So-net無料ブログ作成

来期は、コンパクトを作る位置を調整が必要か<2017年昇格プレーオフ名古屋戦@パロ瑞穂> [レポート]

ジェフ2-4名古屋

どうも、わたしです。



ジェフは前半を先制するものの後半4失点、とはいえ、

ゲームを通じて劣勢なゲームであったと思います。



間延びしてペースがとれない流れが続き、

どこでコンパクトを作るか、調整も必要なのかなと思います。


流れを簡単に振り返ります。

ゲームはジェフがコンパクトに前からプレスし、名古屋はやや最終ラインを引き気味に構える形で始まり、ジェフが積極的に入った。ジェフはコンパクトなプレスでペースを握りつつあったが、中央で起点が作れず、なかなか陣が押し上げられないでいると、名古屋の縦パスがシモビッチ・シャビエルに入り、徐々に間延びした。間延びしペースが徐々に名古屋に移りつつあったが、前半45+2分、CKの流れから、為田が抜けてクロス、ラリベイがヒールで合わせ先制に成功、前半を1-0で折り返した。後半に入ると、ジェフはやや中を締める守備でセーフティーファーストにし、プレスをかけ敵陣でプレーをし安定しかけるが、最終ラインが上がり切れず、徐々に間延び。61分にカウンターから田口に抜け出され失点すると、66分にもGKからのロングボールをシモビッチに決められ、1-2で逆転を許した。ジェフは前線に清武・指宿を投入し起点を作ろうとするも、陣が上がれず、名古屋に押し込まれる展開に。ジェフは起点ができず、押し込まれ、86分にFKの流れから失点。90分に得たPKをラリベイが決めて1点を返すも、そこからのパワープレーで決めきれず、90+6分に被弾し、2-4となったゲームでした。


思うところを書いていきます。


①来期は、コンパクトを作る位置を調整が必要か



ジェフはこのゲーム、高さのある選手に最終ラインを引っ張られえ下げられてしまい、

全体的に間延びし、ボールが収まらなかったように思います。



対福岡戦でもそのような展開があり、

弱点の一つといえるのだと思います。



ジェフはコンパクトを作りプレスをかけるために、最終ラインをあげるという方法を取っていますが、

ラインが下がってしまい、間延びし、コンパクトなくなると、裏のスペースを相手に使われてきてしまいます。


そのため、ラインを無理やり上げるか、前線が少し下がり、

どこにコンパクトを作るか、調整が必要になってきます。



昇格を決めたチームや、プレーオフ上位のチームはその辺がうまく、

湘南・福岡は、高い位置でも低い位置でもコンパクトを作ってきます。



ジェフとしても、さらに一段階上を目指し、

劣勢時は低い位置でのコンパクトにしたりなど、ゲームの趨勢により自在に調整できるライン調整が求められていくでしょう。



その時によって最適な攻撃の仕方というのも違ってくるので、

奪ってから攻撃への転換も、やり方が変わってくるでしょう。



さらに一段難しいサッカーを目指し、

来期は、苦手な相手にも、弱点を突いてくる相手にも、負けないサッカーを。


エスナイデル監督体制で、

さらに高めていってほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 2

生涯ジェフファン

今期も即レポなど毎回楽しませていただき、誠にありがとうございました。
POは残念な結果になりましたが、終盤の連勝も含めて、色々楽しめた一年でしたね。
来期はエスナイデルサッカーを更に成熟進化させて、文句無しの自動昇格と行きましょう。
by 生涯ジェフファン (2017-11-28 19:04) 

nuruinu

>生涯ジェフファンさん
こんばんは!今年も1年、現地の応援お疲れ様でした!
そしてブログも読んでいただいてありがとうございます。

来期に向けて楽しみな1年でしたね。さらにパシオンな年になると思いますので、来期こそ、頑張っていきたいですね。

ではでは。
by nuruinu (2017-11-28 21:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント