So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2新潟戦@フクアリ [プレビュー]

※5月11日分の更新です



どうも、わたしです。


前節アウェイで初勝利を挙げ、連勝を果たしたジェフは、

ホームに戻り、新潟を迎え撃ちます。



勢いに乗り3連勝を果たすべく、

勝利がほしい一戦です。



ジェフと新潟の対戦成績はリーグ戦で、
ジェフの5勝3敗6分け(21得点20失点)です。



ジェフと新潟の対戦成績は2009年9月にJ1第25節をフクアリで戦い、
0-1で敗戦しています。


ここ5試合の新潟は3勝2敗0分け(9督円7失点)です。
(ジェフは3勝1敗1分け(7得点6失点))
4-4-2の布陣を基本に戦っている。早めに前線に入れていく形が多く、前線でおさめると全体が上がってきて分厚い攻撃を行う。サイドからの攻撃が多く、SB安田らのクロスにFWターレス・矢野らが合わせていく。SH渡邉新太・田中達也らのスピードがありこちらも注意が必要。一方で、守備面ではSBが上がった裏のスペースを使われるなど弱点や、全体的にライン形成にルーズさが見られ、守備面では不安があるように見える。


ここまでの新潟は5勝6敗2分け(15得点15失点)で、勝ち点17の12位
ジェフは5勝6敗2分け(20得点23失点)で勝ち点17の14位



個人的注目点を書いていきます。




①サイドの攻防を制して有利にゲームをすすめよう


ジェフの攻撃はサイドからを中心にしており、

大きくサイドに振って、サイドを崩すやり方が中心です。



一方、新潟もサイド攻撃が多く、

SBが上がってきての攻撃に分厚さがあります。



両軍とも中央では身長の高いFWがおり、

クロスにも強い印象です。



ジェフとしては、しっかりサイドの攻防を有利に進めて、

ゲームを支配したいところです。



サイドハーフとサイドバックがしっかり連携を取ってカバーしあい、

相手を押し込んだ位置に押し込めたいところ。



また、後述しますが、新潟のSBが上がったあとの裏のスペースが狙われており、

ジェフとしてもしっかりサイド裏を使っていくなど、サイドをしっかりと崩してほしいと思います。



②サイドからの速攻で裏を取ろう


ジェフの攻撃についてです。



新潟はSBが高い位置を取ってきますが、カウンターを受けると裏のスペースが空いており、

また、最終ラインは低く、全体的に間延びしている印象です。



ジェフとしては、カウンターでの速攻で、サイド裏を中心に崩していくのが、

いいと思います



サイド裏のスペースでは、ラリベイや船山らが流れてしっかり収め、

逆サイドと連携してゴールを目指してほしいと思います。



③渡邉新太・田中達也のスピードに惑わされない



ジェフの守備についてです。



新潟は後方からは長いボールが多く、攻撃もサイドからとなっているため、

大きな展開が多いと思いますが、



一方で、渡邉新太選手と田中達也選手が運動量もスピードもあり、

注意が必要と思います。



大きな展開で入ってきたボールをはじき返しても、

ライン間にこぼれたところに飛び込んでこられると突破されてしまい、非常に厄介です。



両選手の動きだしをしっかり捕まえて、

マークを外さずに動きを抑えてほしいと思います。



さて、ジェフはGW連戦を2勝1分けでのりきり、

勢いが出てきたといえるだろう。



なかなかスタイルが定まらなかったが、

ここにきてチームとしての形が見えてきて、選手たちもまとまりが出てきているように感じます。



このホームで同勝ち点の新潟を振り切り、

さらに勢いを伸ばしたいところ。



ホームで連勝を果たし、

中位を脱し、上位に挑戦していこう




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント