たってくる。ラインも高くコンパクトさを作ろうという意図がわかるが、ややラインの裏を狙われるケースが目立ち、間延びし、守備の不安定さが弱点となっている。距離が遠いことでやや孤立する場面が散見される。ボランチ寺田、佐藤謙らを起点に、サイドへ振り、クロスに長身のFW大久保やイバらが構えるか、津田が飛び込む形が怖さがあると思われる。


ここまでの横浜FCは7勝10敗7分け(26得点30失点)で、勝ち点28の15位。
ジェフは8勝8敗9分け(35得点33失点)で、勝ち点33の9位。


個人的注目点を書いていきます。



①まずは、戦う姿勢を出していこう


監督が代わった今節は、横浜FC相手の対策というよりは、

ジェフがどう戦うかということが大事と思います。



まずは戦う姿勢をしっかり出し、

強い球際勝負で戦ってほしいと思います。


攻守にわたり、しっかり走り、

しっかり当たる。



しっかり声を出す。



強いジェフを作っていくためにも、

大事な一歩。



戦う気持ちを出して戦うジェフに、

注目です。



②布陣とサイドの守備をどうするか


長谷部新監督にかわり、

布陣をどうするかに注目です。



前節内容の良かった4バックに戻すのか、

5バックや3バックで行くのか、



戦術的な狙いはどうするのか、

非常に楽しみです。



J2ではコンパクトに要所で数的優位を作ることが大事で、

コンパクトな布陣を作ることが必要だと思われます。


そんな組織をどこまで作り上げてくるのか、

注目したいと思います。



さて、ジェフは関塚監督から長谷部監督に交代し、

新監督の下での初陣となる。



ここでチームを盛り立てていけるかは、

ジェフの存亡にかかわる事態であろう。



チームの危機に、全員で戦い、

ここで勝利をあげよう。



チームにかかわるすべての人の力で、

新たなジェフを作り上げていこう


さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ