So-net無料ブログ作成

両軍良さを消したもののジェフはあと一歩<2017年J2第35節京都戦@西京極> [レポート]

ジェフ0-2京都

どうも、わたしです。


ジェフは早目に相手の裏に入れて起点を作ることで、相手のコンパクトな守備を消していけたと思いますが、

一方で、高いFWにラインを押し込まれ、ジェフもコンパクトを失ったように思います。



両軍とも良さを消しあい、ふわっとしたゲームとなりましたが、

最後の最後で、ジェフが取り切れなかった印象でした。


内容を簡単に振り返ります。

ゲームは京都が前に入れてきて押し込んでいく展開で始まるも、ジェフはカウンターで速攻で盛り返し、京都の裏を狙う形をとった。ジェフはカウンターから左サイドで起点を作り、前線でボールを持つ時間ができ、ペースを握ったが、決めきれず。ジェフが多くの決定機を作るも、ゴールを割ることができず、0-0で前半を終えた。後半に入ると、ジェフは早めに前線に入れて起点ができ、チャンスを作るも、京都も早いタイミングで前線に入ることで、全体的に間延びしたゲームとなった。ライン間にFWが下りてきて起点ができ、両軍ともつなぐことができるが、ゴール前で守りきり、得点には至らず終盤戦となった。京都の圧力が高まっていたがジェフは守り抜いていたが、90分、クロスの跳ね返りを、田村にミドルで決められ失点。90+3分に、ジェフは攻めるもパスをカットされ、カウンターから失点、0-2で敗戦したゲームとなりました。


思うところを書いていきます。


①両軍とも良さを消したゲームも、ジェフはもう一歩



両軍とも相手の良さを消す戦いをしていたように思い、

ちょっと変なゲームになってしまいました。


予想では、京都はやや引いてコンパクトを作り、高さのあるFWやサイドを中心にカウンターを狙い、

ジェフは、押し込んでつないでいくゲームを予想していましたが、



序盤から、京都がジェフを押し込むべくジェフのラインを押し下げ、

ジェフは、カウンターを早いタイミングでサイドに入れ、京都のコンパクトな守備を作れないようにしていました。



両軍とも最終ラインがやや下げられ、間延びしていたので、

なんとなくふわっとしたゲームになってしまったように思います。


ただ、ジェフは、前線にボールを入れたところでジェフの守備の方が上がってコンパクトを作ることもできたように思いますが、

ジェフも最終ラインが、相手のFWに押し下げられていて、あまりいい形ができず



結果的に、前でコンパクトが作れず、

プレスもかから無いので、相手が中盤でボールを持つ時間も長くなってしまったように思います。



また、ややゴール前での迫力が足りず、

決定機はありましたが、ゴールは割ることができませんでした。


ジェフは前線に人数を多くとれているはずですので、

効果的に迫力を持った攻撃ができるよう、さらに工夫が必要かなと思います。



次節岡山にも、今回のような戦い方も予想されますが、

どうなるか。



ジェフの取る対策も、

楽しみにしたいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント