So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2松本戦@フクアリ [プレビュー]

※10月13日分の更新です。


どうも、わたしです。


前節岡山とのホーム戦を制し連敗を止めたジェフは、

ホーム連戦に松本を迎えます。


プレーオフ圏奪取へ向け、

上位から勝利を奪いたい一戦です。



前節の松本は1-0(対熊本)で勝利しています。
3-4-3の布陣で、球際に強く当たり守ると、奪ってからの速攻が鋭い。ボランチ岩間・パウリーニョが前で当たって奪うと、前線の高崎がボールを落とし、シャドーの石原、工藤が走りこむ形が鋭い。またWBが上がってのサイド攻撃もあり、中央で高崎やファーサイドに選手が走りこむ形も。セットプレーでの得点も多い。サイド裏にスペースがあることもあるが、基本的に守備の戻りが早くなかなか穴がない。


個人的注目点を書いていきます。

①ライン間でどうつないでいくか、アイデアがほしい



ジェフは前節、也真人や熊谷が不在でしたが、船山をやや中央に配し、

船山・ラリベイがさがって受けて、ライン間で起点を作る動きがよかったと思います。



今節の松本は、極端にコンパクトは作らないものの、奪うどころをライン間にしており、

ライン間で起点を作らせない守備をしてくると思います、



その中で、ジェフとしては、

アイデアをもってライン間で起点を作っていきたい。



やはり、ジェフもラインを上げコンパクトを作り、

全体の距離感を近くしていく事で、ライン間に入れた時のフォローの選手が近い位置にいやすい形がほしいでしょう。


また、後ろから選手が走りこむなど、

更なるアイデアもほしいところ。



ライン間で起点ができれば、松本もラインを下げなければならず、

下がりながらの対応では、後手に回ると思います。



ライン間で起点を作る、アイデアを持ったジェフのサッカーに、

注目です。


②ラリベイ、為田の球際と、清武の力強さに期待


ジェフの攻撃についてです。



ジェフはこのところ、なかなか迫力を持った攻撃ができておらず、

前節は3得点したものの、セットプレー2発とミドル1発という内容でした。


ジェフとしては、ゴール前で迫力あるプレーをもって、

ゴールを奪っていきたいところ。


特に今節の松本は、ゴール前での球際に強く、

セットプレーの守備も得意にしています。


わたしは、ラリベイ・為田の球際の強さと、

清武の力強いプレーに期待しています。



ラリベイはクロスに対し、マークを外してであったり、滞空時間を活かしてゴールを狙うことができますし、

為田は、自分で仕掛けて、競り合っても、自分でゴールを狙っていく事ができると思います、


清武は、ファウルとなることも多いものの、

力強いプレーはやはり相手にも怖さがあると思います。


ラリベイ・為田、清武で、

迫力ある攻撃でゴールを奪ってほいいです。



③裏を狙ってくる高崎の落としに注意


ジェフの守備についてです。


ジェフは前節、やや長いボールをセンターFWの赤嶺に裏に落とされ、

それが失点につながってしまいました。



今節もセンターFWに高さのある高崎が配され、

そこが起点になってくると思われます。



松本はやや引いての守備を取ってくる時間も出てきますが、

高崎に収まってしまうと速攻の起点にされてしまい、さらに裏に出されてしまうと失点につながる危険が高くなります。


前節の反省も活かし、

高崎の裏への落としに、注意してほしいです。



さて、ジェフはホーム連戦となり、

今節はプレーオフ圏内のチームとの対戦となります。



松本からも多くのサポーターが押し寄せることが予想されており、

フクアリは激戦の様相となるでしょう。



ジェフとしては、

ホームでの勝利は譲れない。



この一戦で勝利を奪い取り、

残りゲームで勢いをつけていくためにも、絶対に勝利のほしいゲーム。



松本から勝利を奪い、

ホームで連勝を果たしていこう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント